ライフル&スラッグ射撃の談話室/過去のログ
[ 現在のページに戻る ] [ 大昔のログへ ] [ 全ログ検索 ]
※表示が長過ぎてメモリーオーバーになる場合には、途中で中断して
「リンクを別名で保存 (又は Save as...)」命令を実行して下さい。

10698(2019/07/11 18:36)そこを失念していました。 from kanaya
HIROさん、ご指摘の点に考えが及びませんでした。
単に倍率と機能に惚れ込んで、盲目的に買い入れてしまい失敗でした。
でも、お役に立っていると聞いて一安心でもあります。
損害額は、奥さんには言えませんけどね〜

10697(2019/07/11 10:14)前玉が大きくて from HIRO
短い分、ベース&リングを選ぶようなんですね。

なるほどです。

導入前に良く検討してみるようにせねば・・・ですね。

10696(2019/07/10 21:16)付けられればね〜 from kanaya
悔しいんですよね〜。付かなかったのが・・・
猟果を聞いて架電すると、いや〜スコープのおかげですよ〜、ありがとうございました。
なんてお礼を言われると、嬉しいやら悔しいやら・・・複雑な気持ちでおります。
価格もこなれておりますし、メンテが出来ないことを差し引いても買ってしまいました。
1−4のラ〇〇光機製造と噂のスコープもキズだらけになってしまいましたが、
リュウポは置いておきたいし・・・、とりあえず3倍のH社を乗せてますが・・・
勢子ばかりで、射かける場面に曹禺しません。
よそさまには撃って(仕留めて)もらいましたが・・・
バトラーで塞いで背中に半日背負ったままが続いております。
加えて、銅弾頭仕様も造ったものの・・・弾帯に差したまま
3倍以下のスコープを求めて、今日もなし、明日は出るかも??
と検索中です。

10695(2019/07/10 17:25)ニコンのあのスコープは from HIRO
やっぱり、優秀だったんですねぇ〜

僕も機会が有ったら、買ってみるかなぁ〜

10694(2019/07/09 15:23)悪魔ですよ〜 from kanaya
HIROさんは、悪魔です・・・・囁かないで・・・・ライフルもう1本は厳しい。
実は1倍に近い固定倍率のスコープが、廃業したメーカーH社製品が市場にあるのですが
補償も修理もきかない事を差し引いても、めっぽう高く感じられて、覗いてきては、価格みて
退出を繰り返しております。オークションも覗くのですが、希望の品は希有です。
もう一本欲しいと思った低倍率ズームスコープは、最終競り負けました。
小生のライフル銃の、レールは1ピースなのですが、溝数が少なく取りつけに制限があります。
銃のレールを溝数の多いものに取り替えられれば、選択肢も広がるのですが、国内にありませんでした。
誂えると、諭吉3枚以上との見積もりに断念しました。米〇には豊富にあるのに・・・・
買い入れる際には、レールの溝数や取りつけ穴の数まで考えておりませんでした。
リュポを乗せてもらって治めてもらいました。まさか乗らない組み合わせがあるとは、想定外
市場に4穴の溝数の多いレールは見つかりましたが、3穴のレールは国内在庫がなさそうです。
レールの仕様から、スコープによっては使えない組み合わせがあるのも購入幅を狭めております。
一度ウマ噛ませて挑戦いたしましたが、随分と扱いずらい仕様になってしまい、結局譲りました。
(思惑からハズレて、どんどん高くなってしまい)
お譲りした方が、そのスコープ搭載以降、人も羨む猟果を上げられて・・・・
ああ悔しい・・・・
kanaya 拝
追記
 1×20   チューブ径:1inch  RED11段発光 全長230mm  BHW-1200
 1×20   チューブ径:1inch  RED7段発光 全長232mm  ERCH-1200
 1.5×20チ チューブ径:30mm  RED7段発光 全長232mm  3ERDW-1520
いずれも、廃業したメーカーの品のため補償もメンテも出来ない品となっています。
あくまでも個人の感想ですので、お薦めするわけではありません。

10693(2019/07/09 12:49)無いものねだりになりますが・・・ from HIRO
1倍の固定倍率スコープで、イルミネーションレチクルなスコープが有れば、走る獲物を狙いたいお手元眼鏡世代には最強と、つねづね思っているのですが・・・

10692(2019/07/09 12:06)ふむふむ from 39magunam
HIRO様、kanaya様の情報量は凄まじいですね。
とても勉強になりました。
ホロサイトにマグニファイアをつける選択肢もありますが
ホロサイトとの高さも合わせないとならないようですし
合わないからハイマウントにして合わせとか、元々ホロサイト自体が高い位置にあるので、その分チークパッドでかなりかさ増ししないとまともに狙えないようです。
近距離〜中距離はなんとか対応出来ますが、HIROさんの言う様な猟法だったら最初から低倍率スコープの方が明るさが増えて狙いやすいかもしれませんね。

10691(2019/07/09 11:31)いえいえ from HIRO
猟方ごとにライフルが要て、そのライフルに合わせたスコープがいるということです。

コレ、悪魔の2乗

10690(2019/07/09 10:53)なるほど from kanaya
なるほど、猟法ごとにスコープがいるということですね。
悪魔の囁きに聞こえました。
kanaya 拝

10689(2019/07/09 09:47)Re: ピープサイトやダットサイト等の等倍サイト from HIRO
両者とも、等倍サイトでは有りますが、それらは似て非なるものです。

ピープサイトは、オープンサイトを改良したもので、照星も穴になっているタイプは、オリンピックの標的射撃競技にも使われているほどの、精密射撃向けのサイトです。
その照星をポストか細いポストの先に金色や蛍光オレンジ色の点やグラスファイバーで光る点の付いたものにすることで、動くものを、とても狙い易くしたものですから、獲物を素早く正確に狙い易くなっています。
また、穴の径を瞳の径以上にすれば、照準精度は若干落ちるものの、暗がりでも肉眼と全く同じ明るさに見えるのも特徴です。
また、オープンサイト並みに頑丈で、ピープと照星の両方にプロテクターの付いたタイプでは、壊れるリスクは限りなくゼロに近くなります。
唯一の欠点は、お手元眼鏡が必要な年齢になって、照星と獲物の両方に瞬時にピント合わせ出来なくなると、上手く使えなくなる点だけです。

ドットサイトは、ホロサイト以外のものは、ハーフミラーを使って、無限遠の景色と仮想無限遠に調整した赤い点を合成しますし、ホロサイトは、無限遠に光る照準の有るホログラム越しに、標的を見るようになります。
これらは、航空機の照準器を起源としていますから、本来は、空の様な明るい場所を背景にした物を狙うための照準器になります。
このため、ドットサイトは、内部のハーフミラーの透過率分だけ、視野を暗くするので、薄暗い林に潜む獲物などは、肉眼では見えているのに、銃を構えた瞬間に見失うことになります。
ホロサイトはハーフミラーよりも透過率は高いですが、それでも100%では無いので、ドットサイトよりは増しかと思いますが、同様の欠点は出て来ます。
ただ、赤い点や光る照準は狙うものと同じ無限遠に有るため、お手元眼鏡世代でも、何不自由なく使いこなすことが可能です。
林に潜む獲物を狙うのは苦手でも、犬に追われて拓けた場所を走っている獲物を狙うのには、とても役に経つと思います。(私は林に潜む獲物を狙う派なので、3種ほど試しましたが、使用に耐えませんでたが・・・)
堅牢性に関しては、チューブタイプのドットサイトはスコープ並み、それ以外のものは、スコープよりも劣るため、酷使される場合には、プロテクターの装着が必須となるでしょう。

このタイトルからは蛇足になりますが、低倍率のスコープは、ドットサイトやホロサイト以上に堅牢で、薄暗い場所でも肉眼以上に明るく見え、お手元眼鏡世代にも優しい照準器になります。
ただし、走る獲物に関しては、猟用ピープやドット(ホロ)サイトよりも、使うのに練習が必要です。

以上のとおりなので、お手元眼鏡が不要な世代の方ならば、ドットやホロサイトを選ぶ意味は、あまり無く、動く獲物が中心ならば、猟用ピープサイト、林に潜んでこちらを伺う獲物が中心ならば、低倍率スコープが使いやすいと思います。

また、お手元眼鏡世代には、猟用ピープは選択肢外になりますので、明るく拓けた場所で走る獲物が専門ならば、ドットやホロサイト、それ以外の猟方もされる方は低倍率スコープがお奨めになります。

かくいう私自身の過去〜現在までの選択は、若い頃は近距離藪撃ち専門でしたため、専ら猟用ピープだけを愛用していましたが、お手元眼鏡世代に入ってからは、至近〜近距離藪撃ち用ライフルには、2.5倍固定のスコープ・近〜中距離用ライフルには、2.5〜8倍のスコープ、中距離〜遠距離専用ライフルには、10倍固定のスコープを載せており、走る獲物は撃たずに見送るようになりました。

10688(2019/07/09 03:55)ホロサイトは from kanaya
小生の場合は、だだただ自身で体現してみたいという欲望のみで入手しました。
機器の精度を追求したり評価できるスキルは持ち合わせませんので、自分の使途と視力の衰え
狩猟がほとんどで、時折射撃場でのスキルチェツクにスコープが、マッチしただけだと思います。
ホロサイトは、多少ほお付けが甘くても狙い点のズレが少なかった感想です。
近射+即射には最強かもしれません。小型のものもありますしね。
プロの銃にもその用途と思われる仕様(スコープ+ホロ)が見受けられます。???
ただ、猟場では少し遠くて光量が不足気味の場所に潜む獲物を狙うには、不安が??
赤い点で撃っていた時からスコープに載せ替えてみて、いままでのいい加減さが現れて
思いしらされました。覗いた時に悪さを教えてくれるイメージでした。
高倍率のスコープだと中るかも??と試しましたが、小生に限り低倍率のスコープで
少し揺れているような状況で短時間に数発撃つ方が集弾が良かったという事になりました。
倍率が高いと、狙い込み過ぎてかえって集弾が悪くなってしまいました。未熟です。
点数を求めての射撃ではありませんので、いかに纏まるかを課題として臨んでいます。
小生の場合、立射で射撃した時の感じですので依託とは別のお話でもあります。
精密射撃やスコアを争う場に臨むわけではありませんので、あくまで自分が猟場で
体験するであろう場面をイメージしながら修正点を見つけるようにいたしております。
以上は、小生が個人の感想ですのでよそさまに当てはまらないと存じます。
間違いの無いことは、HIROさんの銃身は手に入れる価値があると言うことです。
お恥ずかしい限りです。つまらぬ独り言とお聞き流しいただければ幸いです。
kanaya 拝
追記
常用以外に、1−4倍、3倍、4倍の固定倍率のスコープが控えています。
3−9倍はいまや出番なしで、箱入り。
それ以上の倍率のものは譲渡いたしました。
2倍ぐらいのスコープを狙っていますが、高価なのと品薄です。
いずれも高価な品ではありません。
出物がある度買い入れてしまう病気に取り憑かれておりました。

10687(2019/07/08 23:14)光学照準器 from 39magunam
kanaya様
素晴らしいご経験談を書いていただきありがとうございます。
いろいろと試してみたかったので、大変参考になります><

射撃場でもスラッグ、ライフルでは大半の人がスコープ付けていて
これらの光学照準器は中々見たことはありませんが
巻き狩りでも無ければ、等倍よりも低倍率スコープに軍配が上がりそうですね。
高価ですが、私もいずれはホロサイトを使ってみたいとは考えています。
また射撃は多少経験があったのですが、仰る通りで狩猟はやってみても全くの一年生という感じで大物は捕獲ゼロなので
なんとか次のシーズンは捕獲してみたいところです。
ありがとうございました。

10686(2019/07/08 21:19)いくつか使いました。 from kanaya
ドクターサイト、ダットサイト、ホロサイトと使ってみました。
ドクターサイトは、雨天や降雪時に不都合が出てしまいました。
ダットサイトは、雨天や降雪には多対応しましたが、案外ズレが出ます。
ホロサイトはズレが少ないものの、いかんせん高価でした。
小生の射程も、50mより短いケースがほとんどでしたので、N社の低倍率(2.5倍)スコープ
を試用して、明るくてコクパクトだったのでリュウ〇〇〇の単倍率を輸入代行業者に発注しましたが
取引先から、出荷出来ない品であるとの連絡があったとメールが来てキャンセルとなりました。
価格も高価ですし、致し方なく、1−4ズームスコープをメインに使っております。
これで、狩猟・有害と射撃場(50m)での練習に使っております。
希望の低倍率の固定スコープの出物(安価)はなかなか見つかりません。
猟果と射撃スコアはきかないのがお約束です。

10685(2019/07/08 19:41)情報ありがとうございます from 39magunam
kanaya様、HIRO様詳しい情報ありがとうございます。

自分も1.5〜4倍までの低倍率スコープを搭載しているのですがまだ散弾所持です。
ピープサイトやダットサイト等の等倍サイトは猟では使えるものなのでしょうか?
グループ猟か忍び猟か、北海道から沖縄まで同じ日本でも地方ごとに植生や地形が異なってくると思いますが
忍び猟で等倍を使うなら低倍率でもいいからズームできた方がいいのかなと思うのですがいかがでしょうか?
当方は関東ですが、視界の悪い山歩きとなる為20m〜120m程度の射程となります。(狩猟は超素人です)

10684(2019/07/08 18:42)興味を引かれる品がありました。 from kanaya
改めて検索してみました。
ピカティニーレイル対応で、リアサイトは大小2つを切り替えできるという品もあるようですね。
材質は強化ポリマー製とありますので、サビの心配もなさそうです。
ウィンデージが調節可能との記述もありました。
価格は結構していました。フロントサイト+リアサイトを揃えると結構な額になりそうですし
欲しくなりそうでしたので、早々に退出してまいりました。
kanaya 拝

10683(2019/07/08 14:32)多くのライフルは from HIRO
スコープのベースを取り付けるネジ穴が有って、後ろ側のベースの代わりに取り付けられるタイプが、機種毎に用意されていますので、メジャーな機種は買って来て付けるだけです。

マイナーな機種ですと、取り付けは専門家に依頼する必要が有ります。

穴の大きさは、いろいろ売られていますが、猟用には大き目の穴を、サイト調整の時用には小さ目の穴のものを買っておくと便利です。

穴が4ミリくらい有ると、猟で暗くなることは有りませんし、穴が1ミリ以下のディスクは、サイトの微調整を正確に行なえます。

10682(2019/07/08 04:44)米〇には・・・ from kanaya
最も活かせる用途の銃に装備されているのでしょうね。
その昔に探した記憶をたどってみましたが・・・・・
当時、米〇のHPで何点か見つけておりましたが、玉石混合で評価は難しい。と聞きましたし
一通り買い入れてみたら???とやり取りしたりして、結局選択肢から外したと記憶しております。
国内での資料は、あまり見かけなかったようで資料が見つかりませんでした。
このての品に詳しかった方は鬼籍に入られてしまいました。
お役に立つ情報がありませんでした。

10681(2019/07/07 21:47)naruhodo from 39magunam
M16とか89式小銃のリアサイトみたいなやつですね。
というか、そのまんまですね。
猟銃に搭載する場合は猟銃専用のピープサイトがあるのでしょうか?
それともピカティーニレールを固定したうえで、搭載できるリアサイトを装着させるのでしょうか?

