ハンティングの談話室/過去のログ
[ 現在のページに戻る ] [ 大昔のログへ ] [ 全ログ検索 ]
※表示が長過ぎてメモリーオーバーになる場合には、途中で中断して
「リンクを別名で保存 (又は Save as...)」命令を実行して下さい。

12978(2021/11/01 18:36)スコープが軽くなると from HIRO
両手の中での銃の座りが良くなって据銃が安定しますから、きっとヒット率が上がりますヨ

目から鱗が落ちるかも?です(^-^)v

12977(2021/10/31 18:12)VX2 1-4x20mmに換装 from kanaya
HIROさん、
先日、預かりのVX2 1-4x20mmに換装しました。
VXU1-4x20mmは、小生が築地氏から買い入れた品で在庫品でした。
預かり品は、後継のVX2でした。
結局、tasco TITAN 1.5-6x42mmの一本+ゴム銃と引き換えとなりました。
本日の駆除で、一かけと期待しましたが出番なしに終わったのが残念でした。
猟期に期待です。
しかし軽いですね〜。400g大→200g大は・・・
精度に腕がついていくかな〜
前回の射場でのサイトチェックは、tasco TITANだったし・・・
kanaya 拝

12976(2021/10/21 17:08)肝に銘じます。 from kanaya
ありがとうございます。
富くじも蹴鞠くじもハズレしか引けない男なので、超高級品には一生縁が無いでしょう。
間違って当たっても、買わずにおきます。
kanaya 拝

12975(2021/10/21 15:19)一生物を謳うものは・・・ from HIRO
高級=クリスタルガラスや蛍石を多用=とっても重い

・・・ので、モデル7のように、軽量であることが最大の利点であるご愛銃に載せると、下より上の方が重たくなって、とっても撃ち難く扱い辛い鉄砲になってしまいますよ。

なので、万一宝くじに当たったりしたも、決して買わないのが吉です。
万一に備えて、ご記憶されておいて下さい。

12974(2021/10/21 07:13)玩具かな・・・ from kanaya
HIROさん、ご無沙汰しております。
今猟期の玩具??として、
tasco TITAN 1.5-6x42mmを2本買い入れてみました。
1本は手元にあり、一本は出荷待ちです。
あまりに買い集めるもので、猟隊ではスコープ中毒と揶揄されっぱなしです。
致し方なく、ブッシュの3-9x56mmとタスコの2-7x32mmは、後進に譲渡しました。
以前、探し続けている2.5倍固定の出物には行き当たりません。
そんなおり、リュウポのVXU1-4x20mmを一時預かりすることとなりました。
先輩曰く、咄嗟の狙いにくさ?を訴えられたので近い倍率のVX-Freedom 1.5-4x20mm
のMOA-Ringを紹介し即購入されたので、評価中は一時小生の預かりとなりました。
また、戻す可能性もありそうですので・・・
師匠と弟子で、争うようにスコープを買い入れるので四囲には払い出し???
を期待される方も少なくないようでして、問い合わせも時折ある昨今です。
一生物を歌う高級な品は買えないので、中古品を故障すれば捨てて取り替えと割り切って
常用域と少し遠くを覗けるスコープを玩具と割り切って集めています。
妻には、処分すると値打ちが付く品があるのか???と聞かれっぱなしですが
小生が使えなくなったには、不要品として捨てたら良いと遺言してあります。
そんな、玩具に囲まれている時が一時の幸せな時間となりました。
kanaya 拝

12973(2021/08/17 12:00)くれぐれもご注意を from kanaya
前略、
まもなく、今年度の猟期を迎えますが、違反や事故がない事を祈るばかりです。
以下、貴重な体験談を公開していただいております。
他山の石とし、襟を正したいと思うところです。
https://jimny4life.com/?p=2556
kanaya拝

12971(2021/03/13 08:37)雑感・・・・ from kanaya
総務省のHPは、拝見しておりました。
どうも、バッチや圧力団体がむりくりにネジ込んだ気もしますが・・・・
餌を捲いておいて、一括りなんてことはないのかな・・・・・
あくまでも、運用はアマ無線の運用ルールに従わなければならないとあります。
毎度の事ながら・・・
「あくまでも現時点での一般的な考え方等を示すものであり、個別事案に対する考え方等は、
当該事案における事実関係を前提にし、事案ごとに法令の趣旨を踏まえて実質的に判断されるものであることに御留意ください。
本資料における記載は、すべてを網羅的に記載したものではなく、
将来における総務省の考え方等や解釈を保証するものではありません。」
との記述があります。、銃の取り扱い(保管義務)の例示に見かけたような・・・・
小生の所属団体は、制約なく使えるデジタル簡易無線の運用を続ける事としています。
総務省の例示にも、デシタル簡易無線使用の推奨文言が何度も登場しますね〜
こいつは、定期的にメーカーIDと製造noを送出しております。特定は容易です。
猟隊でアマ無線利用者は、従免を受け開局しておりますが、現況はほぼ受信機状態です。
過去には、取り締まりにおいてマイクが無くてもアウトになった事例もありました。
また、従免と局免の不備や運用の齟齬から、鉄砲の所持に不利益を受ける事になった事例も〜
猟隊のデジタル簡易局は、個別でなく包括免許で許可を受けているのでなにかと簡便です。
くくり罠の形状にも変更があるかも知れません????カモシカやらクマやら・・人の事故がありました。
kanaya 拝
資料
こちらも、総通が無線利用機器のテストをおこなっております。
周波数や出力において、国内では使用が認められず、違法行為になるものありますから、ご注意を
OC3000テスト
https://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/monitoring/illegal/result/h29/125.pdf
Astoro320/T5テスト
https://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/monitoring/illegal/result/r01/043.pdf
Astoro430/T5テスト
https://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/monitoring/illegal/result/r01/044.pdf
お問い合わせは、総合通信局へ願います。小生ではお答えしようがありません。あしからず
適正利用者を保護するためにも、不法無線局や不正使用を見つけられた時は、速やかに通報をお願いいたします。
http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/ama_social_contribution/index.htm

12970(2021/03/12 21:12)有害鳥獣対策でアマチュア無線が使用可能に from kana
なったようですね。

詳細は総務省のホームページを参照してください。

12969(2021/02/22 14:35)早く from HIRO
日本に入って来ると良いですね。

12968(2021/02/20 15:06)ラプア薬莢 from kumatsu
lapua社のHPのラインナップに、300WinMagがのってきましたね。
早速業者さんにあたってもらってます。
https://www.lapua.com/reloading-components/cases/

12967(2021/02/20 10:04)ぎょぎょっっっ(゜O゜) from HIRO
この資材難のご時世に、廃棄処分とは、超勿体無や勿体無や(-_-;)

せめて、本人に返して再組み立て可にしておけば良いのに・・・
ポジション競技の方々にも、薬莢の使用回数とかまで、厳格に管理してる方も多いのに・・・

まぁ、お役人様の、(庶民の)常識・実情・実態・まるで無視は、今始まったことでは有りませんが(-_-;)

今回の改正が、大口径ライフルにまで拡大適用されることが無いことを、祈るばかりです。。。

12966(2021/02/18 21:01)審判に従事する者による実包分解検査 from kanaya
実包分解に関して、情報提供を受けました。
審判に従事する者による実包分解検査について、省令が出ていたそうです。
火薬類取締法施行規則の一部を改正する省令について
(オリンピック競技大会の課題への対処等)
現在、射撃競技においては、審判に従事する者が実包を分解し、不正がないかを検査すること・・・
当該行為は、火薬類取締法における製造行為に該当するものであるが、・・
(参考)審判に従事する者による実包分解検査の概要
審判に従事する者は、選手等から検査に必要な数の実包を抜き取り、分解した上で、弾丸の
重量が規定値内であるかを検査。分解後に残る火薬や雷管は廃棄処分。
だそうです。
知らなかった・・・
www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/law/files/20200121.pdf
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/law/files/20200121.pdf

12965(2021/02/18 20:01)あちらを立てればこちらが立たず! from kumatsu
HIROさま
難しいものですね。
当面は、心眼と着弾目測を鍛えることにします。
鍛え方があれば、、ですけど。。。

12964(2021/02/17 19:14)Marchはとっても重いから from HIRO
軽めに作られたハンティングライフルに載せると、頭が重くて、とっても撃ち難いですよ==>kumatsuさんへ、

Marchから、300g台でアイリリーフ少し長目のスコープが出たら、私も飛び付くと思いますが、今の重さとアイリリーフですと、選択候補外なのです。

12963(2021/02/16 20:49)京の五条の橋の上! from kumatsu
kanayaさま
一瞬、kanaya様が武蔵坊弁慶に映りました。背中に7つ道具ならぬ7丁の銃!
女装した獲物が八艘飛びで消えていくとか。。。
いっそ、心眼を鍛えますか?
って、危な!一瞬、目を瞑って撃ってました。

!!!我にかえります。

権威ある諸先輩方の板に、このようなアホな妄想を書き込んでしまい恐縮です。
これも、妄想沼に取り憑かれた若輩者とお笑いください!!!

でも楽しい。
今宵も、そろそろ成仏します。

合掌!

12962(2021/02/16 07:04)小生の悪夢・・・ from kanaya
10年ほど前の悪夢
獲物に向かって所持する銃のすべてを持ち出して撃ちかける夢をみました。
25口径PPC→410G→12G(二連→ポンプ→自動)→260rem→308win
*260rem→308winは銃身交換とな
しかし、すべての銃を使い弾を撃ちつくしても、獲物を仕留められず落胆したシーンでめざめました。
その獲物は、とうとう姿を現しませんでした。・・・・・
その後、何丁かの銃は恋われて小生の手元を離れることとなりました。
決して、その悪夢のせいではありません!!何かの祟りなんてこともありません!!
最近といえば、
手持ちのスコープで撃つと
一発でレチクルが飛んだり、カバーを外すと結露、リングが破損していて猟場でスコープが無い・・・
故障するたびに、手持ちのスコープを持ち出して取り替えるも、故障と破損の連続・・・
とうとう、手持ちのスコープが無くなって・・・・
最終手段、照星・照門で撃とうとすると、銃身には何も無い・・・・
という悪夢を見た事があります。
今だありもしない夢を見る、未熟ものです。
kanaya 拝

12961(2021/02/15 21:08)気絶しそうです! from kumatsu
HIROさま、kanayaさま
スコープ沼もありましたね。窒息間違いなしです。
流石に違う倍率のスコープを持ち歩くことまで考えていませんでしたが、日々異なる猟野に同じライフルをお供にすることを考えての、脱着式でした。300mグルーピング5cmでも実用では。。。。とのご指摘。。。沼です。
また、スコープ2段とかライフル2丁持って歩くなど、、、考えは及びませんでしたが、、、考えただけでも気絶します。
一本で、広範囲の倍率となるとMarchが視野に入るのですが、まだまだ駆け出しの私には高嶺の花というか、山で傷だらけにしてしまう勇気もなく。
現有戦力でなんとかするために自分の技術を磨くとすると、着弾位置をスコープ越しに常に目で追えれば2ー3発のうちには修正できるのではと思いつつ、反動で目線がずれるので着弾位置まで確認できることはなく、、、朧げに見えている記憶もあるのですが、未だ実用できておらず。
やはり、どこもかしこも沼だらけ。一番安価な技術を磨くにも弾数が、、、。
悩み多き年頃でした。
合掌!