質問ばかりで恐縮です。

10680(2019/07/07 20:50)ピープサイト from kanaya
小生の資料によると「ピープサイト」とは
照門が溝ではなく穴になっている(ピープ=覗き)。
近・中距離の精密射撃(狙撃)に適している。
凹凸のオープンサイトと比較した場合、若干の慣れが必要だがピンホール効果により射手の視力にかかわらず像がくっきり見える利点がある。
小穴を通して使用するピープ・サイトは穴を通る光量を制限するため、暗い場所では不利になることがあります。
とありました。出典不明

10679(2019/07/07 18:46)猟用ピープサイトは from HIRO
ゴーストリングサイトとは違って、機関部の手前側の方に付いていて、ゴーストリングよりも小さ目のディスクで小さ目の穴が開いているタイプです。

ゴーストリングやオープンサイトよりも正確に狙えて、オープンサイトよりも素早く照準出来て、獲物が半分隠れることも無いので、メカニカルなサイトの中では、猟に使うには一番優秀なタイプのサイトです。

ただ、他の全てのメカニカルサイトもそうですが、お手元眼鏡が必要な年代になると、上手く使えなくなります。

そうした方への一推しは、低倍率のスコープになります。

かくいう私も、15年くらい前までは、専ら猟用ピープサイトを愛用していましたが、今では、近射用ライフルには、低倍率のスコープを付けています。

10678(2019/07/07 05:00)ごめんなさい。 from kanaya
ごめんなさい。実のところビープサイトは購入できずにおります。
使いこなせない???そんな気がしたもので・・・・
そんな小生は、低倍率スコープ信者です。
銃を始めて歴を重ね、ライフルを所持したころには老眼の影響が出始めておりまして
照門・照星・標的の狙いか定まりづらくなり始めておりました。
そこで光学装置を導入し、いろいろ試して現在は低倍率スコープに落ち着きました。
後輩のサボット銃所持の方にもお薦めしておりまして、お一方は小生がお譲りした
2.5倍スコープとサボットの組み合わせで、念願の少し遠くのシカを仕留められて
大変感謝されました。
的ハズレのお話ですいません。
kanaya 拝
追記
いろいろと光学機器を試したのは、ライフル所持直前の散弾銃でした。
ライフルはボルトと決めていたので、乗せるサイトをテストする必要に迫られました。
スコープ以外の品は、新人さんへの説明用として保管してあります。

10677(2019/07/06 22:26)猟用ピープサイトとは from 39magunam
HIRO様
ただの流行なんでしょうかね。
また、猟用ピープサイトというのはベネリ等搭載のゴーストリングの事ですか?

kanaya様
ありがとうございます。

10676(2019/07/06 19:32)一粒弾であるライフルに from HIRO
リブの良さを活かせる場面って、有るのかな?とか、スナップショットなら、猟用ピープサイトの方が断然有利だしなぁ・・・とか考えると、単に、一時の流行では?と思いますが???

10675(2019/07/06 04:55)出所は不明ですが from kanaya
バチューサイトは、照門にリブの働きをする形状を追加した物との解説の資料が見つかりました。
精度云々の資料は見つかりませんでした。
照門とリブとのいいとこ取りなのかとも思います???
拝見すると照門のように動かせないので、お好みの位置には設定できないようですし・・
スコープや赤い点ばかり覗いている、昨今の小生には難しそうです。
HIROさん、いかがでしょうか???
kanaya 拝

10674(2019/07/06 00:39)バチューサイトの違い from 39magunam
最近出てるセミオートライフルはバチューサイト搭載が多いですが
バチューサイトとオープンサイトの違いは何かあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

10673(2019/06/27 05:18)そのように思います。 from kanaya
Farfadetさま
小生もそのように感じておりまして、広く情報を集めております。
地元やよそさまの許可事情や聞き取りを聞くにつけ、小生が所持した時の
情勢と昨今では随分と変わってきたと感じております。
申請者と許可側双方の事情もいろいろでしようし・・・・個別には・・
いつ時、こちらの所轄でも取り扱いに変化がでるかもしれませんので・・・
幸にも情報を集めるには、便利な時代となりました。
銃の所持者は時々の動きにも注視しなければいけないと痛感しております。。
kanaya拝

10672(2019/06/26 22:56)通達でさえ守られず from Farfadet
各地域独自の運用をされていますからね。
地元以外の情報を拝見すると、厳しいと感じるものがほとんどです。
自分の在住の地が、全国でも有数の寛容な地域であることに深く感謝しております。

10671(2019/06/26 04:41)情報ありがとうございます。 from kanaya
kimioさま
情報ありがとうございます。参考にさせていただきます。
やはり、地域によっていろいろと事情があるようですね。
窮屈感はいなめませんが、閉ざされたわけではないので、後輩には続いて欲しいと願っております。

10670(2019/06/25 15:46)あくまで狩猟実績の期間は要件ではありません from kana
10年間の狩猟実績を要求されて提出できる人は素直に提出しましょう。
提出できない人は「猟銃等取扱読本」を提示して、狩猟実績期間の根拠を示してもらえばお互い納得できるのでは。

10669(2019/06/24 19:28)ライフル銃の所持許可申請用件 from kimio
当地で自分が始めてライフル申請した時は、過去10年分の狩猟者登録の台帳
の写しが必要でした。また、ライフル銃所持者が狩猟者登録をしなかった年が
あった後に更新手続きをしようとしたら、更新を渋られ始末書を書かされました。
当地では、ライフル所持のためには狩猟者登録が必須と思います。

10668(2019/06/18 17:00)猟銃・空気銃の所持許可の申請手続き from kana
また、猟銃等取扱読本からの引用ですが
@ライフル銃の所持許可を受けようとする者は、所持許可の要件に該当することを証明する書類
の添付が必要となります。

つまり「狩猟用途のライフル銃」を証明するには第一種銃猟免許が必要だと思います。
狩猟実績の期間は要件ではありません。申請時に添付が必要ということです。

10667(2019/06/18 05:24)よくお調べですね。 from kanaya
井荻RCさま
さすがに良くお調べですね。熱意が伝わってまいります。
かように、許可にあたっては時代と許可側の取り扱いが変わっていくもので申請者はひと苦労します。
検査の時は、一代限り許可できる。と言っておいて「更新できない」なんて扱いを受けた方もありました。
所持者側の事情はくみ入れてもらえず。急遽同種の実包を使える銃の入手を迫られました。
幸にも、出物が他府県の銃砲店で見つかりましたので、事なきをえました。
この銃は他府県では、早々に動きがあったので小生は事前にお伝えしておりましたが、いきなりでした。
銃と在庫の実包類を銃砲店で廃棄処分して、異口径の銃の選択を迫られた方もありました。
このケースは、一式が入れ替えとなり多大な出費を余儀なくされました。
加えて、銃砲店で、新銃の買い入れなら無料引き取りだが、他店で購入で引き取りのみなら
有料とのことで、そのお話を聞いて所持者の方は、またショックを受けられました。
許可の得られない銃だから引き取りは、有料です。と無償で引き取って貰える銃砲店をご紹介しました。
お集めになっている情報は貴重な内容ですし、今後も収集いだくと決して無駄にはならず
プラスになると存じます。重ねて後へ続かれる方への参考になります。
小生も、所持できた現在も出来うる限りの情報を得たいと思っているところです。
先輩方や続いてくれるだろう方に少しでもお役に立てれば幸いだと思いながら・・・
お住まいの所轄の許可情報は参考にさせていただきます。
小生の場合も、ボルト銃・替え銃身の追加などでいろいろとやり取りがありました。
kanaya 拝
追申 
認可は、相手の裁量が大きくて、なかなか騒げないのが難しいところです。
淡々と熱意を持ってですかね。

10666(2019/06/18 01:14)細かいアドバイスまでありがとうございます! from 井荻RC
HIRO様、kana様
そうですよね〜、そんな大博打に賭けるぐらいなら無難に狩猟免許を取った方がよさそうですね、、、、

kanaya様
自分の地域は箱型弾倉タイプの銃はほぼ許可が下りない状況となっておりまして
M1Aやm300も所持できず、でもバロメはギリギリ許可下りるとかです。
ただバロメは重い上に故障したら会社が潰れてて修理不能で廃銃になるから
誰も買わないみたいです。
あと散弾ではremの1187とか870のピストリグリップタイプの銃床(くりぬき)に交換するのもダメみたいです。
本当はAR-10とかFN-FALが所持したかったのですが、911以降どこでも軍用チックの銃は一切許可出さないということで残念です.......
なのでもし持つ時は修理も可能な無難なbarにしようかと考えてます。
ご回答ありがとうございます。

10665(2019/06/17 11:04)一か八か申請してみて from HIRO
駄目なら諦めるという選択肢も、もちろん有りでしょうね。

幸いにも、許可申請の前に、実技講習・試験の申請が有りますので、昔のように、申請前に銃を購入する必要は無いですし、門前払いされたら、申請料すら払う必要が有りませんし、申請のために取得しておいた一種狩猟免状も、今回駄目でも、10年後には生きて来るようですしね。

まぁ、実技試験の合格までは、すんなり通させておいて、本申請の段階で突然拒否される・・・なんて可能性も無くはないですが・・・

10664(2019/06/17 10:09)ライフル銃の所持許可要件 from kana
猟銃等取扱読本にハッキリと記載されています。
その通りすすめていけばよろしいかと。

狩猟用途のライフル銃の許可がおりてから銃猟免許をとるという流れはダメでしょう。

10663(2019/06/17 04:56)地域差は大きいようです。 from kanaya
井荻RCさま
直近に、銃砲店さんのおっしゃるように、10年の所持歴で申請し許可の実績があるならいいですね。
お取引の銃砲店さんで、最近ライフル銃を所持された方の情報を得られると最も参考になると思います。
ある都道府県では、製造終了品ですが勢子に人気のある豊○のM○○○については許可出ないので、
他の銃を選ばざるを得ない状況もあるようです。それでも半年以上待ちとか・・・の情報も
ライフル銃の申請時に不要論やサボット銃身の話し等が出るとのお話は、近隣でも聞き及びます。
その他に登録している猟場の状況や獲物の状況、捕獲実績や出猟実績などのお話も・・・・
おっしゃるとおり、地域によって、かなりの温度差???があるようでして???
総じて、積極的だったというお話はあまり聞きません。
個別に真偽のほどを確かめられませんが、参考にはできると思います。
前記の銃も、都内では申請不可でも、沖○では許可でた。とか・・・の情報もありました。
ただ、事この件については他府県の状況よりもお住まいの地域の状況のほうが重要ですので、
お住まいの地域での、許可の情報をコツコツと集められるのが最も有効で得策だろうとと存じます。
近道はないと思いますが、道がないわけでは無いと思います。
ご希望のライフル銃の所持が叶いますように。
kanaya 拝

10662(2019/06/16 22:31)狩猟実績というのを当地域で聞いたことがありません(汗) from 井荻RC
HIRO様 kanaya様 kana様
ご返答ありがとうございます。

過去ログを参照にしたのですが
狩猟実績の為に北海道に登録した等
獲物を捕獲した写真が必要等全く聞いたことがありません。
銃砲店のスタッフも散弾銃10年持ってればライフルを所持出来ると言っており
ただ標的限定でもいいのか定かではないようです。
愛知県は大物をやっていても、県内でライフルは不要という見解で
所持は相当厳しいようなのですが
やはり地域によりけりなのでしょうね。

10661(2019/06/16 19:45)スモールボアから狩猟用ライフルの場合 from kana
銃猟免許が問題になるのじゃないかな。

10660(2019/06/16 09:13)Re: 標的射撃からライフル所持 from HIRO
それが可能か否かは、お住まいの都道府県・担当の所轄および時代次第になるでしょう。
今でも大丈夫なところも有るかも知れませんが、昔は良かったけど今は駄目みたいなところも有りますし、昔から大物の捕獲実績を多数持つ方で無いと、狩猟用ライフルの申請は通らないところも有ります。

警職法第4条第1項・・・後から幾らでも、その命令が妥当だったかどうかを再検討して、取り消せるみたいですね(-_-;)
後からそういう目に合わなかった方は、ラッキーだった・・・ってことでしょうか、、、

10659(2019/06/16 05:40)警職法第4条第1項 from kanaya
小生の手持ち資料に
環境省自然環境局の資料には、注意事項・留意事項として
・警職法の適用については、現場にいる警察官が判断し命令するものであり、関係者が電話などで命令を受けることはできない。
・夜間における銃器の使用は、バックストップなどの安全性の確保・確認ができない限り警職法の適用はない。
・警職法は現実・具体的に危険が生じ特に急を要する場合に適用されるものであり、住居集合地等に仕掛けた檻にクマ類が入った場合の止めさしには適用されない。
・ライフル銃は、弾丸が捕獲対象獣類を貫通するなど非常に危険性が高いことから住居集合地等では原則使用しないものとする。
と記述されている資料がありました。
内容の詳細確認はとれておりませんので、ご参考までに
*富山県の資料????、北海道はどうなのか????
ぜひ、猟友会として統一見解を出して欲しいと強く望むものです。

10658(2019/06/16 05:34)ライフル銃所持 from kanaya
井荻RCさま、横から失礼いたします。
ライフル銃の狩猟用途での所持については、装薬銃所持歴10年が一つの要件だったと思います。
ただ、昨今はライフル銃の所持に困難が伴うとも聞きますし、許可にならない銃があったり
申請から許可までの手続きに、長期間を要する都道府県もあるように聞きおよびます。
昨今の諸事情からすると、事前に狩猟登録して狩猟での使用実績があるほうが、良いかも知れません。
ライフル銃申請時に、ライフル銃で捕獲できるイノシシ・シカへの実績があれば、より説得力があるのかも知れません。
小生は、所持前に狩猟免許を受けて、当初標的・狩猟で許可を受け、以後有害を追加して10年待ちました。、
散弾銃所持してから、ライフル銃所持(狩猟・有害)に至るまで毎年用途ごとに実績を報告しました。
お住まいの所轄や公安委員会の許可状況をお集めになると有益と存じます。
スモールボアの件は存知上げかねます。
失礼いたしました。

10657(2019/06/15 23:27)標的射撃からライフル所持 from 井荻RC
HIRO様こんにちは。質問です。
標的射撃目的で散弾銃を所持している場合
所持9年目に銃猟免許を取って
10年目に狩猟用途でライフル所持をすることは可能でしょうか?
知人に聞いた話では、装薬銃さえ所持していれば10年後にライフル所持の資格が得られるということで
10年目に銃猟免許を取って、狩猟目的にすればそれまで狩猟をやってなくても所持出来る。
また、スモールボアをやってる人が10年目で狩猟用途でライフルを所持できると聞いたことがあります。

10656(2019/06/15 23:11)警職法第4条第1項を根拠に from Farfadet
警察官は発砲を命ずることができます。
自分ではありませんが、実際に当駆除会で指示を受け発砲したケースがあります。

報道されている内容ですと、駆除を行うには発砲命令が必要な状況であるにもかかわらず、警察官の命令を受けずに発砲したことに問題があるように感じます。

10655(2019/06/15 21:33)お巡りさんには from HIRO
発砲を許可する権限が有りませんからねぇ〜 たとえお巡りさんが「撃って撃って」と言った証拠映像が残っていたとしても、そのお巡りさんの出世が、ほんの少し遅れるだけで、撃った人に対する処分は、変わらないかと(-_-;)

10654(2019/06/15 19:09)証拠映像はお巡りさんの言動を記録する為のものです from kana
>> お巡りさんの立会いが、何の免罪符にもならないことを実証していますから、その証拠映像には、何の効力も無いかと思われます(-_-;)

お巡りさんが現場で発砲を依頼したかどうか。
依頼されるまではバックアップとして振る舞うのです。

10653(2019/06/15 00:20)今回の悪しき前例は from HIRO
お巡りさんの立会いが、何の免罪符にもならないことを実証していますから、その証拠映像には、何の効力も無いかと思われます(-_-;)

そもそも、ハンターそのものが、日本では、絶滅危惧種ですから、その中の極く一部のヒーローになりたがる人は、もし居ても、アッというまに絶滅させられるんでしょうね・・・

10652(2019/06/14 21:45)お巡りさんがいるのならば from kana
お巡りさんのバックアップのふりして証拠映像を撮るのが得策かと。

10651(2019/06/14 20:53)トラ脱走事件 from kanaya
随分昔のお話で恐縮ですが、お寺で飼育されていたトラが脱走した事件がありました。
この時も、射殺したことへの非難や中傷が寄せられたと聞きました。
幸にも人的な被害は出ずに済んだようですが、人家近くの猛獣への対応は未だ未整理のようです。
人への危害が及ぶ恐れが想定される、人家近くで暴れる野性獣への対応は、
野生鳥獣の管理計画を策定される方々が、執行していただくのが良いと思うのですが・・・・
もちろん、銃所持者としては適法で可能な範囲のお手伝いはさせていただきますが、
後から、処分されたのではお手伝いもできません。

10650(2019/06/14 19:13)足並みをそろえて対応できればいいのですが from kana
>> 要請が来たら「私達には発砲許可が有りませんから、お巡りさんに頼んで下さい」の一点張りのみですね。

きっとヒーローになりたがる人がいると思います。

10649(2019/06/14 14:22)私達に出来る唯一のことは from HIRO
要請が来たら「私達には発砲許可が有りませんから、お巡りさんに頼んで下さい」の一点張りのみですね。

まぁ、この悪しき前例を作った張本人なのですから、お巡りさんには責任を持って、腰の拳銃で羆と渡り合って頂きましょう。

現場のお巡りさんが羆に齧られれば、きっと腰の重い公安委員会さんも、正式に発砲許可証を発行してくれるのでしょうから・・・

10648(2019/06/14 13:12)どうすれば良いのか〜 from kanaya
人家の近くでの、銃器を用いた捕獲はますます困難になると思います。
どこまでが矢先か??等と争ったりすると、あなたは何メーターで撃ったの・・・?
などと詰問されて、自身にブーメランとなって帰ってきそうですし??
なにかと便利???な、最大到達距離を持ち出されると〜???
麻酔銃の許可もいろいろと難しいようですし・・・・、まして吹き矢では・・・・
人家近くでの駆除や追い払いは、太鼓や笛の鳴り物でやりますか・・・・・
この方法なら、所持許可はいりません。
となると機動隊の出番かな・・・・・・
追い払えればラッキー、ただし、反撃もあり得るので覚悟の上で・・・・・

10647(2019/06/14 10:22)こうなると from HIRO
上野動物園の猛獣が逃げ出して、アメ横で海産物を喰い荒らし回ってて、都や区から要請が有っても、ハンターは出動を見合わせなければならなさそうですね(-_-;)

まぁ、万一そんな時には、お巡りさんに、腰の拳銃で何とかして貰うようですかね・・・

10646(2019/06/14 10:11)不幸な事がおこりました。 from kanaya
報道によれば、北海道で「警察・市職員が同行も有害駆除ハンターが銃所持取り消しに」
概要は
市や警察の立会いのもとクマを駆除したハンターが、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、
銃の所持許可が取り消されるというトラブルが発生したようです。
詳細は分かりかねますが、矢先の民家が問題とされたようです。???
行政官の立ち会いの上指示?を受けても所持者の判断で断る場面も出てきそうです。
最終的に所持者自身の責任を問われる事になりそうです。
この事例も不起訴処分となったものの、所持許可を失われたようです。

10645(2019/06/07 22:10)淡々と・・・ from kanaya
HIROさん
ご指摘のように、過去争った結果、不利益につながった事例がありましたね。
かの、亡き築○氏存命のおり、お尋ねしましたが、解答は
我が国では、警察・検察と銃刀法で争えるほど強くて、詳しい弁護士はいないかも知れない。
でした。加えて
争って、良い結果(勝訴)が得られるとばかり限られない。よ・・・
との解答を頂いたことがあります。
本件については、質問を受ける事がありますが、決まり事だけをお伝えしております。
誤解を招くことになってもいけませんので・・・・・私見は控えております。
公安委員会の「練習射撃」指定を受けている射撃場は限られますし・・・・・
一社)全日本指定射撃場協会に会員射撃場の許可区分の記載された一覧表があります。
ご利用の際は、資格、利用料金等の事前確認をお願いいたします。

10644(2019/06/07 10:14)明文化までされている地域が有るとなると from HIRO
裁判で争っても、銃刀法に関しては、判事はほとんど検事の言いなりですから、翌年の狩猟登録で前猟期の撃ち残しの消費期限はリセットされるという解釈は、却下される可能性が高そうですね。

となると、、、秋の資材難が2年連続した年は、事実上出猟禁止・・・確定ですかね(-_-;)

10643(2019/06/06 04:44)そうですね。 from kanaya
期限と転用消費の取り扱いは、ご指摘のとおりだと思います。
四囲の現況からすると随分扱いづらい感があるところです。
転用消費<警察庁 丁保発 第123号>
火取法第17条第1項第3号の規定により無許可で譲り受けた猟銃用火薬類等や、
狩猟又は有害鳥獣駆除等の目的で許可を受けて譲り受けた猟銃用火薬類等につい
て、狩猟及び有害鳥獣駆除の用途に加え、射撃場における練習射撃(狩猟、有害鳥
獣駆除の練習の一環として行われる射撃大会を含む。)に使用することは差し支え
ない。
また、技能講習及び狩猟前練習に使用する猟銃用火薬類等について、猟銃所持
者が現に猟銃用火薬類等を保有している場合には、当該猟銃用火薬類等の譲受目
的にかかわらず、これを使用することができる。
の通達は承知しております。

10642(2019/06/05 21:44)実包等の消費期限 from Farfadet
当地では標的射撃は将来標的射撃を止めたとき、狩猟は狩猟登録有効期間満了日(4月15日)から1年以内、有害は有効期間から3ヶ月以内と明文化されております。
前猟期に購入した弾は今猟期終了(4月15日)までに消費しなければならず、また、狩猟と有害の残弾は標的射撃には転用できません(練習射撃は可)。

10641(2019/06/05 19:09)頭痛のタネではあります。 from kanaya
実包保管庫(火薬庫)の設置は緩和されましたが、自宅保管数量や購入数量の見直しは難しいようです。
常々実態に即した柔軟な取り扱いにしていただきたいと思っております。
通年有害駆除に携わる場合、ある程度の在庫がないと対応できないと思ったりしております。
とくにライフル実包の購入制限の改正を望む声を多く耳にします。

10640(2019/06/05 13:09)確かに、どちらとも解釈できる部分を from HIRO
厳し目に読めば、無許可譲受分は、1年3ヶ月で使い切るのが無難なようですね。

資材難が2年連続しちゃうと、出猟できなくなるのは、我慢々々ですかね・・・

10639(2019/06/05 12:19)一年・3ケ月 from kanaya
譲受の用途によって、一年・3ケ月・期限なし?の消費期限の解釈は、詰め切らずにおります。
そのほうが幸せのような気がしておりまして、頭に置きながら、管理をしております。
転用消費も認められておりますので、射撃場にて消費に務めております。

10638(2019/06/05 10:49)消費期限は from HIRO
銃砲所持許可証を返納した後に遅滞無くまで、および、前猟期の狩猟登録証の有効期間から1年以内に、今猟期の狩猟登録をしなかった時まででは?

なので、単に毎年きちんと狩猟登録をしていて愛銃の許可更新を忘れなければ、消費期限の管理は簡単かと思うのですが・・・

もしかして、前猟期の残弾は、今猟期の終猟日までに消費しないといけないですかね???
私は何時も途中で足りなくなるので、残したことは無いですが・・・

10637(2019/06/04 07:27)品薄・欠品対応 from kanaya
火薬も雷管も弾頭も価格は、上昇気味で下がりそうもありませんね。
銃にまつわる品々は海外製品が多く、輸出元の事情で国内事情が変動しやすいです。
一時期は、火薬・雷管・弾頭などメジャーな品であるにも関わらず、品薄となりました。
卸しで在庫切れで入荷は未定だと言われた時は、あちこちの銃砲店へ問い合わせたものです。
ある時は、手数料を支払って譲受許可を受けて、数量を確保する方法をとった事もありました。
自宅保管に制限のある品の在庫は八分目にしておいて、無許可で調整をしたこともありました。
弾頭は、入手に苦労したこともあって資金が出来た都度、価格見合いで買い入れております。
260remの弾頭は市場在庫が不安定なので、常用メーカーは多めに在庫するようにしております。
許可の関係と資金の関係から、一時的に銃砲店に預かってもらう事もありましたね。
事案によっては、銃砲店にお願いしなければならない事もありますのでお付き合いが大事になります。
猟仲間からは得られない、業界のお話や近隣の猟果なども聞けて参考になったりします。
kanaya 拝
追申
自宅保管数と消費期限の管理は、いささか面倒で悩ましい関係にあります。
法改正を期待しております。

10636(2019/06/03 23:05)火薬の違い from 赤堀のぶお
火薬は遅燃性・速燃性とあって
同じ量をリローディングしたら
非常に危険だというのは
僕もスラッグをハンドロードした時の
取説に書いてあり、十分気を付けていました。
HODGONのロングショットでハンドロードしました。
1ポンド(454g)で1万4000円もするので
海外価格だったら3000円しません。
やはり割高なのは否めませんね。
レシピを参照にして、十分に注意しないと
非常に危ないですね。ありがとうございます。

10635(2019/06/03 09:10)情報を集めるにあたっては from HIRO
特にその情報の信頼性の検証を、十二分に行うように、習慣付けしましょう。

間違った情報を鵜呑みにしたり信奉したりすると、先の#10622のグループ全員の銃がお釈迦・・・みたいなことにつながります。
#10622は、グループリーダーが間違った情報を鵜呑みにされていて、更にグループ員全員がリーダーを信奉していたことの結果と思います。

10634(2019/06/03 07:54)案外短く感じられるかも知れません。 from kanaya
ライフル所持までの時間は案外短く感じられるかもしれませんよ。
所持したい銃の情報やリロードの文献や情報を集めたり、整理したりできます。
調べている過程で、自分に合ったアドバイスをしていただける方が見つかったりもします。
所持してしまうと、目の前に課題や不満が現実のものとなって悩む事がでたりします。
それでも、辞められないほど魅惑的な趣味であるとも思います。
毎日、銃のオークションやスコープ、猟装の検索・閲覧で出物を探しております。
悲しいかな、年金暮らしではなかなか手がでずに我慢の毎日です。
kanaya 拝

10633(2019/06/02 21:50)kanayaさん ありがとうございます from 赤堀のぶお
当方もまだまだ新参者ですが
頑張ります。

10632(2019/06/02 04:45)お待ちいたしております。 from kanaya
赤堀さま、お待ちいたしております。
通常ですと、装薬銃を所持されてからライフル所持まで10年という時間が必要な現状ですので
情報、資材などいろいろとご準備いただけると思います。
小生が始めた頃は紙ベースの情報でしたが、昨今は豊富に情報が得られるようになりました。
ただ、溢れるほどの情報を自身の責任で選択しなければ成らない事にもなりますので
事前にいろいろとデーターをお集めになるのは、お役に立つだろうと思います。
お断りをしておきますが、小生は未だ未熟でいたずらに所持歴を重ねてまいりましたので
お役に立てるご回答は出来かねるかと思いますので、お許しを下さい。
kanaya 拝
追申
銃所持にまつわる法律も時折変わる事がありますので、ご注意ください。
鵜呑みに解釈していたり、改訂を失念し改訂前の知識で事を進めていて
不足の事態が生じて、時計の針が戻ってしまった方がありました。

10631(2019/06/01 20:57)なるほど from 赤堀のぶお
僕もいずれはライフルを所持したいので
他を削って射撃に集中するだけのコストを
捻出していきたいと思います。

10630(2019/06/01 16:00)「ライフル勢は延々とやっている様に思えます。」だけです。 from kana
仮に100発を3時間で撃ったとして
180分/100発=1.8分/発
この間隔で延々3時間の銃声を聞いたことがありますか?

交通費、食事込みで1日1万円の遊びって今時普通じゃないですか?

10629(2019/06/01 07:20)お金持ち??? from kanaya
銃にまつわるお金は、他のものに比べると高く写るのは、いたしかたないかも知れませんが
決して、お金持ちでないと出来ない趣味か?と問われれば、そうでもありませんよ。
手に入れるために、他のところでやせ我慢したり、ヘソクリをしたり、中古品を探したり
同好者間の情報交換で安い品を探すなど、いろいろと工夫しながら道具を揃えたりします。
お金持ちだと簡単なことでも、なにかと困難なことが多いのはいたしかたないと思います。
一日の実包消費には制限がありますし、おのおの目的を決めて射撃に臨んでおられると
思いますので個人差が大きいのかも知れません。

10628(2019/05/31 21:22)お金持ちの趣味ですね from 赤堀のぶお
1発200円でも庶民感覚からしたら
やっぱり高いですね・・・・
射撃業界はクレー射撃にしても
ライフルにしてもお金持ちの趣味ですね。
ライフルを撃つ方は
一回で何発ぐらい撃つのでしょうか?
当方もスラッグを撃ちに行く時がありますが
スラッグ勢は数十発で大体切り上げるのに
ライフル勢は延々とやっている様に思えます。
自分も撃ちに行ってもせいぜい30発ぐらいです。
ライフルの人は何百単位で撃たれるのでしょうか?

10627(2019/05/31 19:38)仮にリロード弾が1発200円だとすると from kana
ファクトリ装弾1発350円、ツール価格を7万円として
ツール価格/(ファクトリ装弾価格-リロード弾価格)=ツールの償却に要する弾数

人にもよりますが、案外と早く償却できるとおもいませんか?