12960(2021/02/14 18:12)ほんに、悩ましい from kanaya
HIROさん、
ほんに、スコープ選びは悩ましく限りがなさそうですね。
対物口径が大きいものが必ずしも明るく感じる訳でもない??
同じメーカーで、対物・接眼の異なるスコープを覗て??
同じズーム比でも、対物や接眼の口径の組み合わせによって??
胴径が1インチだから、30ミリだから・・・・の蘊蓄・・・・
瞳径が、なんとか?かんとか?の蘊蓄を引き出しから出してみたり・・・
全長が何cm・、アイレリーフが何cm
いずれの不足感も、小生の猟場で感じる感覚で数値化されたものではないのですが・・
特に猟場で、薄暗い植林の中の獲物を想定して覗いて見ると不足を感じるものです。
手元に、固定・ズームを含めて10パターンほどのスコープが控えているばかりに、
ついつい、もっと見やすいものがあるのでは???と付け替えて猟場に持ち出して見るものの、
結局は覗いてみて、もう少し明るく・軽くならないか?倍率が高すぎる?・・・・
とまたなにかしらの不足感に捕らわれてしまうのです。
背嚢にスコープを忍ばせて歩き、猟場に並べて最適そうなモノを取り付けて試すのは?
なんて乱暴な事を考えたりしたことあります。弁慶よろしく何本も・・・・
スコープリングだけで、高級スコープが買える事になるでしょうが・・・・・・
常用のレンジは決まっていて最適な倍率はあるばすなのに、ついつい浮気してしまうのです。
今だ、迷いのなかで自分使いの最適と思われる一本を探し求めています。
本当は、一本に決めて探求しないといけないのでしょうが、迷い道を楽しんでいるかのような、
未熟で浮気ものです。
kanaya 拝

12959(2021/02/13 11:42)こんな時ついつい思い浮かべるのは from HIRO
超背が高いマウントベースに穴が開いていて、オープンサイトと併用出来る製品に習って、高&低倍率の二階建てスコープ・・・ですが、それだと頭が重過ぎて、とっても撃ち難い鉄砲になるだろうし・・・かと言って、近射専用のライフルと遠射専用のライフルを何時も二丁担いで歩く、、、のも、肩凄く凝りそうだし・・・そんな時に思い付いて試してみたのが#12955の、スコープだけ都度付け替えればどうヨっっっ だったんですが、グルーピング5cmクラスのライフルでも300mが実用限界との結果に、遠近両用だと、解像度が悪いのを我慢してでも、やっぱりズームになるのかなぁ・・・それともやっぱり、肩が超凝るのを我慢してでも、近く専用ライフルと遠く専用ライフルの二丁担ぎかなぁ・・・

辺りを、私自身も堂々巡りしておりますので、この難問の解決は、なかなか難解です。。。

12958(2021/02/11 21:24)了解です。 from kumatsu
HIROさま
実用に向けて、不確定要素をひとつづつ削っていきます。
引き続き、ご教示くださいませ。

12957(2021/02/10 12:14)猟場での興奮状態も加味すると from HIRO
私なら、300mで7cmグループの銃のスコープを、脱着しながらでは使わないと思います。

私の個人的経験則からは、射場でのグルーピングが10cmを越える距離では、猟場だと、落ち着いて撃ったつもりでも、お恥ずかしながら外すことが多いからです。
素グループ7cmにスコープ脱着4cmを足したら10cmを僅かですが、越えちゃいますからね・・・

下記の限界という言葉は、腕が良ければ何とかギリギリ当てられる距離・無理が有るという言葉は、マグレでも滅多に当たらない距離と読み取って頂けますと、丁度良いかと思います。

限界≠実用可

ですので、悪しからずです。

12956(2021/02/10 07:21)!!!!! from kumatsu
HIROさま
わかりやすく、かつ貴重な資料ありがとうござます。
300mくらいなら最低でも7cmグルーピングになっていれば、着脱式で実用可ということですね。
いやはや、現状は300mで20cm程度。ふう。。。銃か、弾か、撃ち方か、、まだまだ修行が必要ですね。春になって射場が相手からの目標が定まりました。
今後とも、引き続きご教示いただければ幸いです。

12955(2021/02/09 13:26)300〜500m辺りですと from HIRO
丁度良い資料が有りますので、ご紹介します。

下の写真は、私が過去に、300mの距離にて、リューポルドのQRWリングで載せたスコープを、1発撃つ毎に、外したり付けたりしながら、5発撃ってみた時の標的です。
使用装弾(6mmPPCベンチレスト仕様)の300mでのグルーピングを差し引くと、スコープの脱着による影響は、上下左右に1/2MOAを少し切るくらいというところでしょうか。

リューポルドのクイックリリースですと、左右の位置決めがQRWよりも甘いので、これよりも若干、左右の纏まりは悪くなるものと思われますが、300m程度の距離でしたら、スコープの脱着による誤差だけならば、大物の心臓を外すほどの悪影響は無いと言えるかと思います。

500mならばどうか?というと、スコープ脱着の場合は、幾何学的なズレですから、上記の結果に、そのまま5/3を掛けたくらいですから、上下左右に7cm程度のズレと予想され、頭は無理でも、心臓・肺・レバーの何処かならば、スコープの脱着による誤差が原因で外れることは無さそうなところかと思われます。
むしろ、装弾自体のグルーピングが、幾何学的では無く二次関数的に拡がることの方が、狩猟用装弾に狩猟用弾頭を付けて撃つ場合には、この距離での命中率に、大きく影響しそうです。
ただし、最終的なグルーピングは、装弾そのもののグルーピングとスコープ脱着による影響の合計になりますから、良く当たる銃と装弾(猟用ですと300mで5cmグルーピングくらい?)でも、大物のハートラングエリア狙いですと、500m辺りが、スコープを脱着しながら撃つ場合の、限界かも?と思います。
300mで7cm程度のグルーピングの銃ですと、500mで両方足したら25〜30cmくらいに拡がりそうですから、スコープ脱着しながらだと、ちょっと無理が有るかな?というところでしょうか。



今までの話を纏めますと、凄く良く当たる銃でハートラングエリアを狙うならば、スコープを脱着しながらでも、500mまでなら実用可能ですが、普通の銃ならば、300m辺りが、そのような使い方の限界になりそうですし、お肉の収穫目的で頭撃ち専門の方には、スコープの脱着は、如何なる距離でもお勧めできなさそうです。

12954(2021/02/08 22:32)緊張するご質問ですね! from kumatsu
HIROさま
これは慎重にお答えせねばなりますまい。と、その前に言い訳を並べなくては。。。
ようやく沼の水際まで来たど素人ということで、ご理解ください。
R&S室でもお話しさせていただきましたが、うちの巻狩では100m前後の射程が最も多く、この距離は自信持って撃てるようになっており、一応、近射とし、スコープも3−3.5倍で撃っています。
近年、単独猟などで200−300mでの射撃機会が多くなっており、この距離で確実に止めるのが当面の目標となっています。そういう意味では現段階で遠射ではありますが、じっくり狙える状況でない限り、この距離でも3−3.5倍から動かすことはありませんし、スコープを覗いた印象とばらつきや着弾のイメージが固まってくれば間もなく近射と言えるようになりたいと思っています。
今のところ、全く想像すらできないのはそれ以上、例えば500mくらいで正直現段階で想像もできませんが、今の自分としては間違いなく遠射になります。

ずいぶん言い訳がましい表現になりましたが、イメージは伝わっりますか? 語彙の正確さがないかもしれません。
ちなみに現在装着しているマウントとリングは、リュウポルドのクイックリリースマウントです。

12953(2021/02/06 10:32)スコープと言っても猟用の話題なので from HIRO
こちらで続けます。

kumatsuさんにとっての遠射とは、ズバリ、どのくらいの距離ですか?

それに依って、ワンタッチ着脱式のベース&リングセットが使えるか否かが変わりますので、宜しければ、お答え下さいませです。

12952(2021/02/06 10:05)違法品の横行 from kanaya
外国製のGPS首輪は、日本国内で割り当ての無い周波数であったり、大出力の可能性があります。
販売・修理をされておられた方が検挙の報道以降は、公に販売している販売サイトは、
表からは姿を消した??と思われますが?今だ、オークションで販売が続けられております。
販売者には、電波法違反の処罰が及ばない???、確信犯てきな行為だと思われます。
動画サイトにも、違法品がはっきり映り込んでいる動画もいまだ散見されます。
総務省のHPに商品を買い上げてテストした資料がありますが、技術基準不適合品です。
最近、新たに販売事業者等に義務づけられた項目もあります。
「技術基準不適合無線機器の流通抑止のためのガイドライン」
後進のためにも、猟に親しむ多くの方々のためにも適法品を使っていただきたいものです。
小生の猟隊は、適法品の発売と同時に首輪は猟犬の数、親機は勢子の数+α購入しました。
無線機は、必要分簡易デジタルに入れ替えました。
銃の法律以外にも、注意を払いながら後進の育成にむけて微力ながら取り組んでいる昨今です。
その結果の猟果や成果は、小生に聞かないのがお約束です。
kanaya 拝
電波法に違反した無線従事者に対して行政処分
https://www.hamlife.jp/2019/04/26/huhou-musenkyoku-torishimari-832/
無線設備試買テスト
https://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/illegal/result/
技術基準不適合無線機器の流通抑止のためのガイドライン
https://www.soumu.go.jp/main_content/000723130.pdf

12951(2021/02/06 08:30)生き物と一緒って、大変ですよね。 from kumatsu
kanayaさま
楽しいですけど。我が家はみんな動物好きで、今の子をもらってこようと言い出したのも家内でしたので、条件には恵まれています。泊まり旅行もどちらかが残るか、一緒に出るとすればペット同伴宿かキャンプ場です。これはこれで楽しいものです。
迷子のセッターの前は、ジャーマンシェパードでした。もちろん、猟には連れて行きませんでしたが、大きい割にいうことを聞いてくれたので安心でした。今の子とは、まずはコミュニケーションがどこまで取れるかが鍵になりそうですが、先輩方から少しでもコツなりきっかけになるような情報をいただけたらと思っている次第です。国産GPSも入手しましたが(ガーミン製は緊急無線の邪魔するらしいので)、呼び戻す自信がないのでフリーに出来ていません。いずれ、気長にやっておりますし、猟でモノにならなくてもすでに立派な家族の一員ですので。いや、犬には前主人と猟していたかもしれないとすると、むしろ私の方がモノになってないのかな。修行あるのみですな。犬も、実りょうも、ライフルも。。。気がつけば、沼ばかり。。。

今後とも、様々な話題をご提供いただければ、勉強になりますです。

12950(2021/02/05 22:02)小生もセッターから入門しました。 from kanaya
実は、小生も最初の犬は、縁あって譲り受けたセッターでした。
当時は、四つ足猟のメンバーには、新人はなかなか入れてもらえない状況でした。
犬なし猟師でしたので、鴨撃ち、ヒヨドリなどの飛ぶ獲物狙いで手探りの猟でした。
近場の付き場へは早朝の鴨撃ちが日課だったりしました。週末は堤やため池巡り
弾数も随分使って、無許可では足りなくて許可を受けて装弾を買った事がつい先日のようです。
その後、見かねた先輩からセッターを借り受けて、キジ・山鳥猟へと挑戦しました。
そのセッターは、年齢も解らずでしたが、毎年解禁日にはキジを授けてくれました。
ただ、ゲージのニワトリを丸裸にしたり、一山越えて警察に保護されたりしました。
何度かお詫びにいったことも懐かしいです。
親方が変わっても、脈々と生き続ける猟犬の血がそうさせるのでしょうか???
さほど扱いづらい事はなかった記憶です。
迷子??になっても、自宅に帰り着いておりました。
楽しく、猟を続けられると思っておりましたが、別れが突然訪れました。
幼かった娘が随分と世話をしてくれましたが、散歩の途中で喀血して亡くなりました。
以後、ビーグルmix、四国犬、四国犬+日向犬と現在2頭の犬と暮らしております。
仕込みも、誰かについて学んだわけではありません。我流です。
毎週のように、裏山や近場への猟に同行して日がな一日、猟果が無くとも無事を良しとして過ごしました。
その途中には、国産初の適法猟犬用発信器やGPS発信器のテストの機会にも恵まれました。
今では、同い年ぐらいになったであろう四国犬の雄と、元気一杯の日向犬の雌と猟を楽しんでおります。
四国犬は、若い時は随分と勇敢でクマにも引かないで大けがを何度か経験しました。
イノシシも大型のものを何度か止めていてくれて獲らせてくれました。
今は、日向犬への教育も済んだのか?お年のせいなのか?小生の足下近くの検索中心で
遠距離への追跡や、広範囲の探索は若い娘さん(日向犬)に任せたようです。
娘さんのほうは、随分とヤンチャなようで、この年になると遊んでやるのが辛いです。
犬を飼いだしてからは、外泊もままならず、退職したのに妻と一泊の旅行にも行けずに数年。
田舎といえども、なかなか猟犬を飼って仕込むと言う後輩が出てきません。
先輩方は、もはや仕込みは無理とのことで後を託されてしまって・・・・
銃の悩みもさりとて、生き物の悩みはもっと深刻です。
kanaya 拝

12949(2021/02/05 21:22)ライフル&スラッグ射撃談話室から from kumatsu
表題談話室、11017、11018から移ってきました。猟犬についての話題になります。スコープの話題に割り込むようで恐縮です。

kanayaさま
ラ&ス部屋11017での仔細な御助言ありがとうございます。犬を猟野に放つのは様々なリスクが伴います。ご心配には全く同感であります。
私の仲間での熊猟は巻狩りが主体ですので、犬は連れていきません。単独での忍び猟では犬を連れて行く人もいますが、仕込んで無いのであまり役には立っていないでしょう。鴨猟で回収用に連れて行く人はいますが。
我が家には保健所から譲り受けた迷い犬(おそらくセッター)と猫2匹がおりますが、猫を獲物と考えている我が家のセッターくん(おそらく7−8歳)を、これから仕込めるものか思案しております。周囲は山ばかりで近所迷惑の心配もなく、お恥ずかしながら私には獣医師免許がありまして(ヤブでクマ専門なんですが)。セッターくんはお年のせいかおもちゃや「もってこい(回収)」には全く興味を示さず、スイッチが入るとどこまでも追いかけて(車でも)、帰って来れなくなりそうです(前科1犯、警察に1泊)。さてどうしたものかと。なんて。

スコープ倍率の話題がありましたので、私も少しだけ。
私の猟場でクマ専門にやる場合には、以前は3−9倍でした。今はもう少し遠目も意識して、3.5−12倍をつけております。が、実際の猟では、巻狩では常に最低倍率(3とか3.5倍)からあげたことはありません。単独猟でじっくり狙うときだけ、倍率上げてます。
一方で、他県での猪猟に参加させていただいた時は、当初、12G自動銃でオープンサイトで仕留めましたが、ライフルでは1.2−6倍を採用しました。走っている獲物への近射には3倍でも辛いと言われまして。結果、あまり遠射には良く無いのでしょうけど、リューポルどの脱着式マウントで使い分けようとしている今日この頃です。本当は、ライフルごと分けないといけないんでしょうねえ。。。

12948(2021/01/14 16:04)解説ありがとうございます。 from kanaya
なるほど、諺「帯に短したすきに長し」だったんですね。
以後、4倍固定スコープには札を入れずにおきます。
3倍固定以下を狙ってみますが、市場の玉数が少ないのとマニア??同士の
競りあいが常で格安入手といかないのが困りものなんです。
そういえば、4倍固定は市場での玉数が比較的豊富ですね。
原因は、ここにあるんだとと改めて知ったしだいです。
調べてみると、何本か競り落とした実績がありました。
4倍固定の在庫処分も考えてみます。引き合いは複数聞いておりますので・・
在庫数が常時15本を超えていて、もはや玩具やさん状態です。
異な、小生に言わせれば大人のロマンの詰まったオモチャ箱です。
ついでに、壊れモノだから予備が無いといけません。
いずれにしても、半分以上は負け惜しみですが・・・
kanaya 拝

12947(2021/01/14 10:05)ライフル銃の用途毎に from HIRO
倍率というのは、とっても重要なんです。

至近距離のスナップショット用ならば、個人差も有りますが、3倍が高い方の限界かと・・・

4Xだと、50〜200mで、座ってじっくり狙う用と思いますが、スコープ可な射撃競技ならバッチリだけど、こと狩猟となると、最も機会の少ないシチュエーションかと思われます。(そんな距離で足元固めてじっくり狙い込んでたら、獲物が逃げちゃう距離だから、、、)

猟だと、じっくり狙うならば、300m以上離れてる必要が有るので、最低でも6Xは必要と思われ、、、そうなると、4Xは、猟用としては最も出番が少ない倍率になりそうです。

12946(2021/01/13 18:07)ご明察 from kanaya
HIROさんさん、ご明察ご指摘のとおりでした。
本日、取り急ぎの出動依頼で山へ犬を引きました。
これ幸いと、4X固定で何度か獲物を想定して付けて見ましたが・・・
一瞬に付けて撃つには、少しばかり使いずらそうに感じました。
小生の常用域の範囲で撃つには、煩わしい感じ・・・
手持ちで覗いた限りは、明るくて大きくて良い感じだったのにね。
やはり、猟場で合わせて見ないと選択を誤ります。
山を下りて、参加メンバーのお一人にお譲りするお話となりました。
買ってから、10日も手元にいなかった、スコープの数本め?となりました。
帰宅して、早速従前の2.5X固定に載せ替えロッカーへ収納しました。
今年は、春から欲に駆られて銭失い・・・
しかも、小生は、本日も撃つチャンスも無くて〜
でも犬は、仕事をしてメンバーに鹿を獲らせました。
kanaya 拝

12945(2021/01/11 18:32)取り付けてみます。 from kanaya
やはり、評価するには猟場で確認しないとね〜
手持ちで覗いているだけですので、一度銃に乗せていつもの猟場に持ち出して見ます。
2.5×固定と3×の固定にもリングを付けて常備してあるので、見にくければ戻します。
いつもの猟場で覗いて見て使いずらいようなら、後輩へ譲渡します。
払い下げ(無償)を期待して待っている人がいる状況?なので・・・
もう、何本譲ったことやら・・・・
今回のスコープは、最終いかがなります事やら・・・・
そういえば、乱視が少し進んだような感じ・・・・・検眼が必要かも??
光学機器よりも、小生の体の劣化がはるかに進んでいるようです。
しかし、経年劣化?が進みつつある肉体との戦いは最も難儀します。
kanaya 拝

12944(2021/01/11 13:46)その前に・・・ from HIRO
4X固定は、ナイスミドルの眼には、あまり馴染まないでは
12943(2021/01/10 18:53)スコープのレチクル from kanaya
諸兄、今年もよろしくお願い申し上げます。
さて、新規に手に入れた、HAKKOの4x40を覗いて・・・・、ふと妄想が・・・
レチクルの真ん中は、手持ち同様の細いものなのですが、外側が手持ちには無い、極太???
サイズのレチクル仕様でした。
そのスコープには、対物側に、4X40_HUNTERと銘記されている品です。
覗いてみると、眼と胴鏡にズレが出ると極太レチクルがキラリと反射するように見えます?
思うに、咄嗟にサイトインしなければならない、狩猟の場合スコープと目線のズレがわかり
修正しやすそうです。???
ただ、残念なことに、本来の仕様である中央のレチクルの発光システムは故障(破損)しておりました。
中古の値段なりと諦めましたが、なんとか用途を見いだそうと何度も覗いており妄想にとらわれて・・・。
レンズには曇りは無いようですし、対物、接眼とも40mmあるので明るさは申し分ありません。
防曇性は、一桁気温の外から室内や車内に何度出し入れしても曇りは見られないので、ほぼ良好と判断。
あとは、猟場でテストしてみたいものの、最近獲物に恵まれておりません。
kanaya 拝
接眼部も、40mmあるのでボルトとの干渉がありえそうにも・・・・
取り付け位置に問題が出るかも・・・
手持ちのリングで取り付け高さがでるかな〜

12942(2020/09/08 06:09)路上発砲の定義について from kimio
違反の件了解しました。ありがとうございました。

12941(2020/09/06 11:43)ちなみに公安委員会の発砲許可証には from HIRO
それが必要な場合には、ちゃんと「公道」の記載もされますから、そういう記載の有る発砲許可証が発効されて、手元に実物が届いた後でしたら、堂々と出動されて下さい。

それが手元に届く前ですと、目の前で小学生が熊に齧られていようと、そのお母さんやお巡りさんが撃って撃ってと懇願しようとも、公道上での発砲は、違反になりますので、ご注意下さい。
駆除隊からの出動要請などは、何の免罪符にもならないことに、留意が必要です。

もちろん、後で許可の取消しになる覚悟が有るならば、人命を尊重するという選択も、有るとは思いますが・・・

12940(2020/09/05 12:38)公道上からの発砲 from Farfadet
公道上に車両があり、その車両からの発砲となりますので違反です。安全か否かは関係ありません。
また、ご質問のケースではバケット上で銃の覆いを取った時点で違反です。

12939(2020/09/04 20:04)北海道での事例を教訓にすれば from HIRO
如何なる時(死傷者が出ていても)に如何なる組織(地元の警察署を含む)の要請が有っても、公安委員会の発砲許可証が発効されていない場合には、通常時に銃の発砲が違反になる場所(駆除許可に記載の無い場所・時間など)では、決して発砲はすべきでないし、その場に銃の携帯も、して行くべきでは無いし、銃を携帯しなければ怖くて出動出来ないような場合には、出動も断るべきと思います。

次に出動の要請が有った場合には、必ず、公安委員会の発砲許可証の発効を、時前に求めるようにし、許可証の実物が手元に届いてから出動するのが、無難な選択と思います。

12938(2020/09/04 18:56)路上発砲の定義について from kimio
先輩諸兄の見解を賜りたく投稿させていただきます。当方、業務上トラック架装式
の高所作業車(地上高14,5m)を所有していますが、そのバケット上からの発砲は路上発砲との指摘を受けないかとのことです。本日、警察から車がクマにぶつかって付近に潜んでいるとかもしれないとのことで、駆除隊から出動要請を受けました。現場は雑木伐採跡地で雑草が繁茂している約2反歩位の平坦地でしたので、高所作業車で上から見ればよく見えると考えて、現場の林道へ設置して銃を持って
バケット上から待ちをしました。結局クマは逃走していなかったのですが、そこで
発砲すると路上発砲との指摘を受けないかとの不安です。しかし、平地から発砲
するよりはよほど安全と思います。やらないことに越したことはありませんが、
当地ではデントコーンがクマとイノシシ、サルに荒らされて作付け者が困っている
状況です。電気柵も実施していますが、その中にも入ってきます。北海道の駆除の
ライフル取り消しの件もありましたので、参考までに諸兄の見解をお願いします。