10626(2019/05/31 19:17)安上がりか・・・ from kimio
経済的にみれば現在は工場装弾の方がいいかもしれませんが、リロード派とすれば
レシピを試してみてまとまりがいいとか悪いとか、銃との相性がいいとか悪いとか
そこも考えて楽しみとしてやっています。ただ、銃をおいそれと買い換えるわけにはいきませんので、一度手にしたライフルは、それなりの使い方をしています。
でも、今まで持っていた銃のストックがヒビ割れしたので、まるで同じ銃のシンセ
銃床の申請をしたら、何の問題も無く通りました。それも今までの銃も持つという
ことでのことです。でもその後ヒビ割れ銃は廃銃にしました。

10625(2019/05/31 17:19)安上がりか・・・ from kanaya
昨今の資材単価の上昇からすると、既製実包に分がありそうですが?
市販されていない口径を持つ小生、ハンドロードが必然となりました。
この場合は単価は全く無視せざるを得なくなってしまいます。
加えて、資材も市場にあるときに言い値で買わなければならないリスクもあります。
小生の場合は経費捻出に当たり
手持ちの銃にベストマッチの実包を作成できる。
一日のに100発以内の製造が許される。
などを理由に、知識のない大蔵大臣の許可を受けて購入しました。
現在の火薬・雷管・弾頭の在庫に機材の予備を含めると計算が憚ります。

10624(2019/05/31 13:34)ライフルはハンドロードした方が安いのでしょうか from 赤堀のぶお
308、3006の弾は安くて
1発350円みたいですが
リロードの為に火薬等を買ったら
海外価格の3倍位するようです。
それでも、ファクトリーロードを
買うよりは安いのでしょうか?

リロード用の工具を
揃えるだけでも7万位かかると、聞きますし
素人からしたら
リロードするのも手間だし
買った方が
楽そうかなと思っているのですが。
まだライフルは持ってません。

10623(2019/05/31 07:54)資材難の悲劇 from kanaya
資材難の悲劇ですね。大切な鉄砲が壊れてしまうのは・・・
資材の入手難に加えて、価格の上昇も影響が大きいですね。
常用の資材は、在庫を見ながら都度購入するようにしておりますが、コストは無視せざるを得ません。
メーカーもコストアップしても、常用品を買い求めております。
開拓者になる勇気も持ち合わせておりませんので・・・・

10622(2019/05/30 19:11)信じられないことですが・・・ from HIRO
4350が入手難の時に、1缶のDC300を、何人かで共同購入して、全員が何時もどおりの薬量でリロードして、共同購入者全員のライフルが壊れたそうです。

10621(2019/05/28 19:18)リロードの件 from kimio
HIROさんお邪魔します。ライフル弾リロードで、緩燃性火薬と速燃性火薬を認識しないでリロードする人がいることが信じられないのですが。自殺に匹敵すると
思います。

10620(2019/05/28 11:18)スラッガーさんへ from HIRO
ライフルの方でも、数年前の資材入手難の時に、何時もの火薬が手に入らず、唯一手に入った火薬を、何時もどおりの分量で詰めて、鉄砲を壊した方々が、結構大勢出ましたから、正しい知識の不足するままでリロードを続けている方は、少なく無いのかも知れません。

言い替えれば、スラッガーさんは、怪我や銃器故障に至らずに、ハンドロードは正しくしないとたいへんという貴重な経験をされた訳ですから、それを知らぬままにハンドロードを続けている方々よりも、1ランク高見に登ったのだとも言えるかと思います。
止めるという選択も、もちろん有りますが、今回の貴重な経験を糧にして、より上位のハンドローダーを目指すことも、どうぞ、ご検討下さい。

10619(2019/05/28 11:11)ガラガラならば from HIRO
一人立ちならば、狩猟の練習ですと、うまく交渉できれば、公式ルールとは無関係に、自分の苦手な番号の射座で、苦手な出方のクレーを何度も飛ばして貰って、集中練習するみたいなことも可能なのですが・・・

10618(2019/05/26 17:35)スキートのスタッフが...... from 牟田口廉也
HIRO様、ご返信ありがとうございました。
なるほど、こればかりは先天性が大きいですね。
貴重なアドバイスを頂き感謝申し上げます。

私も銃砲店の店員から狩猟をやるならスキートがいいとは言われました。
しかし、近場のスキート射場はスタッフが傲慢で
初めて来た初心者を叱り付けたり(若い女性に対して)
私も自動銃を所持した時に何度か行ったのですが
その都度、不快な思いをしました。
トラップに比べてスキートはガラガラなのですが、とてもやる気になれない状態です。
確かに全方向からの標的を撃つという意味では
いい練習にはなると思いますが、そういった経緯がありルール的にも比較的とっつきやすいトラップをやろうと考えてました。

10617(2019/05/26 13:05)人それぞれと思います from HIRO
別にクレーを撃ち込んだからと言って、ガク引きになるようなことは有りませんが、静的とクレーとでは、撃ち方が全く異なりますから、そこらへんの心の切替が上手く行くか否かで、両立できるかどうかが分かれるでしょう。

切替の上手く行く人は、両方上手になりますし、どちらかに行ったきり切り替わらない人は、片方は上手くなるけど、もう片方は下手なままなようです。
撃つ都度どちらにも引っ張られる人では、両方下手になりますから、ご自身が3番目と判断したら、潔く片方は止める勇気も必要になるでしょう。
ちなみに私は2番目のパターンでしたので、両方続けてはおります。

それから蛇足ですが、猟に散弾を使うための練習ならば、トラップよりもスキートの方が向くと、過去に上手く両立されていたベテラン氏が言われていました。

猟場での鳥の出方などを見るにつけ、この意見には、なるほど納得したものです。

10616(2019/05/25 20:44)静的と動的の両立 from 牟田口廉也
静的メインでやってますが、クレー射撃との両立は可能でしょうか。
AR、SBを月に2〜4回練習しておりますが
クレーは猟の為にやりたいと考えており
月に一回位のペースでやろうかなと思ってます。

やりたいのはトラップです。
私は以前、12GAの猟用を持ってましたが訳あって処分致しました。
そこで反動の軽い20GAトラップを検討しております。
しかしガク引き癖が付いてくるのも今度は困ります><
ストレス解消、動的に当てる能力をつけたいと考えておりますがいかがでしょうか。
金銭的にも一回2〜3R程度で考えております。

10615(2019/05/21 21:42)とんでもない事をしていたようです・・・ from スラッガー
HIRO様、kana様ありがとうございます。
自分のあまりの無知さ、ハンドロードに対する稚拙さに深く反省しております。

しかも高温によってシェルが焼き切れてしまったのですね。
てっきり、深く挿入した為に弾頭と一緒にシェルが飛ぼうとしてその抵抗に負けて千切れて飛んで行ったのかと思っていました。
その他諸々、初めて知る事ばかりです。
ハンドロードは初めてではなかったので
資材が無くても薬量に気を付けて停弾したら抜けばいいだろ〜みたいな甘い考えでやっていました。
自分としても認識の甘さに反省します。
今回ばかりは本当に運が良かった、mss20の頑丈さに救われたという感じです。甘かったです。
HIRO様、kana様ご回答していただき本当にありがとうございました。

10614(2019/05/20 16:07)ハンドロードした状態と運搬する時の火薬の状態 from kana
ハンドロードを始めたばかりの頃ですが、射撃場で実包を確認するとワッズの方に火薬が移動していて、振るとサラサラ音がしました。
以来、火薬が移動しないように 火薬-シール-ワッズ を肝に銘じています。

私の妄想ですが
1.火薬+フォスタースラッグという構成の為、実包内火薬密度に極端なバラツキが生じ異常燃焼した。
2.異常燃焼によりシェルを焼き切り、フォスタースラッグの後ろを溶かした。
3.シェルが焼き切れたことによりガスの逃げ道ができ、弾頭を撃ちだすだけの圧が得られなかった。
と、妄想しました。

10613(2019/05/20 14:33)お怪我が無くて何よりでした from HIRO
MSS-20の卓越した堅牢さに命を救われたようで、良かったです。
自動銃だったら、あなたは死んでいたかも知れません!!

ちなみに、散弾銃のシェルは(ライフルもそうですが)底の方ほど分厚く出来ています。
なので、ストレートなシェル(薬莢)の場合には、正規の位置よりも弾頭を深くシートすると、抜弾抵抗が増すことで、異常高圧を誘発します。
この異常高圧は、高熱も発するため、通常の発射では溶けることの無いプラスティックのシェルを溶かしてしまうほどになったのでしょう。
結果として、シェルが千切れて、弾頭とシェルの残骸が一体のまま、薬室径から銃口経まで無理矢理圧縮させられ、更に抵抗が極度に増した状態で、銃腔を進んで行ったが、最後には流石の異常高圧でも弾頭+シェル残骸の抵抗に負けて、停止したものと思われます。

異常な高圧を掛けても途中停止させてしまうほどの物凄い抵抗が加えられたまま状態だったのですから、普通の自動銃だったら、確実に、目先か手元で銃身が破裂し、ブリーチのロック機構も壊れて、顔面にブリーチが突き刺さっていたところです。

今回、運良く命は助かっていますが、もしかすると、ご愛銃の銃身は、若干膨らんだ状態になってしまっているかも知れません。
そのまま撃つのは危険ですから、一度銃砲店で診て貰うことを、強く推奨します。

10612(2019/05/20 12:49)ハンドロードで停弾しました from スラッガー
mss20でフォスタースラッグを鋳造し
途中、資材(ガスシール、ファイバーワッズ)が不足した為
火薬の上に弾頭を装填するという荒業でリロードしました。

ガスシールやファイバーワッズを乗せた弾頭は
当たらないものの、とりあえず飛びました。
しかし火薬→弾頭の粗製装弾を撃っていると
異常に反動が軽かった為、ボルトを抜いて銃身を確認すると真っ暗。
目が点になりながらも、銃口側から確認してみると引きちぎれたシェルと
1/3位になった弾頭が銃口に食い込んでおり、ペンチで引き抜きました。
もしこの状態で二発目を撃っていたら、間違いなく銃身破裂を起こしていたと思います。
粗製弾頭は10発作って、内2発が22口径並みの軽反動と共に停弾しました。
ショットガンの場合は、ファイバーワッズ等でカサ増しする等
シェルの前部に弾頭装着しなければ
発射しても抵抗を受けて止まってしまうのでしょうか?

弾頭の直径はシェルよりやや太い感じで
粗製弾だと、シェル下部がやや膨れ上がる状態になります。

個人的な分析ですが
1、シェルより太い弾頭だった
2、シェルの下部に装填した為、抵抗を受けてシェルごと飛ぼうとした
3、半分以上はシェルと弾頭が飛んで行ったが
パワーを失った残りのシェル・弾頭が抜けきらずに銃口で止まった

10611(2019/05/11 19:50)ありがとうございました from イグアナ
みなさんありがとうございました。
バックショットについては射場で問い合わせて撃ってきます。

10610(2019/05/11 18:01)不要実包廃棄処分 from kanaya
一般社団法人日本火薬銃砲商組合連合会のHPに取り扱い銃砲店のリストがあります。
ご参考まで
kanaya 拝

10609(2019/05/10 12:35)もし撃てる射撃場が見つからない場合には from HIRO
不要装弾の廃棄を引き受けてくれる銃砲店も有りますので、そういうサービスのご利用もご検討下さい。

例えば、ココの銃砲店あたりです。

バックショットは、この方法(または、かなり遠方の射撃場に出掛けるか)でしか処分できないか、可能性が有ります。

普通の射撃用散弾の場合には、技能講習終了後に、その射撃場で普通に撃たせて頂く方法も有ります。
1ラウンド分に足りなくても、残弾処理が目的ならば、中途半端な発数でも撃たせてくれる射撃場が多いです。(利用料は割高になりますが・・・)

以上、ご参考にされて下さい。

10608(2019/05/10 06:59)射場にお問い合わせください。 from kanaya
射場ごとに、規模や設備に応じて使用できる装弾の許可を受けているはずです。
射撃場だから、すべての実包を発射できるということではありません。
パターンテストについても、許可を受けた射場でのみ可能だったと思います。(別許可)
過去、取り扱いを誤って大事になった事案もありました。
*許可を受けていない、空気銃弾やバラ弾を発射して、射場と利用者とも取り調べを受けました。
射場は閉鎖、利用者の処分は不明ですが、長期に渡って取り調べがおこなわれたと聞きました。
kanaya 拝

10607(2019/05/09 22:21)バラ弾について from イグアナ
mss-20のみ所持しており、技能講習で買わざる得ないバラ弾の残弾と
20gaバックショットを処分したいのですが
射撃場でパターンテストさせてくれと言えばバラ弾を射撃出来るものでしょうか?
普段、トラップやスキートもやらないし
技能講習の都度バラ弾がたまってしまうので困ってます。

因みにカットシェルは射場では違反らしくて出来ません。

10606(2019/05/08 22:32)ミロク mss-20射撃後の排莢に関して from HIROTO
HIROさま
ご返信いただきありがとうございます。
早速次回試してみたく存じます。
装弾も自分の銃に会うものをいろいろ試して長く大切使っていきたく思います。
ありがとうございました。

10605(2019/05/02 09:30)ボルトアクション銃では from HIRO
薬莢が張り付きぎみになった時に、先ず一番最初に固くなり始めるのは、ボルトを上に上げる工程の、一番最後の5〜10度辺りです。

引き上げの途中まではスムーズなので、この最後の固くなったところを、一番上まで上げたと思い込んでしまうと、ボルトはまだ引き上げ工程の途中なので、絶対に後ろには引けません。

次回にボルトが固くなったら、ノブを、力を込めて上に引き上げてみて下さい。
たぶん、カコッという感じで張り付きが剥がれてから、あと少し上げられて、それから手前に普通に引けると思います。
一旦下に降ろしてから、勢い良く上に上げてみる(助走をつける感じ)のも有効です。
※ただし、ボルトを決してハンマーなどで叩いて上げることはしないで下さい。
※運が悪いと、ハンドルが折れてしまい、中古銃を買うより高い修理代が掛かります。

それから、張り付きぎみそのものを防止されたい場合には、装弾をいろいろ違うものに代えて試してみるのが有効です。

以上、ご参考にされて下さい。

10604(2019/05/01 18:20)ミロク MSS-20射撃後の排莢に関して from HIROTO
はじめましてこの度はじめてミロクMSS-20を所持することこととなり、先日初撃ちに行ってきましたが、
2、3発に1度の割合で、射撃後に排莢のためボルトを上にあげ、手前に引こうとするのですが
固くて手前に引けず排莢に時間がかかっております。(ボルトを上にあげる動作はできる)
同様の症状の方や原因をご存知の方がいらっしゃればと思い、はじめて書き込みさせていただきました。

≪銃仕様≫
ミロクMSS-20 中期型 交換チョーク仕様(中古銃)
銃砲店にてボルトの分解および撃針の交換済み

≪使用の弾≫
レッドバード フィールドスラグ(20番)

≪症状≫
2発、3発に1回ボルトが固く引けなくなる(ボルトの上方向は稼働する)
何度が繰り返したり、銃の向きを変えたりすると偶然弾けるようになり排莢できる、
射撃前の装弾や空撃ちケースでは問題なく、射撃後に起きる
中古銃ですが、銃砲店でボルトを分解し撃針なども新品に変えてもらっています。

ミロクへのボルトを含めた修理に出すか、新銃への買い替えなども考えましたが
はじめて所持した銃だけに、できれば長く使っていきたいと考えております。

ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただきたく存じます。

10603(2019/03/13 18:33)薬莢変形再現しました from KEI
HIRO様
空薬莢で射撃時と同様に排莢操作行ってみました。
薬莢が機関部に押し付けられ部分に、同様の変化が生じました。
ゆっくり操作すると、変形は生じませんでした。
薬室等に問題ないことが確認できて安心しました。
ありがとう御座いました。

10602(2019/03/13 14:50)発射後の薬莢変形 from KEI
HIRO様
排莢の時に変形するとは考えもしませんでした。
装填の時に、印をつけて変形場所との関係で検証してみます。
残りの薬莢はデバリングしてから使用します。
ありがございました。

10601(2019/03/13 14:02)レミントンM700は from HIRO
エジェクターがプランジャータイプのため、排莢の途中で、薬莢が機関部内壁に押されて、ネック先端が変形することが有ります。

エジェクターのスプリングを抜き去って、エジェクターの機能を殺せば、排莢の際に、いちいち薬莢を指で摘み出すことにはなりますが、薬莢先端の変形は防げるかも知れません。

ご参考にされて下さい。

蛇足ながら、デバリングは新品薬莢にも必要ですので、される事をお勧めします。

10600(2019/03/13 13:12)発射後の薬莢変形 from KEI
機関部はレミントンM700ショートアクションです。
銃身はハート製銃身で6mmBRにしてもらいました。
薬室のネック径はわかりません。
発射後の薬莢の変形部分は先の方2〜3mmなので、
その下の部分の径は0.270"。
ラプアの新品薬莢の径は0.267"
薬莢は購入状態のままで、ネックターニング、デバリングも行なっていません。
よろしくお願いします。

10599(2019/03/13 10:39)機関部は from HIRO
何処のメーカーの何と言うモデルですか?