12937(2020/08/15 09:59)そのとおり from HIRO
主に近くを走る獲物を撃つとき、ナイスミドルハンターには、2.5倍前後の固定倍スコープが、何といっても一番なんです。

この事に、多くのナイスミドルハンターに気付いて頂いて、国産一流スコープにも、同仕様のスコープが作られるようになったら良いのにな・・・と、常々思うのですが・・・

12936(2020/08/15 06:09)3倍以下かな・・ from kanaya
HIROさん
いろいろと中古スコープを買い入れて、小生の眼と合わせようとしていますが、
どうも、3倍以下の固定倍率と相性が良さそうです。
4倍だと、どうにも見にくいこの頃です。老眼か乱視がすすんでいるようで・・?
加齢に伴う視力の衰えと戦いつつ・・・相棒(スコープ)捜しです。
ラ○○光機のOEMやODMとされる、低倍率の中古品を市場で探したり
廃業されたH社のx2.5.X3を買い入れ、旧T社のx2.5固定に触手を伸ばしております。
ご指導のとおり、壊れたら、廃棄の覚悟を持って・・・・
kanaya 拝

12935(2020/08/13 05:23)日照不足と長雨で・・・酷暑 from kanaya
当地でも、日照不足と長雨のせいで農作物に影響が出ていると聞き及びます。
スイカ、メロンなど路地栽培の糖度が上がりにくいとか・・・・
水稲も圃場が乾かないままで・・・・・、酷暑で農作業ははかどらず。
まもなく刈り取りを迎えます。
そんな中、防護柵を破って侵入する・・・
足の短い四つ足の動物が、圃場を荒らし始めました。足の長い角のある動物もうろうろしています。
動物の世界にも変化が起きているのでしょうか・・・・
まもなく、狩猟登録をむかえますが・・・・・
山の下草類は、未だ回復していないようですし・・・・
去年よりも荒れていて、寝屋や待場(タツ)も変わりそうです。
kanaya 拝

12934(2020/08/12 11:39)ほんに暑いですね〜 from HIRO
夏って、こんなに暑かったでしたっけ?

災害にならない程度の雨が欲しい、今日このごろですが・・・

12933(2020/08/11 05:24)酷暑お見舞い from kanaya
諸兄、酷暑お見舞い申し上げます。
新たなウイルスとの戦いに酷暑や天災など、心配ごとが続きますが
ご自愛くださいませ。
kanaya 拝

12932(2020/07/10 10:09)到着しました。 from kanaya
Barnes TSX TIP 6.5mmの弾頭が到着しました。
改めて、お店のHP見てみると、人気の品には品切れの恐れがあるようです。
猟期前で品切れになると・・・・・
弾頭は、予算が許す限り買い入れておくのが良さそうですね。期限も数量制限なしですし
TSX・TTSXに合う、火薬も買い入れておかなればなりませんね。
常用のSierra用の火薬は買い置きがありますが、TSX・TTSX対応はありません。
その時で良いと思いこんでおりましたが、火薬の価格も随分上がっていました。
とりあえず、一瓶?だけでも発注しておきたいと思います。
ご報告まで
kanaya 拝
近場のお店に問い合わすと、4350の在庫があるとのことでしたので予約しました。
昔ほど沢山の種類の火薬が輸入されていないようで、欠品や入荷未定の品番があるようです。
こだわりがあるなら、買い置きして欲しいとの事でした。

12931(2020/07/09 18:39)こちらは、未着です。 from kanaya
安心しました。
小生の品物は、発送されているようですが、未着です。
HIROさんに間違いなく届いたと聞いて、一抹の不安が解消されました。
現品を確認できたら、在庫が切れる前に追加注文するほうが幸せかもしれませんね。
希望の時に希望の品を入手というのか?在庫がたいていの銃砲店にあった時代は戻ってこないようですね。
パーツ類も市場に少ないようですし、値段も随分上がってしまって高嶺の花となりました。
彼の地の規制も緩むことは、願っても叶わないでしょうね。
品物があれば、迷わず買い入れるのが吉なんでしょうね。
kanaya 拝

12930(2020/07/09 12:50)Barnes TSX TIP from HIRO
の日本語商品名のお店に、私も一か八か、次の猟期用の弾頭を発注してみましたら、ちゃんと、Tipped Triple-Shock X が届きましたよ==>kanayaさんへ、

とり急ぎ、ご報告まで。

12929(2020/07/08 20:32)次は狙いを外さない・・・ from kanaya
次は狙いを、2.5x20狙います。
とりあえず、国産H×××Oの2.5x32と3x32にリングを取り付けました。
元に戻して、一件落着としました。
しかし、素人調べでは
FXUはVXUと同等なぞとの、海外の記述も見かけたもので・・・・
ほとんどのボルトライフルに載せられる・・・・
強反動のライフルに取り付けられる。
美辞麗句の歌い文句にほだされて、盲目的にクリックしていました。
浅学非才の悲しい性です。
未だ素人の域から出られずにおります。
kanaya 拝

12928(2020/07/08 17:02)やっぱり from HIRO
SCOUTに間違い無かったのですね。

詳しくない人が、2.5x20を2.5x28と書き間違ってたのなら、最高だったところですが・・・

12927(2020/07/08 10:37)あいや〜U from kanaya
LEUPOLD FX-U 2.5×28mmは、HIROさんご明察でした。
EGWのレールのある所まで一杯前に出しても・・・・
眼をバックさせないと・・・・・悪魔のリングが現れ・・
最悪の結果となりました。
恐ろしや〜、アイレリーフ9.3インチ・・
だれが使ってたんや〜、南無〜
kanaya 拝

12926(2020/07/08 05:17)あいや〜 from kanaya
HIROさん、Barnes TSX TIPを発注してしまいました。
お店の商品画像を見る限りは、Tipped Triple-Shock Xとケースに記述されていました。
慌てて、鉛弾+銅弾の在庫をみてみますと
Sierra P-H5個、Sierra GK 3個+TSX 6個ありました。
生涯撃ちきれそうも無い量になりそうです。・・・・
HornadyのGMXまで届くには、あの世が先か??・・・評価のスキルも無いしね〜
単なる、品切れと聞くと脅迫観念からつい買い込む田舎猟師ですから・・・
kanaya 拝
追申
2.5倍スコープが到着しました。
たしかに、手にもって伸ばして見ないと・・・狙いにくい・・・
7に載せると?どこまで前にいくことやら・・・ベースが足るか・・
取り付けるのが怖い・・・・。使うのは憚られるか???

12925(2020/07/07 22:24)念のため from HIRO
私のお勧めは、Tipped-TSX です。
正式名称は、Tipped Triple-Shock X になります。

販売店によって、日本語訳が異なるみたいですので、ご購入の際には、間違われないように、ご注意くださいませです。

それから、T-TSXの前の世代のTSXは、青弾と比べると、飛躍的に性能が向上していますが、T-TSXになって、更に飛躍したので、先発のいいとこ取りを特許に触れない範囲を目標に作られたと思われるHornadyのGMXは、もしかしたら、TSXよりは高性能かも知れません。

余裕が有ったら、先人として使われてみては如何でしょうか?
使ってみて、具合が良かったら、教えて下さい\(^o^)

12924(2020/07/07 15:42)TTXを買い入れます。 from kanaya
HIROさんありがとうございます。
TTXを注文することにします。
6.5mmの弾頭も品薄だったのでTSXは買い入れましたが、
持ち合わせのない弾頭一品在庫したいと、国内在庫を探していたところ
2種類の弾頭在庫がありそうなので、選択に迷っておりました。
スコープに資金投下し過ぎたので、少しばかりの発注になりますが
お薦めのTTXを発注したいとオもいます。
銃関係の資材は、依然ある時でないと、価格上昇や入荷未定になりそうな雰囲気です。
kanaya 拝

12923(2020/07/07 15:16)TTSX弾頭は from HIRO
それが出る前に、普通の同弾→青色コーティングの銅弾→三本溝付きの銅弾→チップ付きTSXと、3回も全面改良されているのに対して、GMXはH社が始めて出す銅弾・・・私ならば、他の方の評価、特にTTSXとの比較が沢山出るまでは、TTSXを愛用すると思います。

でも、必要な時にGMXの方しか、国内在庫が無ければ、仕方なく買うかも知れません。

12922(2020/07/07 13:56)その節はよろしく。 from kanaya
その節は、アドバイスをよろしくお願いいたします。
餠は餅屋と昔の人は言いましたものね。
しばらくは温和しくしておきます。
さて、後進のサワーは未だ入荷の目処がたたないそうで・・・・
耳にしてから、はや半年ほど経ったのかな・・・・・
小生のお薦めはあったのにね〜お気の毒です。
ジュエルも随分お高くなったようです。
小生の260rem用の弾頭120grのお薦めはどちらでしょう。
Hornady GMX   120gr
Barnes TSX TIP 120gr
Barnes TSXは、5箱手持ちであります。
kanaya 拝

12921(2020/07/07 12:39)ご自身の目が利かなくても from HIRO
札を入れる前に、目が利く人に、一言相談してみる・・・という手も、安直ですが有りますヨ

12920(2020/07/07 11:43)留意します。 from kanaya
了解いたしました。
許可にならない。短い銃身に取り付ける設計のものもあるようですね。
今回の品は、とりあえず到着次第取り付けてみて処分を考えてみます。
飛○が運んでくれて居るので、明日には届けてくれると思います。
シリカゲル入りの密封ケースに、在庫と共に保管しておくこととします。
今回も言い訳は、
ひとつ勉強することが出来た。授業料だよ。としておきます。
残念・無念。そういえば二昔前某氏に
「目利きが出来ない者は手を出すべき世界ではない。」と言われたものです。
kanaya 拝

12919(2020/07/07 11:08)スコープの用途もいろいろ from HIRO
SCOUT以外にも、片手で持って、その手を真っ直ぐ伸ばして撃つタイプの銃向けには、低倍率固定のものが多いので、間違って買われないように、ご注意下さいませです。

12918(2020/07/06 12:24)げげ・・、失敗でしたか?? from kanaya
あいや〜、アイリリーフが長過ぎましたか・・・
長ければ、使い回しが良いはず。と思いこんでおりました。
時間をかけて探して、思い切って買い込んだんですが・・・またもや失策。
手元のwin9410へ載せますか?・・・・取り付けベースがないけど?
そうすると、m7に載せ替え候補は手持ちの
国産元HaxxO社の、2.5倍か3倍・4倍に戻すか・・・・
一度も載せた事も無く、眺めただけの
LixxxT社OEM?、VaxxRブランドの4倍か・・・
LixxxT社OEM?、BuxxxxxxL社ブランドの低倍率ズームか・・
もはや、迷子の子羊状態に陥りました。
猟仲間で、レバーアクションライフルの所持者はお一人だけおられますが・・・
先般、LixxxT・suwaの刻印の4倍固定を進呈したばかりですし・・・・
自戒を込めて。眺めてみた上でしばらくはコレクション入りとします。
当面銃が買えないストレスから???・・・
国産OEMの噂があるスコープを買い集めてしまいました。
思い入れると、しばらくは止まらないのは暴走と揶揄されています。
kanaya 拝