トリミング無しと有りますが、デバリングはされましたか?

また、ネックターニングなどはされていますか?

お写真と口径だけでは、原因の推定には、情報が不足しております。
追加の情報を宜しくお願いします。

10598(2019/03/12 22:22)発射後の薬莢変形について from KEI
ライフルを初めて所持しました。初撃ちを兼ねて、
グルーピングとるために薬量を変えて合計60発ほど撃ってきました。
帰宅後薬莢をよく観察してみると、すべての薬莢の口先の一部分が内側に変形していることに気がつきました。以下のURLに写真を示します。変形が分かりやすいように弾頭を当てています。
https://photos.app.goo.gl/GRnPTBNrEWVs4Jjd9

原因として考えられることがあれば、ご教示お願い致します。
口径は6mmBR、薬莢はLAPUAの6mmBR Norma、弾頭はシエラ60grHPです。
薬室内をスコープカメラで見てみましたが、変形等は見られませんでした。
薬莢はトリミングしておらず、長さは1.56in.です。
購入店にも聞いてみましたが、理由はわからいといわれてしまいました。
なお、リーマーは6mmBR Normaとのことです。

10597(2019/03/07 22:55)弾倉2発仕様の薬室からの装填 from Minoru
AR様

薬室からの装填の動画、少し前に拝見して早速試してみました。
結果、弾倉に1発までは薬室側から装填して初弾の閉鎖までは
できるのですが、弾倉に2発目を入れるのは何度か試しても
なかなか出来ず、いったん諦めましたw

ちなみに先のコメントで排莢ができる、と申したのは
(弾倉からの装填と閉鎖が出来て)排莢までをスムーズにできる、という意味です。
不具合が生じるのは排莢時ではなくて、弾倉からの装填時に引っかかって
閉鎖出来ない状態になってしまうということでした。
ややこしい説明で申し訳ありません。

実猟ではまず滅多に使わない3発目の装填のために使用頻度の高い
2発目の装填不良のリスクを引き上げるというのは全く不合理なことです。
でもその不合理を克服してみたいというのは、もはやロマンの範疇ですねw

薬室側からの素早い装填で2発までとして、排莢までの動作を確実にする方が遥かに実用的です。
動画のような動作ができれば3発目からは村田銃式の指挟み弾倉で臨む、
というのもアリでしょうね。

10596(2019/03/05 21:02)弾着が変わる from AR
HIRO様ご回答ありがとうございます。

反動の受け方で弾着も変わってしまうものなんですね。。
レストも素材の違いや角度によって合致しないと聞くと射撃は実に奥が深いです。
ポジション射撃もとりあえずレストである程度合わせて
後はSで撃ちながら修正していきたいと思います。

Minoru様
排莢でなくて装填ですが
自分はヒンジを開けず、ライフルみたいに薬室から二発装填するのにはまってます。
ただ初期・中期・後期とmss20のモデルも色々あるらしく
自分の持っているのだと、銃口を下向きにしないと微妙に浮いた二発目がボルトに引っかかり閉鎖出来ません。
ご存知でしたらすいません。横から失礼しました。
https://twitter.com/yamakuji_jp/status/1054268577707024384

10595(2019/03/04 18:17)ありがとうございます。 from Minoruu
HIROさん、UPして頂き恐縮です。
パスワードを入れ損じたまま投稿ボタンを押してしまいご迷惑をおかけしてしまいました。

10594(2019/03/04 16:35)Minoruさんへ from HIRO
ご発言、こちらでUPしておきました。

パスワードのメール、こちらのサーバーには送信完了と出ていますので、そちらの迷惑メールフォルダーなどに入っているものと思われます。

ご確認を頂きたく、宜しくお願いします。

10593(2019/03/04 16:35)MSSの弾倉2発 from Minoru
AR様、コメントありがとうございます。
MSS-20の弾倉2発はほぼ役に立たない、というのが定説ですね。
にも関わらず、中古銃では弾倉2発仕様が人気があるようで、不思議なものです。

弾倉に2発入れて上手く排莢される時と、そうでない時の違いを物理的に
突き止められれば対策も立てられると思い、模擬弾でしつこく装填と排莢を
繰り返しているうちに、もしかすると、という法則の仮説に至りました。

装填した弾倉のヒンジを閉じる時に、シェルが弾倉と並行に近い状態だと
ほぼ引っ掛かるか詰まってしまいます。

しかしシェルの先を弾倉から斜め上方30度前後に傾斜をつけた状態で
閉じると、10中7〜8程度は上手く排莢されるまでに改善しました。
弾倉を閉じる時のシェルの角度に微妙なコツがあるのかもしれません。
もう少し研究してみたいと思います。

10592(2019/03/04 13:43)大口径ライフルの場合には from HIRO
着弾点は、銃身のバイブレーションのし方で変わりますので、例えば、体を固くしている時と柔らかくしている時だけでも、着弾点は移動します。

当然にして、立射と座者と伏射と委託でも、反動の受け方が変わって着弾点移動しますし、委託の場合には、バイポッドとサンドバッグとベンチレスト競技用のレストでも変わりますし、リヤバッグやモノポッドの有無および前後バッグの材質や詰め物の違いだけでも、着弾は移動します。

エアーライフルの場合には、反動の逃がし方に対しては、これほどシビアーでは無いかも知れませんが、プリチャージの場合は、内部のハンマーがかなり重いですから、引き金を引いてからバルブを叩くまでの間の銃そのものの重心異動と、その支え方が、けっこう着弾に影響しそうに思われますし、射距離が短い場合、射撃姿勢の変化で、射角が、遠距離の場合よりも大きく(10mですと100mの場合の10倍、300mの場合の30倍)変わりますから、撃ち上げ撃ち下げの影響が、無視できないくらい大きく出るものと思います。

私の場合、猟に持って行く銃は、猟期直前には、その銃で最も遠くを狙う場合に、実際に猟場で使う道具と姿勢で、ゼロインするようにしています(ベンチレスト用のレストは敢えて使わない)し、猟友会の研修射撃会用の銃は、委託をせずに、本番の射撃姿勢でゼロインするようにしています。

10591(2019/03/02 15:21)射撃位置による弾着点 from AR
質問ですHIRO様。
ゼロインする際に距離は同じでも、射撃位置が違った場合
各ポジション毎に弾着も変わってしまうものなのでしょうか?

例えば、的までの位置と距離は同じだとします。
1、ベンチレストで水平から撃った場合。
2、バイポッドorベンチレストで下から撃ち上げた場合。
3、テーブルの位置が右にあって、やや右側からベンチレストで撃った場合。

この場合、いくら@のベンチレストでゼロインが出来ていても
射撃姿勢や位置が変われば弾着もずれてしまうものなんでしょうか?
最近ポジションARで腕が悪いのも有りますが
ベンチレスト(撃ち上げ、右斜めから)でゼロインしたつもりが
S射撃時に当たらない時があります。
なのでSをやっていながら照準を調整しますが、如何せんX点にまともに撃ち込めない為
ちゃんとゼロインが出来ているのか不安になります。
ご回答よろしくお願いします。

>>Minoru様
mss-20の初期モデル弾倉2発は、発売当初からスムーズに排莢出来ないので
次のバージョンからは弾倉1発モデルになったと聞きます。
当方の持っているのは1発モデルですが
それでもスコープの高さの問題で薬室に1発装填だけだと上手く排莢されません。
二連射をスナップキャップでやったりしますが、6/10発は二発目がジャムります。
ショットシェル自体、ボルトアクションには不向きと聞きます。

10590(2019/03/01 19:10)すみません、間違えました。 from Minoru
間違えて同じ質問を出してしまいました。。。

HIROさん、ご回答ありがとうございます。
1発でも上手くいく方がマシなんですね!?

弾倉や模擬弾にシリコン吹いて滑りを良くしてみたりと
色々試しましたが上手くいきませんでした。
現状のままで弾倉1発で使用することにします。

アドバイスありがとうございました。

10589(2019/03/01 19:06)MSS-20の弾倉2発 from Minoru
皆さまご無沙汰です。
MSS-20の弾倉2発最初期型ですが、弾倉を固定するピンが
折れていたので修理して、これで万全、と思ったものの、
やはり弾倉に2発入れると初弾を撃ってからのボルト操作で
引っかかってしまいます。10中6〜7は引っかかります。
弾倉に1発だけなら引っかかりはゼロです。

猟場では3連射することはほとんどないので弾倉1発で
臨めば良いのでしょうし、多くの方がそうしている
とは思うんですが、せっかくの弾倉2発仕様なので
なんとか改善できないかなぁ、と思案しています。

思うに、弾倉1発なら全く問題が起きないのに
2発入れるとトラブル頻発、というのは、2発入れた際に
弾倉内のスプリングが強く押され過ぎ、過剰な勢いで
薬室に送り込まれるからではないでしょうか。

もしそうなら、弾倉内のスプリングを何らかの加工で少し
弱くする事でトラブルを減少させることができやしないかと
思っているのですが、そのような解決策は可能性有りや無しや?
というのが悩みどころです。

前の持ち主は日ラの高段者で弾倉は使ったことがないとの事でした。

何か良い解決策をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示お願いします。

10588(2019/03/01 11:41)解決策は from HIRO
残念ながら有りません。

1発装填なら上手く行くほうが、超ラッキーであって、下手にいじると、1発装填でも2発装填でも、両方とも引っ掛かるようになる可能性が高いです。

ご参考まで。

10587(2019/03/01 11:25)MSS-20の弾倉2発 from Minoru
皆さまご無沙汰です。
MSS-20の弾倉2発最初期型ですが、弾倉を固定するピンが
折れていたので修理して、これで万全、と思ったものの、
やはり弾倉に2発入れると初弾を撃ってからのボルト操作で
引っかかってしまいます。10中6〜7は引っかかります。
弾倉に1発だけなら引っかかりはゼロです。

猟場では3連射することはほとんどないので弾倉1発で
臨めば良いのでしょうし、多くの方がそうしている
とは思うんですが、せっかくの弾倉2発仕様なので
なんとか改善できないかなぁ、と思案しています。

思うに、弾倉1発なら全く問題が起きないのに
2発入れるとトラブル頻発、というのは、2発入れた際に
弾倉内のスプリングが強く押され過ぎ、過剰な勢いで
薬室に送り込まれるからではないでしょうか。

もしそうなら、弾倉内のスプリングを何らかの加工で少し
弱くする事でトラブルを減少させることができやしないかと
思っているのですが、そのような解決策は可能性有りや無しや?
というのが悩みどころです。

前の持ち主は日ラの高段者で弾倉は使ったことがないとの事でした。

何か良い解決策をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示お願いします。

10586(2019/01/02 19:34)新年おめでとうございます from さんぞく
昨年も色んな見識を数多く参考にさせていただき、大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いしいたします。

10585(2019/01/01 23:14)謹賀新年 from ゲバラ
今年もよろしくお願いします。安全第一ですよ〜

10584(2019/01/01 01:45)皆様よろしくお願いします。 from AR
明けましておめでとうございます。

10583(2019/01/01 00:42)本年もよろしくお願いいたします。 from kanaya
諸兄、本年もよろしくお願いいたします。

10582(2018/12/31 22:42)反動 from AR
HIROさま
言われてみたらライフルって
ぼよ〜んという反動ですね。
スラッグは瞬間的なズゴッという感じで。
ご回答ありがとうございます。
謎が解けました

くろやぎさま
ガタイがかなり良いのでしょうか。
小生は12gaはバードショットでもフリンチング癖がついてしまいました。

10581(2018/12/30 14:45)Re: コントロールド・ラウンド・フィード from HIRO
コントロールド・ラウンド・フィードは、装弾は勿論、弾頭の形状まで、設計時に想定したものが、弾倉から薬室に入るまで、装弾のどこかが必ず銃のどこかに接触しながら動作するように作られていて、設計どおりの使用では、最も信頼性高く、たとえ逆立ちしてゆっくり装填しても、正常に動作するようになっています。

逆に言えば、装弾種類は勿論のこと、弾頭の形状を、設計外のものに変えただけでも、フィーディングに問題を生じ易い仕組みとも言えます。
この傾向は、ダブルカラムで、とくに顕著に現われます。(シングルカラムですと、問題は出難いです。)

この点では、弾倉から装弾を動かし始める初期の段階で、弾頭が空中に開放されて、薬室に向かって自由に動ける設計の方が、融通が効き易いです。
但し、この形式で逆立ちでゆっくり装填動作をしたら、エジェクションポートから装弾がこぼれてしまいます。

ということなので、あくまでも、一長一短ということですね。

10580(2018/12/30 13:03)反動の感じ方 from くろやぎ
AR様

M870の20インチスラッグ銃身で、ブリネッキ3インチマグナムを撃った事がありますが、特にひどい反動とは思いませんでした(この時は委託5発、S5発)

また、HIROさんに作って頂いた338Fed銃身のレミントンモデル7では、215グレイン弾頭でMAX近くまで火薬を入れるとかなりの反動があり、右手をしっかり握っていないとトリガーガードに指をぶつけます。

どちらにしても、そんなに嫌いな反動ではなく、数発で嫌になるようなこともありませんでした。反動の感じ方は、HIROさんがおっしゃるように好き嫌いもあるかとおもいますが、私のように反動が強くないと撃った気がしない変態もいます(^_^;)

10579(2018/12/30 12:42)HIRO様 from くろやぎ
質問しっぱなしで申し訳ありませんm(__)m

375-284を選択しなかった理由はフィーディングですか・・・
ヒグマがいるところなら、威力と信頼性の両方が必要ですね。コントロールド・ラウンド・フィードだと、フィーディングの信頼性は向上するんでしょうか?