12917(2020/07/06 10:07)SCOUT スコープは・・・ from HIRO
ボルトアクションのライフルに載せるには、アイリリーフが長過ぎかも?と思います。
そのスコープは、M94のように、排莢が真上方向にされるタイプでも使用可能なように、銃身の上に装着して、接岸部がエジェクションポートの前に来るように設計されているものですゆえ、、、取り付け方法の工夫で、上手く使えると良いのですが・・・

12916(2020/07/06 09:06)掘り出しモノか?? from kanaya
探し求めていた、LEUPOLDの固定倍率スコープを落札できました。
LEUPOLD FX-U 2.5×28mm
売りは、長いアイリリーフのようですが・・・・現品は・・・届いて見ないと
到着すると、現在固定倍率は
2.5倍2本、3倍1本、4倍2本の在庫となりました。
ズームは、○本あり。
在庫は、順次猟友へ譲渡しているので流動的ですが・・・・・
猟仲間曰く、一生使えるだろう。一本譲れ・・・・の声あまた
一時金の予算切れ、オーバーです。
当家の財務大臣からの、追加予算の見通しはたたず・・・
kanaya 拝

12915(2020/05/18 12:56)読めば読むほど from HIRO
ですね。。。

何れにしても、更新期間の開始が近い方は、即所轄に問い合わせた方が良さそうですね・・・

12914(2020/05/17 20:33)通達がでました。 from kanaya
警察庁より、通達が出ておりました。
新型コロナウイルス感染症対策 丁保発第126号
www.npa.go.jp/laws/notification/seian/hoan/20200512hoan.pdf
ですが、詳しくは所轄にてご確認ください。
kanaya 拝

12913(2019/12/31 16:58)ありがとうございました。 from kanaya
諸兄、今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
kanaya 拝

12912(2019/12/30 21:59)シャープシューティング from kanaya
kimioさま
ところによっては、シャープシューティング手法で捕獲されているところがあるようです。
駆除に関わる各位の協力体制のもとで、踏み込んだ駆除が行われているように拝見してまいりました。
kanaya 拝

12911(2019/12/30 19:22)有害駆除の場合は from kimio
kanaya様、目からウロコです。その可能性は排除できませんですね。早速正月明けに
森林事務所に確認してみます。地元の市役所からは駆除の要請を受けつつも、県からは山へ入るのは制限されていては、
駆除の効果は望めません。最近はイノシシにおそわれてケガをしたとの報道が多々あるため、県としても再考してほしいと思います。

12910(2019/12/26 21:19)有害駆除の場合は from kanaya
有害駆除の場合は、申請者にて入林禁止を解除する手続きがとられていませんか?
”現場が要求している。・・・”が関係しているんじゃないでしょうか??
間違っておりましたらごめんなさい。
あくまで、小生の個人的推測でなんの根拠もありません。
kanaya 拝

12909(2019/12/26 19:03)入林禁止区域のこと from kimio
猟期前に毎年の入林届を出したところ、受理の返答と一緒に入林禁止の区域図が
送られてきました。そこで驚いたのですが、事前に県のHPで入林禁止の区域図を
確認して、従来からの全部保護区内なので問題ないと認識して届を出したのですが
、送られてきた区域には自分のホームグラウンドの一部が記載されていました。
これはと思い、県の担当者に電話して確認したところ、HPの更新が遅れていて申し訳ないとの返答でした。
こちらが、この地域へ猟期中何十回も行っているが職員に
一度もあったことがない、まして雪山で人の足跡がない、50cmも積もってる雪山に行く必要があるのかと
問いただしましたが、現場が要求してるとの事でした。
自分も駆除に参加しているため、3月に当地の市長名で入林申請がされていて、その写しももらってるのですが
それには禁止の地図は添付されていませんでした。
やはり役所は縦社会なのでしょうかね。

12908(2019/12/26 05:53)追加しすぎました。 from kanaya
ついつい、装備を追加してしまったあげく、とんでもない姿になりました。
といいながら、昨日もエイトカンとカラビナを追加してしまいました。
諸先輩方には、当初は驚かれたものの、諦めていただいたようです。無視か?
しかしながら、同じような姿は猟仲間で見かけないので、やはり異端でしょう。
張り巡らされた、防獣フェンスのゲートの位置を確認して下山しないと大変な
事になったりします。
ゲートが番線やシャックルでロックされている場合の対策で、腰には多機能ツールがあります。
何しろ重たい装備が多いものでして、勢い最小限の装弾と成ってしまっています。
猟師が実包が少ないなんて、・・・・・・本末転倒になってしまった昨今です。
ただ、勢子だとほとんど撃たないことが多いもので・・・・撃たせる役・・・・
ボルトだと、"連射しろよ"との悪魔の囁きから逃れますし・・・
kanay 拝

12907(2019/12/25 13:24)確かに小道具は・・・ from HIRO
どんどん増えて行くものですよね、、、右に同じな私(^^;)

12906(2019/12/24 21:26)良さそうですね。 from kanaya
背中に何もないと、ご紹介の品はベストでしょうね。
ただ、小生は小ぶりのリュツクに子亀のようなバックを付けたものをすでに背負っています。
このリュックには、無線のアンテナが二本(簡デ・マーカー)取り付けてあり、頭より少し上に出ます。
リュックの中には、小物(ゴム手袋・ナイロン袋)と外科用メスに縫合針と糸・・・軟膏
ついでに、予備の無線機やら補充電用のバッテリー、接続コードが入っています。
さらに、チョコと犬のおやつ、水(飲料・消毒)、ロープ、滑車、救急用品、テープ類・・・
腰には、モールベルトに装弾・ナイフ・犬用GPS受信機・簡易デジタル無線機、飲料・・・etc
と、猟仲間からはどこ行くの???、相手はなんや・・??新人さんからは、問われもせず。???
と現行でも、こんな装備で山へ入っていますので、ご紹介の品は難しそうです。
下着類は、汗抜けと汗冷えを嫌って通年登山用品を愛用しております。時折cwxも履き込みます。
大概は、引き出しを手伝ってもらえるのですが、今回は都合のつく方と連絡がつきませんでした。
追加装備は、現場調達も含めできるだけシンプルなものを考えたいと思っております。ノコギリは装備してあるし。
 kimioさま
ありがとうございます。恐縮です。
何年やっていても、猟場では同じシーンがないので、猟果があると嬉しいものです。
犬の反応や動きもワンパターンではないですし・・・
当地も、雪を見ないのでイノシシも随分奥に寝ているようです。
駆除圧もかかり続けておりますので、毎年捕獲が難しくなってきたようです。
現に毎年のようにいた寝屋にいませんし、寝屋自体も少ないようです。
胸元のGPSの寝屋データーが活かせなくなってきました。
なんとか、自家用にあと一頭はいただきたいところです。
欲張っては、失敗やケガの元になるのですが・・・
大物が相手だと、犬のケガも心配になりつい急ぎ足で距離を詰めて飛ばれる失敗もあります。
獲物とのやり取りは、二度ない真剣勝負ですね。今回は、たまたまこちらに運があっただけです。
恵みに感謝・・・・
kanaya 拝

12905(2019/12/24 21:06)kanayaさんへ from HIRO
こんなのを参考にして、縫ってみるとかは如何でしょうか?

猟友会の制服よりも、役に立つかも(?_?)

12904(2019/12/24 20:49)ピュイ〜〜〜ィィィィィ、、、ボォ〜ォォォ・・・ from HIRO
て感じの、太く高く長い泣き声でしたら、発情期に縄張りを主張する泣き声ですが、そんな感じでしたか?
ちなみに、雌がブォ〜 ボォ〜と小声で唸っていたら、発情期に雄を呼ぶ声です。

両方とも聞こえて来るようならば、それは、コール猟の絶交のチャンスですよ。

ぜひ鹿笛に挑戦されてみて下さい。

12903(2019/12/24 19:11)単独猟捕獲おめでとうございます from kimio
大ベテランのkanaya様に言うのもおこがましいですが、素直におめでとうございますと言わせていただきます。
当地方も例年より雪が降らず山へ入るのをためらいがち
ですが、いざ降った時のための準備運動として時折入っています。おとといの午後に
いつもの山へ行ったら、オス鹿の鳴き声がしばしば聞こえましたが、今頃の鳴き声
はどういうものなのでしょうか、雪山では聞いたことがないような気がします。

12902(2019/12/24 13:02)落ちは・・・ from kanaya
おかげさまで楽しい猟をさせて頂きました。
落ちは・・・
獲物が大きくて、一人では引き出せ無かったこと・・・・
斜面で捕獲しましたが、犬と共に谷に落ちたので・・・・
一時間かかっても、数メートルしか動せず・・・・
細引きは切れて、転倒する始末・・・
雪でもあれば、滑らせられるのですが・・・落ち葉では・・
捕獲場所も、思ったより山深くて・・・・
解体しなんとか運び出し、猟友と近所の方に届けました。
獲物は若い丸々とした雄で、脂がのっていました。
おかげさまで、久々に至福の一時を犬と過ごせました。
回収のための装備は、改めて考えないといけないようです。
確か?米国製の肉袋があったはず・・・強度があったかな??
立木を切って、天秤棒にして運ぶ方法か・・・
二昔以上前に買い入れた、背負子を引っ張り出すべきか・・・
取らぬ狸の皮算用・・・・
kanaya 拝

12901(2019/12/24 11:30)おめでとうございます\(^o^)/ from HIRO
私の作った銃身が、お役にたって何よりですv(^_^)v

12900(2019/12/24 06:44)久方ぶりに from kanaya
久方ぶりに、HIROスペシャルで単独捕獲しました。
昨日、久しぶりに単独で犬2頭と出掛けてまいりました。
銃身は、HIROスペシャルの260rem口径でした。
2時間ほど歩いて、シカを何頭か追うものの止まらず
下山途中で、若犬が啼きだしたので、低倍率スコープで
倒木の隙間を見ると、久々の大きそうなイノシシでした。
獲物とは斜面で向かい合う格好で、バックストップは問題なし。
ただ、倒木の隙間を狙って獲物を撃つことになりました。
あまり接近すると、飛ばれますので距離を詰められません。
倒木の隙間に頭が見えた一瞬、クロスに入った首へワンショットキル・・
久々に、引き止まりの良さと命中精度を体現できました。
またもや腕の悪さを、犬と銃に助けられました。
時折こんなことがあるから、単独で出掛けることがやめられません。
若犬には良い体験となりました。
小生も勢子から解放されての猟行、久々の大物の猟果でした。
kanay 拝

12899(2019/12/23 09:07)なるほど from HIRO
低温調理器も、いろいろ凝ってしまうと、面倒になって来ちゃうものなんですね。

ではでは、私の方はこのまま、味付けは塩のみ、頂く時に夫々に好きな調味料を掛けて貰う流を貫徹しましょう(^^;)

12898(2019/12/23 06:20)低温調理器は from kanaya
失礼いたしました。言葉足らずでした。
小生も、数年前に大きめの寸胴と低温調理器(棒状)を買い入れました。
電熱器を加工して、タイマー付けて、何時間もかかりましたね。
材料も、シカ・豚・牛と調味料を工夫しながら加工して好評をえました。
一晩冷蔵庫で寝かせて、真空パックして、低温調理していました。
クレージーソルトとか香辛料もブレンドしていましたね。
その調味料はその後、妻によって消費されました。
燻製機も温度コントローラーを買い入れて、何度となく加工しました。
道具は、倉庫の中に眠っているはずですが、所在は????
さくらのチップだの、ヒッコリーだの、ブロックのやつもあったな・・・
こちらも、何時間も燻蒸しましたね。お隣さんが離れているので
出来る荒技でした。煙と匂いは・・・・・防ぎようがないもので
いずれも、ある程度やってしまうと、面倒になって続きませんでした。
今は、犬の散歩や仕込みに加えて駆除+孫の子守、射場のお手伝い。
加齢??による体力。知力の低下???で億劫になってきたようです。