せっかく一番精度が出る工法で作られた銃身を、理屈上それより精度が悪くなる方法で切り詰めるのは避けた方がよさそうです。銃身を作る際には、HIROさんと相談して、使い方に合った長さと太さを決めるのが良ですね。

10578(2018/12/29 18:20)06の反動は from HIRO
308より少し強いくらいです。

軽量銃で12番のスラッグを撃つよりは、全然楽かと思います。

私の個人的体感では、12番スラッグは、300win.mag.よりもキツいと思います。

12番スラッグは、短時間に強烈に、ライフルは、重く長くという感じなので、絶対的な反動量よりも、好き嫌いの方が強く出るかも?ですが・・・

10577(2018/12/27 21:24)06の反動について from AR
kの姿勢で12番スラッグを
狩猟用のオートベレッタで撃ったら
銃が軽量なのもあり激しい跳ね上がりで
トリガーガードに右手中指をぶつけて軽い怪我をしました(笑)。

sでも反動ももちろんきつく
ボクサーにジャブを撃たれたような
衝撃と痛み。
時間を置いて10発撃つも、3発程度で辞めたくなりました。
20gaだったら射撃を楽しめて
50〜70発ぐらい撃った時も有ります。
よく06の反動はきついと聞きますが
散弾のスラッグと比べるとどれぐらいきついのでしょう?
小生は昔308を撃ったことがありますが
正直20gaより柔らかい反動だった気がします。
100発でも余裕で撃てるような体感覚でした。

10576(2018/12/25 13:56)空道 from AR
シンセって、中身が空洞なのですね
あとパテも付けられないのはビックリです。
色々と納得しとても勉強になりました。
HIRO様、kanaya様
ご返信ありがとうございます。

10575(2018/12/25 08:06)お値段なり from kanaya
銃床は素材や構造などメーカーによっていろいろでお値段もいろいろです。
ガチャポン的に対応していない場合がある覚悟が必要です。
○○○社・○○○用と歌っていても、いざ組み付けようとすると、加工が必要だったりします。
多少の加工はユーザー持ちというのが、彼の地では当たり前のようです。
小生など、買い入れる場合は市場に交換部品や情報の多い銃という事を最優先に銃を選んできました。
結果、猟隊のなかでは変わり者扱い(ボルト、スライド、レバー)を受けておりますが・・・・・
追申
純正の銃床で寸法が同寸でも、過激な加工はなされないように申し添えます。

10574(2018/12/24 20:29)シンセティックは from HIRO
軽くて丈夫ですが、削ると空っぽ、パテで盛ってもパテが付かずに剥がれるという欠点も有ります。
買ったものを、無改造でそのまんま使うしかありません。

少々高価では有りますが、樹脂製ですと、グラスファイバー製の方が、いろいろ融通が効きます。

10573(2018/12/24 18:20)重いんですね from AR
木って重いんですね。
木製しか持っていなかったので
比べる対象が分らりませんでした。
あと木の温もり・・・
なんとなくわかる気がしました。
しかし耐久性が悪いのでは
とても実用的とは言えませんね。
ちなみにシンセテックは
軽くて丈夫というのが常識なのでしょうか?
小生も本命のライフルが所持出来たら
シンセテックの新品ライフルを買いたいと思っております。
それまでは猟用は中古の木製で我慢しようと
邪道ながら考えております・・・

10572(2018/12/24 08:57)Re: 木の良さは from HIRO
暖か味というかぬくもりが有って、高い木だと、更に木目に高級品の風格が有る事です。

もう一つの利点は、あっちを削ったりこっちをパテ盛りしたりと、ご自分の体格に合わせた調整が、長さと外観的特徴を変えない範囲ならば、DOITで容易に出来る点ですが、競技用アルミストックの登場で、競技銃の場合はカスタマイズが更に容易になったので、この利点は、今では実猟銃だけのものになって来ています。

10571(2018/12/24 07:36)温もりか・・・ from kanaya
木製の良さ・・・・ですか?
思い当たるのは、木の温もり(感覚)でしょうか?
使っていて、乾かないし、割れるし、重たい・・・などデメリットは思い浮かぶのですが??
高級な銃床素材(クルミ)は減っているとも聞きますし・・・・
でも、何某かあるのかも・・・・浅学にて思い当たりません。

10570(2018/12/23 22:21)木の良さ? from AR
射撃場で会った人が
銃はやっぱり木でなくちゃねぇ〜と言ってたのですが
木であることのメリットって何なんでしょうか?
今まで4丁、中古の木製AR,散弾、競技用バウ602を所持しましたが
どれも傷、へこみがあり
バウ602に至っては、専門店で買ったにも関わらず
3か月ぐらい使っていたら、グリップに亀裂が・・・・
セメダインで応急処置したものの、いつ壊れるかという状態です。
SBが所持出来たら迷わずアルミ製にするつもりです。
また、猟用にしても、木製はシンセテックに比べたら格段に耐久性が落ちるのでしょうか?
そこまでして木製を一押しする理由はあるのでしょうか?

10569(2018/12/21 11:22)ほんに羨ましいです from HIRO
初心者の頃からエキスパートに師事できるなんて、素晴らしいことです。

私など、羆を見ても、今まで逃げたことしかありませんです(^^;)

10568(2018/12/21 07:37)良い環境ですね。 from kanaya
Farfadetさま
羨ましい環境ですね。所持当初からベテランに指導して貰えるとは他ではできない事でしょうね。
自治体も援助されているとは、頼もしい限りですね。重ねて羨ましいです。
反撃が想定される獣への発砲や止め撃ちは、経験豊富な方について学ぶのが一番でしようね。
小生のエリアでは、捕獲ができませんので駆除対応がほとんどで、クマ捕獲のスキルは失われつつあります。
希なケースとして、駆除事業中に猟犬に追われてタツに向かって飛び出す場合の緊急避難的な対応があります。
この場合タツは、目的でないクマが突如目の前に現れ、向かってくるクマに向けて一瞬で射かけることなります。
勢子をしていてクマと聞くと、思わず待ち場を抜けて逃げてくれるのと犬の無事を祈ります。
いままで事故がないのが幸ですが、向かってくるモノに射かけるコツやポイントは・・・・
獣は総じて横には大きく縦には小さいのが常ですから向かってくる獣の急所に打ち込むのは至難
しかも相手はめっぽう矢に強い獣の王者ですから、一発でしとめないと・・・・危険でしょう。
一瞬での発砲と致命弾を撃ち込むには技量と度量がないと難しいと思います。
当地で倒した実績を残しておられるのは、すべてベテランさんでした。
所持して2×年まだまだ解らない事が多く深い世界です。
                               kanaya拝

10567(2018/12/21 00:56)歴十数年のひよっこです from Farfadet
当地では、自治体がヒグマ捕獲の人材育成を行っており、やる気と時間があれば学べる環境が整っております。
猟を始めた年からヒグマ捕獲に同伴することができますので、中にはライフルを持てるようになる前に複数頭仕留めている人もおります。

また、06という口径ですが深い意味はなく、当地のような田舎で入手できる既製実包という消去法的な選択だったのではないかと思います。
通常在庫されているのは06、308、300WM、7mmRMくらいですので、この中から選ぶなら「とりあえず06」となるのではないでしょうか?
HIROさんは尊敬なさっていると書かれてますが、初心者の頃から06でヒグマを獲っているのを見ていた自分は、それが普通という認識でおりました。

10566(2018/12/20 15:18)素晴らしい from HIRO
羆撃ちのエキスパートさんも、この談話室、見て居られたんですネ

06で羆を獲られる方々を、私は心底尊敬しております。
宜しければ、Farfadetさんのご体験談、いろいろ読ませて下さい。
よろしくお願いします。

10565(2018/12/19 23:45)対ヒグマの口径 from Farfadet
ヒグマ中心の実施隊員をやっておりますが、うちの隊員の7割は06です。
セミオートを使う隊員も2割くらいいます。
巡回や駆除は必ず複数でというルールですので、ソロとは違うかもしれません。
一番最近のものは約180kgで、06一発で止めております。

自分がプライベートで猟に行くときは、ヒグマが活動している時期はボルトの中口径マグナム、真冬は06のセミオートを使っております。

10564(2018/12/19 20:13)338 from berettaa3301
執拗に射撃して止めをさすべきですね。
アイヌや東北のマタギは必要以上に撃たないのを美学としているようですが
私の様な臆病者にはとても真似できません。

>>その伝聞の06くらいで安心している方々のほとんどは、未だ羆に脅された経験の無い方々が大部分と思います。
言われてみたら辻褄が合いますね
338スーパーマグナムでその状態なら
護身のつもりで06で羆に鉢合わせしても06しかねぇ・・・みたいな状態になりそうですw

10563(2018/12/19 11:12)Re: 羆が出たら心細いから06でやる人 from HIRO
06で羆を撃てるのは、極く一部のエキスパートだけですから、よく聞くとなると、その伝聞の06くらいで安心している方々のほとんどは、未だ羆に脅された経験の無い方々が大部分と思います。

心臓バクバクで後退りした経験の有る私は、最低でも、フィンランドの338スーパーマグナムを携えている時で、且つ、慎重に狙えるくらいの距離がなければ、羆を見たら逃げるです。

375H&Hを携えていても、一目散に逃げるです。

上半身を撃って、肩甲骨を貫通できる弾でないと、遭遇状態で慎重に狙えない場合は、撃っても確実に反撃されるでしょう!!!

10562(2018/12/19 08:07)イノシシでも from kanaya
先達は、ライフルで射かけて手負いとなった大型イノシシが動きを止めたので止めを撃つべく接近し
狙いを定めようとした時、突如起き上がり股間に突進してきて大けがをして数ヶ月入院を余儀なくされたとのことでした。
これは、今でも語り草となっており所属猟友会の教訓にもなっております。
当日は積雪も膝上まであり、イノシシは出血しながら数百mも逃げた後でも反撃の余力を残していたそうです。
その経験から、獲物には必ず止めを撃ち込んでから近づけ。小物でも確実に止め撃ちせよ。
とも聞かされたところです。
そのイノシシは三桁の重さがある雄イノシシだったそうで、又下を通って数mで絶命していました。
90才まで猟経験を積まれた先達の話は貴重で参考になります。
                              kanaya拝

10561(2018/12/18 21:50)最低12番じゃないと from berettaa3301
イノシシを撃つのとは訳が違いますからね。
まあ、自分は動物園以外では見る事は無いでしょうが・・・

10560(2018/12/18 21:07)20番ですか? from kanaya
ツキノワグマに20番で立ち向かうのはあまりにリスクがあると思いますが?
檻で捕獲されて、動きが制限された場合の止め差しなら考えられそうですが、・・・・
それでも小生は、ライフルではなしに12番で止め差ししました。
他にも仕留められたクマを現場で見ましたが、いずれも12番かライフル銃でした。
その内の数例は、かなり切迫した状況下での捕獲だったとも聞きました。
とても余裕はなかったそうです。向かってくるスピードは半端でないそうです。
あの筋肉の付き方をみると、イノシシ・シカの比でない能力があると推察されます。
向かってくるツキノワに1発掛けて射止める腕と胆力には驚かされました。
遠く及ばない熟達の技と今でも思って敬意を払っております。
加えて、矢を掛けたら必ず仕留める。手負は倒すまで追え。自信が無ければ矢を掛けるな。
とは、90才まで現役でクマの捕獲実績も豊富だった先達のアドバイスでした。
                              kanaya拝

10559(2018/12/18 15:10)強装弾の為 from berettaa3301
セミオートはそういった理由からあまり好まれないのですね勉強になります。
エゾジカをやる人で羆が出たら心細いから06でやる人がいるとよく聞きます。
となると、逆に羆狙いで最初から06でやる人はまずいないのでしょうね。
あと銃砲店主が言うにはツキノワグマ位だったら308や20番スラッグで問題ないと言っていました
(本人は鳥撃ち専門)

10558(2018/12/17 23:55)セミオートで from HIRO
羆を安心して撃てるような強装弾を撃てる国内モデルを、私は知りませんが???
弱い弾だと、一発目で急所命中・即倒しなければ、たとえセミオートの短い発射間隔でも、二の矢を掛ける前に反撃に遭うと思います。

遠射で猟をする場合には、セミオートで十分な精度の有るモデルは、日本では今は許可が降りませんので、必然的にボルト一択になっていますが、これと、羆にボルトが好まれる理由は、異なると思います。
06や300win.mag.でも即倒させられる自信を持たれているようなベテランの中には、北海道でもセミオートを愛用されている方も居りますが、これはあくまでも、ごく一部のベテランの中の、更にごく一部の方々の話です。

巻き狩り等で、獲物が群れで向かって来るような猟方・猟場ですと、逆に、セミオートでなければ、参加不可というところも多いようです。

10557(2018/12/17 20:41)初弾 from berettaa3301
詳しいご説明ありがとうございます。

HIRO様の様に北海道或いは、東北地方で遠射をされる方等は
主にボルトアクションなのでしょうか?

無知ながら私の知る限り、遠射で猟をされている方は
何丁所持していてもボルト一択の人が多い気がします。
至近距離で羆に遭遇した時のことを考えると
ビギナーとしてはセミオートの方がいいのではないかなと思ったりしたのですが
上級者からしたらそういった地形では、逆にセミオートは不要・無用なのでしょうか?

10556(2018/12/17 15:53)その伝聞の from HIRO
発信者の意図は解りませんが、完全安全状態(薬室が空で充填済弾倉も装着されていない状態)から、初弾を発射するまでの時間に限れば、セミオートよりも固定弾倉式ボルトの方が早いかと思います。弾倉を装着してからの閉鎖とエジェクションポートに装弾を放り込んでからの閉鎖との時間比較です。

しかしボルトでも、着脱式弾倉で充填済弾倉が装着されていない状態でしたら、初弾を発射するまでの時間は互角と思いますし、二の矢以降の発射可能間隔は、セミオートの方が速いと思います。

ということで、猟の場合は、関係法令との兼ね合いから、初弾の発射でボルトが有利になる場合は、有るかも知れませんし、初矢を外した場合の逃げる獲物への二の矢三の矢のヒット率の極端な低さを加味すると、伝聞元の意見も正しいと言えるのかも知れません。

10555(2018/12/17 14:12)ボルトの方が速い? from berettaa3301
セミオートとボルトだったら
ボルトの方が狩猟では速いと聞いたのですが
実際そうなんでしょうか?
セミオートなら引金を引き直すだけで撃てるし、足場が悪くても安定性があり
至近距離でイノシシや熊と遭遇しても慌てず連射出来ると思ったのですが。
ライフルの場合です。

10554(2018/12/08 06:01)中古品は from kanaya
ドラちゃんさんへ
中古品は、銃に限らず経年や前の所持者による改変や改良による不具合発生の確率は総じて高くなると思いますが
発生する部位や時期についての予測は専門に扱う銃砲店でも予測不能だと思います。
ここが販売価格に反映しているのかも知れませんが・・
小生も、中古品や廃盤品と付き合うにはなにかと出費や時間を失うという経験をしてきました。
おかげで万年金欠病を発症しております。
それでも続けてこられたのは、なぜなんでしょうか・・・・・
またぞろ悪魔の囁きが聞こえてきそうで怖い昨今です。

10553(2018/12/07 20:34)H銃砲店で買ったものですが・・・ from ドラちゃん
中古mss-20と一緒にポンプ式の中古シャープビクトリーを購入したのですが
ビクトリーは買って1か月足らずで空気漏れ。
mss-20はヒンジ式弾倉なのですが、射撃していたら結合部?が折れて弾倉部分が脱落してしまい
ヒンジを開いた瞬間に弾倉がポロっと落下してしまう為
猟場で二発装填出来なくなり、両面テープで補修しました。
エアライフルはパッキンだから仕方ないとはいえ
装薬銃にせよ、孫の代まで使えると聞いたものの
中古品は見えない部分がどこかしら傷んだりしているものなんでしょうね。

>>kana様
色々まとめて相談しに行きたいと思います。
ありがとうございます(>_<)

10552(2018/12/07 11:22)mss-20は推定2kg位力を入れないとボルトが動かない感じでした。 from kana
気になって私のA-Boltを試してみました。
2リットル入りのペットボトルをボルトハンドルにかけてコッキングしようとしましたが、できませんでした。
重い、軽いは感覚的なものなので人それぞれ受け止め方が違います。
私はA-Boltのコッキングは重いと思います。でもクソ重くはない。この「クソ」をどう受け止めるか。

据銃したままの二の矢の装填も銃床を切詰る前はボルトが遠く、力を入れずらかったのですが、銃床の長さを調整してからはやりやすくなりました。

銃砲店で問題点、やりたいことを小出しにしないでまとめて相談すれば結果的に安上がりで済むかもしれません。

10551(2018/12/06 21:30)今気が付いたことですが from へぼ鉄砲撃ち
コッキングピースのローラーが飛んでいるとすれば、撃針の後退量がその分少なくなるので、シアにかからず(コッキングし切れず)そもそも撃てないと思いました。撃てるとすれば、前オーナーが何等かのチューンをしている可能性の方が大ですね。MSSは所持したてのペーペーの頃、まとまらない、あーでもないこーでもないと色々試行錯誤し苦労させられた銃でした。新品なのに運悪くハズレをつかまされましたが、それだけに印象に残る銃でした。

10550(2018/12/06 20:47)中古で買いました from ドラちゃん
へぼ鉄砲撃ち様

中古で購入したもので、弾倉は1発モデルです。
私の様な素人の手には負えそうも無いので
診てもらいたいと思います。
ご回答ありがとうございます。

10549(2018/12/06 20:44)ありがとうございます! from ドラちゃん
HIRO様、詳しいご説明頂き本当に感謝いたします。

このページもライフルスコープ取り付けで出たサイトからの引用なのですが
間違っているとは(汗)
また、HIRO様の回答が本当にそのまま当てはまっています。
私はクレー射撃専門店(ライフルも売っている)に取り付け依頼しました。
HIRO様の洞察力には本当に驚かされます。
連投質問ながら、本当にありがとうございました。

10548(2018/12/06 20:39)MSS20のボルト from へぼ鉄砲撃ち
僕が所持していたMSS20は、ボルトハンドルのリフト自体そんなに重かった記憶はありませんが、2発弾倉の調子が今一つで肩付けしての連射はボルトのリフトよりもフィーディングの問題の方が大でした。ドラちゃん様ご所持のMSSは中古でしょうか?であるならば各皆様がおっしゃる通り故障の可能性がありますが、前オーナーがロックタイム短縮を狙って強いストライカースプリングに取り換えている可能性もあります。故障するとすれば、コッキングピース部のローラーが飛んでいて、コッキングに余計な力が必要になっている可能性が考えられます。MSSはラグが3個なのでボルトリフトの角度が60度程度と浅いので、撃針を後退させるカムの角度が急になってます。このため少しでも起こす抵抗を少なくするためローラーを付けているものと思われます。

また、前オーナーが強装弾を撃っていたとすると、ロッキングラグまたはリセス部が微妙に変形して、撃発後食い込んでいるものとも思いましたが、スナップキャップの空撃ちでも発生するとすれば、コッキングピース部に何らかの問題が起こっているかストライカースプリングの可能性が高いと思われます。

いずれにしても購入した銃砲店で早めに見てもらうか、セカンドオピニオンとしてHIRO様等、定評ある銃砲店に見てもらうことをおすすめいたします。

10547(2018/12/06 20:30)お写真拝見しましたが from HIRO
この写真のとおりに取り付けられて居られるのなら、前側ベースも後側ベースも、取り付け向きが前後逆さまです。

先ずは、其処を正しく直しましょう。

また、このお写真が単なる他ページの参照で有り、ご愛銃の写真では無いようでしたら、このような全く誤った取り付け方を堂々と公開しているサイトは、全く信用出来ませんから、このページの情報を鵜呑みにするのはやめましょう。

ドラちゃんさんが、このような取り付け方を自分でされる方の場合でも、このようなページの情報を鵜呑みにされる方の場合でも、どちらにしても、失礼ながら、貴方のレベルでは、マウントベースとリングの正しい取り付けは無理ですから、もう少し良く勉強されるか、詳しい銃砲店に取り付けを依頼しましょう。

そして、もし、このお写真が、ドラちゃんさんのご愛銃のもので、この取付がドラちゃんさん御用達の銃砲店によるものでしたら、その銃砲店は散弾銃の専門店であり、ライフル銃は全くの専門外ということになりますので、スコープの取り付けは、ライフルの知識がもう少し高いお店に、やり直して貰って下さい。


ここまでは前置きです。

ご質問へのお答えは、
このタイプの前後ベースであれば、リングだけをスコープに合うものに変更すれば、ベースはそのまま使用可能です。

ご参考にされて下さい。

10546(2018/12/06 17:07)20mmスコープから30mmへ from ドラちゃん
連投失礼します、追加質問があります。
現在使用しているスコープが20mmマウントリングで
スコープのチューブが20mです。
しかし、現在のスコープが見づらい為
新たに入手したいと考えているスコープがあるのですが、30mmでした。
その場合、レシーバー(前後につけるやつ)
これも30oタイプのものに変更しないと使えないのでしょうか?

前部が確か、マウントリングの下半分と一体型なのですが
これだと30o取り付け出来ないですよね?
やはりレシーバー自体変えないとならないでしょうか?
画像の前後についている器具です。
https://hb-plaza.com/wp/wp-content/uploads/2016/01/MountScope002-800x401.jpg

大変恐縮ですがご回答お願い致します。

10545(2018/12/06 16:37)なるほど from ドラちゃん
ボルト角度の問題でもあるのですね。
kanaさんのやり方を真似てみたら、幾分やりやすくなりました。
皆さんありがとうございます。

10544(2018/12/06 15:23)ボルトだけ掴んで銃を持ちあげても自重でボルトが上がらないなど from kana
は私のミロク製A-Boltも同じです。
ボルトの上げ角が浅いのでレミントンよりは重いのは仕方ないと思います。
それ以上に重いなら故障かも。

据銃したまま二の矢の装填をする時、私は親指をボルトのお尻にあて、そこを支点にしてボルトを上げます。
これができなければ故障でしょう。

10543(2018/12/06 13:44)空撃ちケースで from HIRO
装填は軽く出来るのに、引金を引いた後の、ボルトの引き上げが極端に重いのは、故障と思います。

10542(2018/12/06 12:54)スナップキャップでもなります from ドラちゃん
HIRO様へ
ハンドロードではなく、レッドバードのフィールド用を使ってます。
また装弾、スナップキャップ関係なく
激発前はスムーズにボルトを上げられるのに
撃針を落とした後、ボルトを引き上げるのが重くなります。
ボルトだけ掴んで銃を持ちあげても自重でボルトが上がらないなど。
故障でしょうか?(汗)

10541(2018/12/06 11:58)それは故障と思います from HIRO
症状が悪化する前に、修理に出されることを、お奨めします。

プラスティックのケースは、薬室に張り付くはずは有りませんので・・・

ただし、ドラちゃんさんが、砲金ケースを使用していて、ご自身でリロードして使用されているようでしたら、ボルトが固いのはオーバーロードの証拠ですから、そのロットの装弾は使用を中止し、ただちに薬量をへらしましょう。

10540(2018/12/06 11:08)ボルトが重い・・・ from ドラちゃん
所持歴10年未満でボルトアクションがカッコイイと思い
二丁目でmss-20を所持したのですが
激発後のボルト操作がクソ重いです。
以前、ディスカバリーチャンネルの銃の番組でライフルを据銃しながらボルト操作をしている老人がいたのですが
真似しようとしてもまず無理です。
激発後のボルト引き上げが重すぎて、据銃することが出来ないぐらいです。
(左手で思い切り下方向へ押さえつけて、右手にフルパワーでようやくボルトを上げる程度)
連射するのは無理っぽい感じでした。
なので一発目を撃った後は一旦、据銃を解いて胸元で操作してますが
それでも重くて大変です。
やはり、スラッグガンと言えどライフルのまがい物みたいな物だからでしょうか?
本場のボルトアクションライフルはボルトの張り付きみたいなのは無いのでしょうか?
mss-20は推定2kg位力を入れないとボルトが動かない感じでした。

【捕捉】
所持しているのはチョーク無しのチークパッドが薄いモデルです。
前期型?らしいです。
ご回答お願い致します。

10539(2018/12/04 10:24)こちらこそ from HIRO
何時もご愛顧をありがとうございます。

10538(2018/12/02 16:01)価値は実感しております。 from kanaya
HIROさんの銃身
獲物への的中や動から静、激発までの一連の動作に見せる絶妙なバランスには驚かされております。
銃身の重量がさほど猟場での取り扱いに影響を与えるとは思いもよりませんでした。
猟場では射場と違って、発砲のチャンスは突然やってきますし、立木の間越しの射撃もあります。
射手自身も足場の悪さや天候(雨・雪・風)にも左右されるなど、射場とは別の難しさもあります。
同じ条件のないワンチャンスの立射では、命中精度と取り回しのバランスが必須になります。
爾来、ライフルの銃身交換は「別世界への入り口」と喧伝いたしております。
ありがとうございました。
                              kanaya拝

10537(2018/12/02 12:39)Re: コッキングピース部の丸穴 from HIRO
今、思い出しました。

その穴に、直径の丁度合うピン抜きを焼き鈍ししたものを挿すと、MSS-20は、比較的楽に撃針を引けます。

ピン抜きの焼きを抜いて有れば、万一こじっても、駄目になるのはピン抜きの方なので、安心です。

これなら小さいから猟場にも持参可能、ご参考にされて下さい。

10536(2018/12/02 10:21)…と、 from へぼ鉄砲撃ち
最近、自分の趣味趣向が大多数の所持者からズレていく自分を発見するわけです。

すいません、戯言失礼しました。

10535(2018/12/02 10:17)丁数に糸目をつけないなら from へぼ鉄砲撃ち
ノルウェー製モーゼルM67 .308とか猟用のモシンナガンも気になりますね。見た目古臭いモシンナガンが意外と当たる(当てやすい?)と聞きます。どちらも見た事ありませんが、多趣味な方にでもお願いしようかな?

10534(2018/12/02 10:13)ピストルグリップは from へぼ鉄砲撃ち
空気銃とアルミストックのマッチライフルは堂々と認められているし、別に殺傷力が上がるわけではないので、いっそ当局も認めてくれればスッキリするのにと常々思います。何十年も前から当局内でもこれについては意見が分かれているとは聞いてますが。

もう面倒くさいことは嫌なので、今では19世紀の銃に興味の対象をシフトしました。ミロク製のウィンチェスターM1895が気になってます。これなら弾頭の形状を問いませんし、ミロク製ならしっかりしてるでありましょう。MSSの二の舞は嫌ですが。

10533(2018/12/02 09:29)くろやぎさんへ from HIRO
私の場合、35−284が銅弾規制で非力化した際、先ずそれを改造したのは、300WSMでした。

そして、その300WSMは、弾倉からの給弾で引っ掛かる事が多く、あっちを削ったりこっちを盛ったり、かなりの四苦八苦をしましたが、少しは改善しても、解消することは無く、諦めました。

この時に、「太くて短い装弾は弾倉からの給弾で問題を起こし易い」という擦り込みが自分に出来てしまい、次に375口径を連発銃で試す時には、羆という猛獣が出るかも知れない山を歩く銃を、284をベースにする気になれずに、375−06(=375ウェーレン)に走りました。

もう一つのご質問へのお答えですが、うちは元々、かなりオーバークオリティーな加工方をしているため、実用的な違いは全く出ず、加工している本人以外には、誰にも解らない(計測も不可能かも?なくらいの)極く僅かな違いかも知れませんが、長く作って後から切り詰めた銃身と最初からその長さで作った銃身とでは、後者の方が、私の加工方の原理的に、加工精度が極く僅かだけ上になります。

なので、加工している本人の気持ちの問題だけかも知れませんが、お客様には、前者はあまりお奨めしないようにしております。

kanayaさんへ、
それでも、交換前よりは獲物への打率は、向上していると思います。
それだけでも、銃身を替える意味は有ると思いますよ。

10532(2018/12/02 09:10)MSS A-bolt系のボルト from へぼ鉄砲撃ち
コッキングピース部には明らかに何らかの工具をひっかけると思われる丸穴があるので、特殊工具があるものと思われます。本当はそれを使うのが一番いいと思うのですが、見た事ありません。機関部のレールを利用するやり方は、そもそもボルトを銃に正しく取りつけられたボルトとコッキングピースの動きをみて、このレール部がシュラウドの回り止めになっているなら、それを利用しない手はないんじゃね?的な素人考えであります。無論HIRO様がおっしゃる通り、このやり方を蛮用して尾筒側を棄損すれば銃が台無しになる恐れはあります。僕はレール側よりむしろ台木にボルトの当て傷をつけないように注意はしていました。個人的にはグッドアイデアと思ってましたが、銃砲店からは「ヘンなやり方しない方が良いんじゃね?」的な反応を頂戴しました。むしろ手元が狂ってボルトを取り落としてラグ部を変型させる事の方を心配しておりました。

MSSは新銃で購入したのですが、雷管突破多発であまり良い思い出がありません。まとまりも悪く、870にカンチレバー、ライフルドチョークの方がよくまとまったので手放しました。その後手放した銃砲店からは、あのMSS当たってた?なんて聞かれましたので、他の方が撃ってもダメだった模様です。所持してまとまらない相談をしたときは「単にウデが悪いんじゃね?」的な反応でした。もし僕の腕が悪かったら870ならなおさらまとまるわけ無いです。無論、まとまるMSSは何丁も見てるし、870や1100ではMSSに全く敵わない事実も見てます。この逆転現象は立ち会った人も「え??」的反応でしたし、現場を見てない人に対して話だけしても誰も信じてもらえませんが、それは無理からぬこと。以外にまとまる銃身後退のFNも見てますので、銃というもの構造だけ見てもそれがすべて当てはまるとは限らず、とにかく撃ってみないと分からないものということがわかりました。だから射撃はやめられない。

MSSの雷管突破で銃砲店で見てもらったとき、撃針後ろが折れてました。確かねじ部に通り穴が開いていて、コッキングピース固定用のピンが入る構造だったと思います。素人目にもこりゃ折れやすいなとは感じましたので、MSS、A-bolt系の銃をお持ちの方は、たまには銃砲店でシュラウド部の分解点検をされる事をお勧めします。

10531(2018/12/02 06:53)銃身の切り詰め from kanaya
くろやぎさま
小生もHIROさんに2本造ってもらいました。
もはや、機関部のみが純正部分となりました。
銃身の選択については、HIROさんにお任せが最高の精度で仕上がります。
結果、コストも最小限になりました。
もっとも、その結果として小生の腕の悪が猟友に露呈することとなりました。
嬉しいやら恥ずかしいやら・・・・
未だ銃身の精度に近づけないでおります。

10530(2018/12/01 23:50)375−284 from くろやぎ
HIRO様

375に転向する際、性能はほぼ同じなのかと思いますが、375−284の選択はなかったのでしょうか?