12897(2019/12/22 22:03)このお肉は from HIRO
3時間半煮てまして、生食では有りませんです。

今は、低温調理器も、数千円で買えるようになって来ましたので、重宝してます。
袋に入れて温度と時間をセットしたら、あとは放ったらかしで済むところが、ものぐさな私にはGooです。

簡単な割りに、家族にはとても好評ですv(^_^)

12896(2019/12/22 21:05)ご無沙汰です。 from kanaya
HIROさん、美味しそうですね。
シカの生食は、通達以降ご無沙汰いたしております。
通達前は飽きるほど生食しておりましたが、通達一本で
あえなく、撃沈されました。
 その後、燻製や低温調理もやりましたが、何度かやった
きりで、頓挫しました。
需要?はあるのですが、求められるとやりたく無くなる悪癖が・・
ある時は、犬の餌に加工しようと挑戦しましたが、これまた頓挫しました。
自身で撃ち捕ることが少なくなったのも一因かもしれません。
もっとも、いただく(食する)ことには、こだわりはないので・・・・
単なる、手前勝手なんだと反省しなきゃね。

12895(2019/12/22 17:11)イノシシも最高に美味しいですが from HIRO
シカでも、こんな風に
すれば、けっこう美味しく食べられますから、是非、どんどん撃ってくださいませです。

12894(2019/12/22 08:31)ライト光機か? from kanaya
最近、いろいろと低倍率スコープをオークションで落としてみましたが
良品にあたらず。少々へこたれております。
昨日、”ラ○○光○製”と思われる中古品がありましたので、購入手続き中です。
S○○○○I ”4-12x44”とありますので、射場メインの仕様にしたいと思って手続きしました。
これも、当時は10年保証だったそうですが、すでに経過しているので一発勝負です。
今までの、ハズレは一気に譲る段取りにしてあります。
年金月しか、競りに参加できない昨今は負けが多いです。
 イノシシの捕獲がなく、捌きの腕がなまりつつあります。
シカしかいないのかよ・・・・・・
イノシシはどこへ行ったやら〜
このままでは、肉無しの正月になりそうです。

12893(2019/12/12 10:17)またですね from HIRO
去年の11月の北海道の事故でも、それを受けて、遠く離れた関東の国有林に全面入林禁止とされたところも有ると聞きます。

今回の件も、何処までどう飛び火するやら・・・本当に困ったことです(-_-;)

12892(2019/12/11 18:43)肩身がせまくなる案件 from kimio
この金属塊が散弾の弾らしいとのことになれば、我々も肩身がせまくなりそうな案件です。
狩猟で使われたとのことであれば、使った本人は自分が撃った弾だと確信でき
ると思います。日本全国の銃猟をしている人への影響は甚大です。自分で自分の首を
絞めるようなことはしないでほしいと切に思います。

12891(2019/12/11 09:54)狩猟の銃弾??? from kanaya
狩猟の銃弾か?給食室の窓ガラスが破損
サッシの窓枠と室内の天井に1カ所ずつ小さな穴が開き、天井裏で金属塊が1個見つかった。
署は狩猟で使われた銃弾の可能性があるとみている。
署によると、8日に付近で狩猟が行われたという情報があり、関連を調べている。

https://www.asahi.com/articles/ASMDB4Q7VMDBPOMB00G.html

12890(2019/11/23 19:35)ふむふむ・・・ from IRIS
kanaya様の仰る様に事例もあるようですし
境界線ギリギリでの猟は避けようと思います。
みなさんありがとうございました。

12889(2019/11/21 05:37)ひとつの根拠なのかも知れません。 from kanaya
IRISさま、
現地付近に、着弾の痕跡やテープでの印(実況見分?)が認められたとすると
やはり、何がしかの意思が強く働いたと思わざるを得ませんね。
タツや測量の目印でもないのに、テープを巻かないでしょうし・・・
恥ずかしながら・・・・・・
近隣でも、キャベツ畑で収穫時に散弾が撃ち込まれているものが見つかって
?大事になりました。
被弾した畑のキャベツは、全数出荷停止となり農家から被害届けが出されて
当局により加害者の捜査がなされました。
禁猟区ではありませんが、現場近隣の所持者はいろいろ大変だったそうです。

"流れ弾だったとしても、意図的に撃たない限りは・・・"

と、推測ですがご指摘と同様の状況だったと思われます。
先達には、"撃つべき場所で撃つべき時に撃て""たとえ撃ち獲れなくても"
と言われたことを思いだしました。
さらに”迷ったら引くな""一発で倒せ"はキモに命じております。
小生、撃つチャンスを逸するときが多くて・・・、未だその域には達しておりません。
kanaya拝

12888(2019/11/20 17:14)木に弾痕 from IRIS
皆さん仰る通りで、トラブルの原因になりかねませんね。
以前、行った際に木にスラッグと思われる弾痕があり
流れ弾だったとしても、意図的に撃たない限りは当たる位置ではありませんでした。
そして、その弾痕付近を蛍光テープで巻いていました。
林業はやっていない所でしたので、地元民が発見し被害を各省庁に報告したのかなぁ?と思いました。
ハンターと地元民との何かしらの軋轢があったのかもしれませんね。
その様な所では、安易に行うべきではありませんね・・・・。
HIRO様、kanaya様。ありがとうございます。

12887(2019/11/20 16:24)そのとおり from HIRO
特に、新たに追加された地域は、お上に追加を要請した団体や人物が存在する可能性も高く、その要請をした者が、その辺りを監視している可能性も高い上、今は、無人で自動監視記録できる機器が、とても安く誰でも多量に買えるので、要注意です。

12886(2019/11/20 05:45)控えるべきでしょう。 from kanaya
私見ですが、厳に控えるべきだと考えます。
禁猟区となった理由は分かりかねますが、可猟区域と禁猟区の境目での狩猟は
誤解を招く可能性が高いと思われますので、避けるべきと考えます。
禁猟区での発砲と通報されて、不利益を受けかねません。????
特に新たに線引きされた場合は、現場での境界が不明瞭な場合もありますし・・・・
問い合わせても、山中の境界だと境界の現況を見た方はいないかもしれません。
書類に書いてある以上の説明は期待できないかも知れません。???
禁猟区は、時折更新されますので毎年確認がいりますね。
猟区明けや新規指定、更新(延長)、特定猟具の規制・・・etc

12885(2019/11/19 20:32)禁猟区が拡大した地域での狩猟 from IRIS
以前行っていた里山猟にてマップを見たら、禁猟区が拡大していました。
尾根から西側は駄目だが東側はOKの様な地図です。
元々、西側は絶壁の様な急傾斜なのでとても入り込めないし
人もそもそも来るような場所ではなく民家も無いので
尾根の西か東か等、厳密に発砲したのはわからないとは思いますが
禁猟区が境界線ギリギリの地形で不用意な猟は控えるべきでしょうか?
別に尾根じゃなくても谷沿いとかは禁止ではないのですが
禁猟区が近くなりました。

12884(2019/11/07 07:56)健在です。 from kanaya
ありがとうございます。
クマと何度か戦った雄犬(四国)は、健在です。10才少し
今猟期からは、相棒に来た雌犬(日向)1才少しとの二頭使いです。
いまのところ、黒い塊と曹禺しておりませんのでなんとも言えません。
二頭で絡まれると、いままで以上に難儀しそうです。
相手が木に登っておりてこないとか、防獣フェンスを超えてくれると安心なんですが・・・。
黒い塊も子連れだと、親は離れなず側にいるはずだし・・・・・
地元でも、北海道の取り消し事案報道のショックが消えずにおります。
さて、こちらもまもなく狩猟解禁になりますが、獲物の動きが読めずにおります。
駆除で歩いた時には、随分と獲物が減ったのか?移動してしまったのか?
いつもなら、いた場所(寝屋)にいません。足の数や大きさにも変化がみられます。
一度リセットして、調べなおす必要がありそうです。
シカシャブですか?懐かしいです。猟を始めたころはシカ刺しを随分いただきました。
肝炎事案を受けての通達以降は、ご無沙汰しております。
3頭目の捕獲をお祈りいたしております。
kanaya 拝

12883(2019/11/06 20:08)お気遣いありがとうございます。 from kimio
その猟犬は健在でしょうか、健在なら何よりです。
昨日の午後も時間があいたので笛吹きに行ってきました。鳴き返しはあったのですが1時間くらい待っても寄ってこなく、
鳴き返しも遠くなったような気がしたので、だめ元で鳴き返しの方へ行ってみました。途中にサル群れがいたのですが、
サルと違う姿が見えたので、よく見たらシカが斜面を登って行くところでした。
慌てて笛を吹いたら、ゆっくり歩きになり、止まったところを撃ちました。
今度は1発で効きました。超ラッキーでした。今はそれのシャブシャブで右手を
動かしています。チャンスがあれば3頭目を狙いたいと思います。

12882(2019/11/01 18:57)なによりでした。 from kanaya
ご無事でなによりでした。
その黒い塊は四輪駆動で、結構なスピードで向かってくるそうですので、ご用心ください。
許可無く撃てない動物で、めっぽう矢に強いようですので出会わないことを祈りつつ山へ入ります。
緊急避難で撃ったケースも聞きますが、後処理(調べ)が大変だったとも聞きました。
黒い塊と出合犬が怪我させられた事が何度かあるので勢っている時は、緊張します。
kanaya 拝

12881(2019/11/01 18:37)シカ笛猟(駆除)その後 from kimio
先日も午前中で仕事の区切りをつけ(自営業)、山に行って笛を吹いてきました。
鳴き返しが遠くであったので、しばらく待っていたら笹を揺らして来るのが見えた
ので、その方向を注視していたのですが、やけに黒いと思いスコープでよく見たら
クマでした。猟期中に出会っていたらと思いましたが、残念でした。30m位で、こちらのことは全然気にしてませんでした。

12880(2019/10/26 19:04)良い環境ですね。 from kanaya
じっくりと狙えて射かけることができる環境は羨ましいです。
小生は、犬を引いて山へ入りますので中々その場面に出会いません。
犬に追われて走る獲物か、追われる途中で一瞬止った時、犬が止めた時がチャンスになります。
同じ場面がないので、なかなか自身の腕を評価できずいたずらに年を重ねております。
先日の射場でのチェックは、スコープマウントの取りつけネジが緩んだのに気付かずに撃ち込んでしまい
想定外に散らばった着弾に意気消沈し、帰宅するという散々な結果でした。
重ねて、その原因に気がついたのは、一週間も後の駆除のときでした。
新しいスコープベースが手に入ったので取りつけが目下の宿題です。
kanaya 拝

12879(2019/10/26 18:51)シカ笛猟(駆除)その後 from kimio
HIRO様、kanaya様 ありがとうございます。
射撃に関しては、スナップショットというより、じっくり狙えます。
向こうはライバルと思って来るようで、こちらが動かなければ(木の陰とか)
ゆっくりこちらに向かってきます。心に余裕があれば1発必中できると
思いますが、自分はその境地に達していません。またチャレンジします。

12878(2019/10/26 09:21)おめでとうございます。 from kanaya
当地でも、シカ笛で捕獲しておられる方があるようです。
射撃は、スナップショットぎみになるんでしょうか?
ここ最近、獲物に恵まれておりません。
猟場での射撃のスキルが落ちているかもしれませんね。
kanaya 拝

12877(2019/10/25 08:18)コール猟 from HIRO
先ずは成功、おめでとうございます\(^o^)/

12876(2019/10/24 19:28)シカ笛猟(駆除)そのご from kimio
昨日、午前中で仕事の区切りをつけて山へ行ってきました。自宅から15分ぐらいで
行ける所で、20分位山を登り笛を吹いたら鳴き返しがあり、10分位で3段鹿が出てきました。50mもない位近かったのですが、倒れるまで3発かけてしまいました。
未熟さを反省しています。また、近いうちに行ってトライしてみようと思っています。

12875(2019/10/10 05:24)少しずつですが from kanaya
準備しずぎて損はないと思いますが、結果が予想できないところです。
ただ、確実に価格は上がっておりますし、多量に在庫のある品は良いのですが、
よそ様と違った品を持つと、資材はある時に手に入れておかないと、突然の品切れや入荷未定で困ることも
汎用品でも、猟期前だと特に品薄になったりしますので注意が必要ですね。
実包や火薬・雷管など保管数量の制限のあるものは、購入時期や消費との考慮もいりますね。
上がり続けるコストは、年金暮らしには辛すぎます。
少しでも安くと思いながら、ついつい2箱・3箱と注文してしまう小生です。
当面は、弾頭の少量買いというところです。
いや、適法GPS(親・子)の電池交換が先になるかな〜
犬2頭のお薬代やらフード代の出費も・・・
お宝でも掘り当てたいところです。
kanaya 拝

12874(2019/10/09 22:26)非鉛対策 from さんぞく
Kanaya様はすでに対策に動かれてらっしゃるのですね。
私の場合はスラグ弾の消費量が少ないので銃身洗浄の手間の節約にと、ただ怠けているだけでありまして…恐縮でございます。
私もバーンズ弾頭のセール品を探してみます。

そして各口径の非鉛スラグ弾頭を日本の町工場で誰かが大量生産するというのを期待しております。

12873(2019/10/09 12:17)ライトユーザーには厳しい from 琴奨菊
お返事ありがとうございました((+_+))

12872(2019/10/09 11:29)ライフルより難しそうですね。 from kanaya
資材難のおり、先を見越して買い入れておかないと、入荷の目処がたたなかったり、
価格が入荷の度上がっているようで、財布に厳しいですね。
スラッグの材料探せば、国内にもあるものですね。
よい情報を上げていただいておりますようで、拝見してきました。
減摩合金インゴット・2kg
http://www.zairyo-ya.com/products/ZNGG01002.html
金型や資材は、小澤さんところかな
http://sefa-japan.la.coocan.jp/MouldandAcc.html
http://sefa-japan.la.coocan.jp/ShotWads.html

12871(2019/10/09 10:26)平筒散弾銃には from HIRO
手間は掛かりそうですが、この手も使えそうです。
http://www.gunsmith.jp/rifleshoot.htm?6317
手間が無茶苦茶掛かる分、懐には、既製装弾よりちょっとは優しいかも

12870(2019/10/09 05:18)動向に注視 from kanaya
さんぞく さま
規制に先んじて、手を打っておられますね。
小生は、この間から260remのバーンズ弾頭を買い入れ始めたのと、火薬を一瓶買い入れたところです。
未対策なのは、870と410番と上下二連ですが、12番径は非鉛弾は国内在庫はありそうですが
410番は見かけないようです。
最も困るのは、射撃場の規制です。なんらかの影響がありそうにも思えてなりません。
動向を見据えながら、資材を揃えなければならないかもしれませんね。
NRAほど、力のある組織があると助かるのですが・・・・・・
日本では望むべきもなさそうです。
kanaya 拝

12869(2019/10/08 20:51)鉛弾禁止令 from さんぞく
ニュースでは2021年に禁止が発表されそうな感じが伺えますね。

私はある特定の場合のイノシシ猟(ライフル排除の巻き狩りグループ)には、鉛サボット弾と散弾銃にライフリングチョークの組み合わせで使用しておりますが、銃身に鉛が付かなくて辞められません。
規制により鉛弾が使えなくなれば従うしかありませんが、もう少し安くなってほしいものです。

12868(2019/10/08 20:34)一部をご紹介します。 from kanaya
平筒用スラッグ装弾射撃
http://yezodeer.org/deerhunt/namari/slugreport.html
DUPO28
https://nippokogyo.co.jp/products/dupo-28-%E7%8B%A9%E7%8C%9F%E7%94%A8%E8%A3%85%E5%BC%BE/
その他にもあると思われます。
バラ弾も非鉛弾はあるようですが、強装弾のみのようです。
いずれも価格は、推して知るべしです。
貧乏人には堪える昨今です。
kanaya拝
260remバーンズ120grは、買い入れたとたんに品切れ・・・・

12867(2019/10/08 19:21)鉛弾禁止令 from 琴奨菊
北海道同様
全国で狩猟時に
鉛玉禁止令が出されるとニュースでやっていました。

時期はまだ不確かなようですが
このままいくと、厳しくなりそうです。
ライフルまで10年かかりますし
平筒ショットガンしか持ってない人間は一体どうすればいいでしょうかm(__)m・・・・

鉛がダメってことは
大物にスラッグもダメってことですよね〜。
スムースボア用で鉛以外の弾というのは効いたことありません。。。
ライフルまで10年かかる以上は、今後大物をやるのであればサボットスラグで銅弾とかでやれってことですかね( ;∀;)金が・・・・

12866(2019/10/07 20:23)二台持ちは、大変かな?? from kanaya
狩猟でなく、レジャーならば、軽トラとバイクは最強のタッグかもしれません。
その昔?ホンダのモトコンポ?だったか乗用車に積める特許の塊のユニークなバイクがありました。
毎週の様に、新型バイクが出てHY戦争と言われるほど活況でした。
脱線申し訳ありません。
さて乗り物の選択は、猟場によって逆に選択肢は狭まるのかもしれません。
小生は犬を引きますので、軽トラは必至ですがあとは身一つです。
本日も、犬二匹と3時間ほど歩いてまいりました。
あいにくと、HIROさんの銃身が火を噴くことはありませんでした。
kanaya拝

12865(2019/10/07 19:40)忍び猟と同じ from kimio
自分の猟法は忍びがほとんどです。わな猟ではバイク移動でも問題ないと思われますが、銃猟ではいかに相手に悟られないかが重要になってきますので、kanayaさんのおっしゃるとおり寄り付きは徒歩になると思います。そうすると、バイクの回収
をどうするかとの問題がでてきます。軽トラの位置、バイクの位置等に縛られると
行動範囲は狭まってしまうのではないでしょうか。余計なお世話かも知れませんが。

12864(2019/10/07 14:25)バイクでの狩猟 from としちゃん
HIROさん、kanayaさん、ありがとうございます。バイク選択の参考にいたします。

12863(2019/10/04 12:46)寄り付きは徒歩になる?? from kanaya
つまるところ、獲物への寄り付きは徒歩にならざるを得ないと思います。
獲物に悟られずに近づける乗り物があると便利でしようね。
音や排気を考えると、動力はバッテリーで駆動でしょうか??
ノーパンクタイヤがあるといいですが????一輪車だけか・・・
反面乗り物自体のトラブルや故障のリスクも考えなければならないでしょう。
故障したからと乗り捨てておくわけにもいかないでしょうし、山深くですと
業者の回収も修理出張も無理かも知れません。
獲物のように引きずったり、バラして運ぶ訳にもいかないでしょうね???
そうすると、乗り物用に余分な装備が必要になるかも知れません。
乗り物で、獲物に気づかれずに射程に入れる場所だとメリットがありそうですね?
地面に乗り物が出入りした跡があるようなところは、道と解釈される恐れもありますので、
その場での発砲は御法度だと思いますのでご注意ください。
kanaya拝
追申
道交法には、サーキット以外は「道路と見なす」ことができる。
という見解もあるとの記述をどこかでみました。
鉛弾全面禁止へ・・・、の大臣発言もなされたような・・・・
昨今はいろいろと気遣いです。

12862(2019/10/04 11:32)オフロード走破が目的なら from HIRO
その地形に有っていることが、バイクを選ぶ一番の条件になるのかと思いますが、目的がハンティングに有る場合には、獲物が逃げないくらいに音が静かなことと、ハンティングに集中できる程度に運転が簡単なことも重要かと思います。

バイクには詳しくないので、これ以上のことは解りませんが、車種選択のご参考の一つにされて下さい。

12861(2019/10/03 09:20)バイクでの狩猟 from としちゃん
いつも楽しく閲覧させてもらっています。
 私の住んでいる田舎は、植林間伐用の林道(キャタピラ式の間伐材運搬車)がぎりぎり通行できる、急こう配の林業用作業道がいたるところにあります。
そこをオフロードバイクで流して狩猟をしたり、新しい猟場を開拓したり罠を掛けたり、罠の見回りをしたりと、軽トラの荷台にバイクを載せて猟場の近くでバイクに乗り換えれば楽なので頻繁に狩猟が楽しめるなと考えています。
 購入予定のバイクは、1.シート付のトライアルバイク(セル付はほとんどない) 2.オフロードバイクのセル付 3.小型のカワサキksr110(クラッチなし) 4.ハンターカブ(クラッチなし)です。
 山道は倒木等があるので車輪は大きいほうがいいと思います。又、急斜面や障害物を乗り越える時はよくエンストをするのでセル付が楽かなと思ったり、
小型のオフ車ksr110は取り回しが楽でクラッチがないので、エンストの心配もなく足付き性もいいので楽じゃないかとか、色々迷っています。
 登山道や電力会社の付けた鉄塔を見回りにいく為の道はよく整備されているので通行は楽で面白そうとか? それらの道は折り返しが多いので小型で軽量のKSR 110が最高ではないかとか、迷うことばかりです。
どなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

12860(2019/09/18 18:19)シカ笛猟(駆除) from kimio
そろそろシカ笛を吹いて、鉄砲かついでマイタケの様子を見に行きたいと思っています。結果が出れば報告します。出なければ報告しないかも?