話しは変わりますが、HIROさんに銃身を作ってもらう時、長めに作っておいて、あとで切り詰めたとしたら、何か弊害はあるでしょうか?

10529(2018/12/01 23:44)ご愛銃は大切にしましょう from HIRO
握力を鍛えて、ウエスでくるむか皮手袋か軍手で、エイヤッと回せるように熟達する方を、プロからはお奨めします。

10528(2018/12/01 22:43)ボルトを逆向きにすると from kana
確かに不安定でこじり易いですね。

>>万一ザックリ逝くと、修理不能なので、くれぐれも慎重にされて下さい。

修理不能ですか。買替のきっかけにはなるな。

10527(2018/12/01 18:48)ブログ主さんは from kanaya
リンクいただいた、ブログ拝見いたしました。
ご自身で、猟銃等販売事業許可と猟銃等製造事業許可を受けておられるようですね。
輸入から所持許可申請まで、自己完結されている方のように拝見いたしました。

10526(2018/12/01 10:32)870サムホールストックについて from Veasa Max
>>10525 870のサムホールは、私が居住している千葉県で許可が下りています。
FBIさんが、お住まいの県で、サムホールストックが認められるのか、御心配でしたら、一度管轄の警察生活安全課、銃砲担当官に尋ねられるのが、一番早いと思います。
大丈夫でしたら、銃砲店においてサムホールストックを換装してから、改造証明を発行して頂き、生活安全課において書き換え申請する必要があります。

ブログにあります、独立グリップ(ピストルグリップ)で許可が下りるのは、私も懐疑的ですが・・・。

10525(2018/11/30 21:23)870のサムホールについて from FBI
レミントンm870はパーツが豊富で
サムホールストックも
国内版売されているようですが
実際に改造申請して
サムホール化するのは不許可となりえますかね?
https://asakajuho.com/SHOP/768000017.html

こちらのブログを見ると
ベネリm4がピストルグリップで許可(それも東京都で)
されているようで、東京都でベネリが許可されたこと
更に輪をかけて、ピストルグリップが許可されたことが驚きで仕方ありません。
ただ、この人は射撃目的で所持しているようです。
射撃目的だったらサムホールでも、ピストルグリップでも許可が下りるものなのでしょうか?
(ライフルストックで所持→ピストルグリップorサムホール化)
https://ameblo.jp/r35z4/entry-12174511919.html

10524(2018/11/30 18:36)こじって from HIRO
レールを凹ませたら大変なのも、きっと解ったことでしょう。

万一ザックリ逝くと、修理不能なので、くれぐれも慎重にされて下さい。

10523(2018/11/30 17:59)銃に対してボルトを逆向きにします。 from kana
単純にイメージすると「ええええええ?」となりますが、現物を目の前にして

>>レシーバ後部にコッキングピースが前後するレールがありますので、ここにコッキングピースを差し込んで

なるほど。
私はA-BOLTライフルですが「そういうことね。」と納得。
参考になります。

10522(2018/11/28 10:39)トラブルはほんに困りますよね from HIRO
弾頭の成分分析が終わるまで、留め置かれて、開放された時には、帰りの飛行機に乗り損ねて、チケット買い直しなんて事態は、ごめんですからね、、、やっぱり買い貯め有るのみですよね。。。

35−284は、銅弾規制以前の、私の愛用装弾でした。

この装弾では、ずいぶんたくさん獲らせて頂きましたが、弾速遅いと、銅弾は開きが悪くて非力になったので、375に転向しました。
北海道でもノスラーパーティションを使えた頃は、気持ちいいほどのストッピングパワーで、回収楽ちん、とっても重宝していたのですが、、、今は懐かしい口径です。。。

10521(2018/11/28 10:32)その回し方 from HIRO
機関部の溝を使うやり方は、コッキングピースと機関部の焼入れ硬度の違いにより、下手にこじると、機関部を傷めますので、実施されます場合には、途中で外れたり斜めにしたりしないよう、慎重に行うようにして下さい。

機関部の溝に大きな傷が入ると、コッキングピース折れの原因になります。

ウエスにくるんで回す方が、力は要りますが、事故が少なくお奨めです。

10520(2018/11/27 22:58)非鉛鋳造弾頭 from くろやぎ
錫とアンチモンの合金とか、ホワイトメタルとか、鉛弾規制に該当しない鋳造弾頭も作れそうなんですが・・・  収縮率が鉛と違うとか技術的な問題が出る可能性もありますし、何より見た目で鉛と区別が付かない弾頭なんか持ってて、トラブルになっても困りますよね。
財布には厳しいですが、買いだめに勝るものなしですね。

375ウェーレン面白そうですね。ショートアクションで大口径なら、35−284とか、クラシックな358winですか。

10519(2018/11/27 22:11)MSS20の撃針 from へぼ鉄砲撃ち
珈琲店店員様。
僕もかつてMSSは所持していました。MSSは撃針を後退させるシュラウドの斜面とコッキングピースの間にローラーが入っていて、割と簡単にシュラウドが回って撃針が落ちてしまう事ありますが、直すのは簡単です。銃に対してボルトを逆向きにします。レシーバ後部にコッキングピースが前後するレールがありますので、ここにコッキングピースを差し込んでボルトを上に持ち上げれば撃針が後退します。文章にすると説明が難しいのですが、一度お試し下さい。尚、銃砲店にはシュラウドをウエスにくるんで回せば直るよとは言われました。  

10518(2018/11/27 15:28)本当に from HIRO
資材不足には難儀しますよね。。。

10517(2018/11/27 14:11)そうなのですね from 珈琲店店員
閉鎖しないように気をつけます。
ありがとうございました。

10516(2018/11/27 06:56)買いだめですか from kanaya
資材不足も続くと、堪えますね。
買いだめも、価格上昇や数量不足も加わる昨今資金も涸れがちです。
火薬も品薄だったり、買い置きに比べて価格が上がっておりますね。
財布に厳しい昨今です。
                             kanaya拝

10515(2018/11/27 01:19)大口径でもマグナムは from HIRO
結構弾速が早いので、キャスト弾頭が威力を発揮するのは、35ウェーレンとか375ウエェーレン辺りかと思います==>くろやぎさんへ、

かくいう私は、375ウェーレンは所有していて、銅弾頭でも2400f.p.s.くらいしか出さないので、北海道に銅弾規制さえ無ければ、私もキャストのお道具、揃えていたと思います。

銅弾はやはり、買いだめするしか、資材枯渇への対処は出来なさそうです(-_-;)

10514(2018/11/27 01:15)ボルトアクションは from HIRO
殆んど全てのモデルで、ボルトを抜いた状態で撃針が落ちた状態にしてしまうと、元に戻すのは、かなりたいへんです。

Rem700用とかなら、それを直す専用工具とかも有るので、それを買って携帯していれば、猟場でも直せますが、そういう工具が出ていないメーカーのものですと、猟場では、ボルトは決して外さない方が幸せかも知れません。

10513(2018/11/26 21:23)猟場では from kanaya
ん・・・猟場ではボルトを抜いた経験はないし。
勢子で落とさないように注意は払っておりますが・・・
射場でも、射台までは外せばシースに入れて運びますし、外さない場合はセフティフラグを使うし・・・・
道具のある自宅以外で分解にトライしたことないですし・・・
ごめんなさい。思い当たりません。

10512(2018/11/26 13:01)ボルト閉鎖時の対応 from 珈琲店店員
専門家の皆様に追加で質問したいことがあり
再度、書き込み失礼します。

ボルトアクションのボルトを抜いた状態で
ボルトが閉鎖してしまうと直すのが大変だと言われました。
一度、抜いたボルトを閉鎖してしまい
閉鎖したボルトを机に引っ掛けて、全体重をかけて20分ほど格闘して何とか戻せたのですが
一度、抜いたボルトが閉鎖してしまうとこうも直すのが大変なのでしょうか?
射撃場だったらなんとかなるとしても、猟場だったら100%直せそうも無いです。
それともミロクMSS-20だからなのでしょうか?
ベテランの方々へご回答お願い致します。

10511(2018/11/25 20:48)ありがとうございます from 珈琲店店員
HIRO様、専門的なご指導頂き感謝申し上げます。

10510(2018/11/25 17:51)大口径重量弾頭 from くろやぎ
もともと高速ではないので、キャスト弾頭との相性が良いようです。
2700fpsは308winのデータですが、338Fedでは220grainで2000fpf位が無理なく飛ばせるところかと。
硬鉛を使うと、着弾時の弾頭変形が少なく、ホローポイントにした方がよいとか、注意点も多いようです。

既製弾頭の入手困難に備えて、.35や.357を使用されている方であれば、モールド・サイジングダイ・ガスチェックは買えるうちに買っておいても良いかもしれません。もっとも以前のように雷管が入手困難になったら意味はないですが・・・

大口径だと.375WSMとか.35WSMが面白そうとか思いますが、使われている方はいらっしゃるんでしょうか?

10509(2018/11/25 15:04)穴が合わないのは from HIRO
別銃モデル用の買い間違いか、箱と中身が入れ替わっていたかの、どちらかだと思います。

穴が合わない場合には、前後の高さや機関部上面のカーブ度合いも微妙に合わないことが多いですから、無理に取り付けても上手く行かないことが多いです。

ちゃんと、ご愛銃に合うものを、入手し直されることをお奨めします。

10508(2018/11/25 14:58)サイズが合わず・・・ from 珈琲店店員
スコープ用の穴は買った時から空いていたのですが
マウントベースをつけようとしたら
マウントベースの穴と、本体の穴が合致しない為
溶接しようかと思っていました。

10507(2018/11/25 14:55)MSS20ならば、 from HIRO
専用のベースを、最初から開いている既存のネジ穴に取り付けるのが、最も安価かつ頑強と思いますが、わざわざ自作品を付けるメリットは、何かお有りですか???

10506(2018/11/25 09:32)アルミも付けられると思ってました(汗) from 珈琲店店員
>>HIRO様
ステンレス用でアルミなどもつけられるかなと
勘違いしておりました。
ご指摘ありがとうございます。

>>kanaya様
確かに付けたとしても
撃った後、吹っ飛んで来たら怖いですm(__)m
大人しく銃砲店に依頼するか止めます。

10505(2018/11/25 07:12)穴開け一つでも from kanaya
珈琲店店員さんへ
銃の加工については、穴開け一つでもノウハウや技術を必要とされるようです。
誤れば、廃銃や射手に危険な事象が生じるかも知れません。
小生のつたない所持経験から、それ相応の負担が生じるのはいたしかたが無いと思います。
同種の銃を所持されておられる方を参考にされた上で、ご自身に合った方法を選択されてはいかがでしょうか?
小生も資材不足や資金不足から、モノに合わさざるを得ない事も往々にしてありました。
失礼、今でもあります。

10504(2018/11/25 07:02)資材切れ from kanaya
くろやぎさま、HIROさま
資材切れといえば、260remの狩猟用弾頭も在庫を見かけなくなって久しく不安がつのっています。
射撃用弾頭は在庫があるようですが、非鉛弾頭はカタログにあるようですが???
買い置きの在庫であと数年はいけそうですが、308winメインにシフトが必要になりつつあります。
事情は好転しそうにありませんね。
                               kanaya拝

10503(2018/11/24 23:54)Re: キャスト弾頭 from HIRO
確かに、資材難の際のエマージェンシー用としては、キャスト弾頭も使える準備を整えておくのは、有効かもですね。

特に、在庫が切れ易そうな、大口径の重量弾頭などは、イザという時に助かりそうです。

10502(2018/11/24 23:49)クロモリとアルミを from HIRO
付けられる半田って、有りましたっけ(?_?)(?_?)(?_?)==>珈琲店店員さんへ、

10501(2018/11/24 23:15)キャスト弾頭 from くろやぎ
kanaya様

通常は速燃性の火薬を使った弱装弾のようですが、3031とかVargetを使って、2500〜2700fps出せるようです。
これなら弾頭が入手困難になっても、何とかなるかもと思い、興味を持ってしまいました。

ただ、実射できるのはいつの日か(^_^;)

10500(2018/11/24 22:05)マウントベース取り付けについて from 珈琲店店員
こんにちわ
ミロクMSS-20を所持しています。
ボルトの前部分のスペースにマウントベースをつけたいと思って
20mmmアルミ製レールを取り付けようと考えています。
穴開け工賃を銃砲店へ聞いたところ、驚くほど高価だったため自己流で取り付けようかと考えております。
まず両面テープでマウントベースを仮止めし
四周を金属用半田で溶接しようかと考えております。
エポキシも考えましたが、衝撃でマウントベースが剥がれたとして
部分的に剥がせない部分が出てきてしまうと思ったため半田をやろうかと考えています。
ど素人の考えですが、前者のやり方は実用性として使えますでしょうか?
大変恐縮ではございますが、ご指導お願いいたします。。。

10499(2018/11/22 08:06)そのようにしております。 from kanaya
小生も、低倍率固定のスコープがいまだ手に入らないので、手持ちの低倍率ズームスコープの最低倍率付近で
セットした上で、銃への取りつけ位置を決め取りつけてサイトインしました。
猟では、高倍率側で撃つことはほとんどありません。
もっとも、イノシシ・シカが相手ですので当然ですが・・・・・
銃床もその位置に合うように加工しております。
しかし、2.5倍の格安品は出ませんね〜
リュウポ・・・は随分とお高いですし・・・・、中古は怖いし・・

[ 現在のページに戻る ] [ 大昔のログへ ] [ 全ログ検索 ]