12859(2019/07/20 05:07)猟場の近況 from kanaya
小生近郊の猟場の状況にも、ここ数年で環境変化を見聞きするようになりました。
毎年かなりの駆除捕獲実績があった、檻での捕獲数が伸び悩んでいるようです。
檻の餌に誘因されず通過してしまう個体や、檻の側を荒らして帰るイノシシも出始めたようです。
シカが沢山いたと思われる山の植生は、シカが食べ残した植物しか残されていない様相になり
なかなか元の植生には戻らないようです。日頃自然の力は偉大と感じる事が多いのですが
こと再生については、随分と時間を要するようです。数年単位では難しいのかも・・・
周りのシカが食えるものは、食い尽くしてしまった感じのする山が広がってしまいました。
想定はしていても、いざ山に入って、惨状を目の当たりにするといささかショックです。
反面イノシシの良い猟場は、少なくなってしまった印象を受けております。
毎年のように、寝屋としていた場所に寝ていません。周囲に寝屋の材料も見当たらず。
大物の足も少ないようですし、やっと拾った跡もどこまでも足が伸びている感じもします。
積雪時に捕獲されたイノシシの猟果(サイズ・頭数)にも変化が見られるようです。
銃での捕獲も、追われて群れで出るものが少なくなったようですので、少ないチャンスを
活し確実に捕獲する技量のタツがいないと、山中を追い続ける犬と勢子には辛いです。
逃走のイメージは散り散りに逃げていく感が強いです。犬や勢子を交わす間だけ走るとか・・・
一時走っても、犬と勢子が行きすぎるまで、身を潜ませている個体も出てきました。
人間では、なかなか追い切れないような状況になりつつある感じです。
単独猟の方も随分と様変わりしたとのことでした、
見かける姿が少なくなった。足跡も群れより数頭の場合が多くなった。
総じて小型化?大型の物を見かけ無くなった・・・・
警戒心が強くなったのか、立ち止まる位置が伸び総じて射撃距離が長くなった。
などの情報を得ております。
獲物との出合があれば、捕獲できなくとも楽しいものですが、空ブリだと疲労感だけですので
新人さんには、楽しい事は見つけられずに、ただただ辛いと感じることになるかもしれません。
できるだけ、一番待ちについてもらうように配慮してもらうのですが・・・・
数人増えた新規所持者の方に獲物との出合があらんことを祈りながらの勢子です。
kanaya 拝
本日の駆除は、天候を考慮すると中止の様相です。

12858(2019/07/16 09:15)費用は相当に掛かりますが from HIRO
大物猟の猟区(有料でガイド付きで案内してくれる猟場)に行って、何度かガイドさんに教わりながら撃たせて貰って、その地方での単独猟のし方を覚えた後に自立する・・・という手も有ります。

獲物がとても豊富な地域でしか実現出来ない方法なので、覚えても、他の地方への進出は出来ませんから、自立しても、旅費や滞在費やまとまった休みなどは、常に必要ですから、年に1度とか2度とかの出猟にはなりますが、これも一つの、日本で大物猟に興じる方法ではあります。

グループ猟の場合には、1頭捕獲する時に、獲物に初矢を撃てるのは、グループの中の誰か一人だけですが、この方法ですと、獲れた獲物=自分が撃った獲物になりますから、皆で獲ったという達成感とは異なる、この方法独特の達成感も味わえます。

また、この猟方では、ライフル銃を所持しているか否かが、直接、猟果に大きく影響することを、容易に証明できますので、この猟方で毎年出猟している実績は、散弾銃所持歴10年後に、狩猟用ライフル銃の許可を申請する際に、かなり有効かも知れません。

12857(2019/07/16 04:59)身につまされます。 from kanaya
山ハゲさま、ご苦労のさま拝読いたしました。
新規加入の方と窓口の方が親しければ、いろいろと解って居るので柔らかい話しになるんでしょうが?
初対面だと、窓口になる方も、より慎重にならざるを得ないことは理解してあげてください。
勢い入会へのハードルが高く、厳しい物言いになりがちなのだと思います。
言葉は悪いですが、加入を拒否するように受け取れるような事をついつい言ってしまいがちになります。
小生も,加入した時に何事か聞かれて、詰問されたような記憶があります。詳細は忘却しましたが・・
小生が始めた頃は所持者も多かったので、グループごとに決まった猟場でぞれ大物猟をされていました。
特に、イノシシ猟は、決まったメンバーで、決まった山を持ち場として、暗黙の内に不可侵でした。
そのころは、なかなか敷居が高くお呼びも掛からず、犬なしの鳥撃ちに興じておりました。
その後、師匠から鳥犬を譲り受けられたので、単独でキジやカモ、山鳥猟に興じました。
その鳥犬が亡くって、雑種の子犬を我流で仕込んで単独で鳥猟や時折追い出すイノシシ猟をしました。
そんな時、大物猟に呼んでいただきメンバーと顔を繋ぎ、後、都合のつく時に数回参加しました。
回数を重ねるごとに、猟隊の決まり事や四囲の状況も学びました。
緩やかにことを奨めてくれるメンバーばかりでしたので、楽しく時を重ねられました。
親よりも、年の大きい先達から大物を仕留めた時のリアルな自慢話に胸を躍らせたものです。
小生のように、数歩の裏山に獲物がいる地形であったり犬を飼える環境であったり、放犬しても
理解していただける環境に住んでいるのは幸せな事だと改めて感じております。
そんな中でも時代と共に、いままでにない留意事項や注意事項が増えてきつつあります。
去年はなかった家が、カモ猟をしていたため池の側に建っていたり、山中にログハウス様が建っていたり、
昨今は、有害駆除(通年・銃・罠)に従事しつつ、一時の狩猟に興じるという状況です。
いろいろとご苦労ですが、良い猟隊や師匠が見つかるといいですね。
少し時間がかかるかもしれませんが、焦らずに探して見てください。
猟場に詳しい方とお付き合いできると、より早く希望が叶うでしょうし、安全安心です。
今回の件、未だ浅学非才の身、お役にたてるアドバイスができず申し訳ありません。
kanaya 拝
失礼して、犬二頭(四国・日向)の散歩と田圃の見回りに出てまいります。

12856(2019/07/16 02:50)ありがとうございます from 山ハゲ
kanaya様 周りにもやっている人が中々いないし、ネットで調べても細部まで情報が載ってないので非常に参考になります。
私も鳥打をやり、大物へ進出しましたが、鳥撃ちと大物は全く違いますね。
そして、かつて銃砲店にも問い合わせてみましたが、どこも知り合いは紹介できないという話でした。
唯一、狩猟をやっている銃砲店に伺ったところ
あくまでも、その店で銃を買った人間だけという話でした。
そして動的の練習会や大会には毎回参加することが条件なのと
狩猟時期になったら毎週末日曜やるので、毎回参加することで一度でも来なかったら辞めさせるということで参加に釘を刺されました。
またネックだったのが、参加料を毎週1万5000円徴収するという事と
銃を買う、練習会にも毎回参加しても一度でも行けなかったらクビになることです。
私情ですが前日仕事が長引いて
片道3時間かけて早朝に間に合うように行くのも、毎回だと睡眠時間が取れないまま
朝から晩までやって、翌日から仕事に出ないとならないだとか、かなり厳しい状況でした。
よくネットとか山〇ダ〇ア〇ーに書いてあるような、猟友会に入れば狩猟グループに入れるとか
銃砲店で相談すれば、グループを紹介してもらえると思っていただけに現実は厳しいと感じました。
なので、狩猟の書籍やネットで情報収集してどうしても単独猟をやらざるえない状況であります。
まあ最悪は、そこで1シーズン(数回で終わるかも?)だけでも挑戦する
若しくは、遠距離になりますが他県でネットで狩猟グループを集っている所に加入させてもらうかを考えています
途中、愚痴になってしまいました。
失礼しました。

12855(2019/07/14 20:34)私は他県への単独猟です from kana
・つてが無いので単独猟となりました
・地権者とのトラブルを避けるために国有林に入林届を出して猟をしています
・何度か同じ国有林で猟をしているグループと遭遇して誘われるようになりましたが、電車とバスでの猟行なので集合時間の融通が利かず、いまだ単独猟です。
・猟果は.............聞かないのがお約束です。(でも辞める気は全然ない)

狩猟とは関係ありませんが
「一生懸命やる人には必ず応援してくれる人がいます」

他人にボロクソに言われても頑張ってください。応援します。

12854(2019/07/14 17:57)大物猟には・・・ from kanaya
山ハゲさま
情けないことに、ご指摘のような対応があることは否定できません。
カモ猟なんかだとそうでもないのかも知れませんが・・・
特に、大物猟となると顕著になるのかも知れません。
かく言う小生も当初は、メンバーに入れて貰えず、鳥撃ちからはいりました。
その後、メンバーとなりましたが、現在では早々にメンバーに入って貰うようにしています。
後進の育成のためにも留意していきたいと思います。
kanaya 拝

12853(2019/07/14 15:02)新規加入は厳しいようです from 山ハゲ
私も当初はどうにかしてグループ猟に加入できないかと、暗中模索しておりましたが
地元の猟友会出身者でもなければ想像以上にグループ猟加入は難しいのが現実でした。
HPを大々的に掲載している所にコンタクトしてみても、強烈に排他的な感じで辞退しました。
基本的に猟場が地元でその出身者でないとどこもグループ猟に入れない様に見えたので残念です。

12852(2019/07/14 04:57)師匠やガイド from kanaya
Farfadetさんがおっしゃる様に、現役のベテランさんや元猟師さんとかがおられると心強いですね。
小生の場合は、幸にも生まれ育った土地近郊で狩猟ができる環境でしたし、師匠がいましたので
なにかと心強かったです。
ただ、鉄砲所持者が減少している昨今は、なかなか同行などは難しいのかも知れません。
焦らずに挑戦していただきたいと思います。
小生は、ただいまより駆除の準備です。小雨模様ですが、地域の依頼で犬2頭を引いて勢子を務めてまいります。
事業の開始は、日の出以降で集合メンバーで打ち合わせ後になります。
犬を仕込んでからは、勢子ばかりで中々単独で出る機会が減ってしまいました。
犬一頭とゆっくりと、通い慣れた山を日がな一日歩いた日が懐かしい今日この頃です。
二頭となると、結構忙しいというのか、時間を取られゆっくりとはいきませんが・・・。
kanaya 拝

12851(2019/07/13 22:42)単独猟はおやめになった方が・・・ from Farfadet
ご質問を拝見するに、単独猟をなさるのは時期尚早と存じます。
日本には所有者のいない土地はなく、たとえ囲われた土地でなくても狩猟者には他人の土地に立ち入って自由に狩猟をする権利はありません。
その地域に詳しい方に同行し、入っていい場所悪い場所を教わってからでないと、最悪の場合銃を手放すことになりますよ。

自分が猟を始めた頃は、当時の師匠がいた300kmほど離れた地域に、月2回程度日帰りで通っておりました。同行して顔繋ぎをしてもらったり、その地域でのルールとマナーを身につけたりと、トラブルなく単独猟ができるまでには時間が必要と思います。

12850(2019/07/13 18:58)許容範囲は自分の体力に聞いてみれば from kana
自分のやりたいことにどれだけ時間がかかるのか実際に試すことをお勧めします。

12849(2019/07/13 14:53)小生の場合に限りなので from kanaya
山ハゲさまへ、小生の場合に限りですのでよそさまには当てはまらないと思います。
いきなり難しく考えることはないとも思うのですが、地元でない場合はいろいろ注意するに越したことはありません。
いきなり獲物に射かける猟ではなくて、銃を肩に何度か時間を決めて歩いてみる方法もあります。
それで地形や獲物の情報が得られたり、目印の木や岩などもインプットできます。
獣道や寝屋の場所等、生の情報も得られると思います。
危険な場所や注意がいるような場所もインプットできると思います。
遠くから見ていた山と、山中を歩いて獲物を撃とうとする場合では見え方が異なったりします。
歩き安そうに見えた山も、いざ鉄砲を担いで歩いて見ると難儀な山だと感じることがあったりします。
おっしゃるように、人の出入りも調べておくと安心ですよね。
山菜採りが盛んな山や、ハイカーに人気の山だと、その季節にはより注意が必要でしょうね。
雪を踏んで追跡している時に、他人のカンジキやスキーの跡と交わって引き返すこともありました。
山中に他府県NOが駐車していると、警戒するでしょうね。通報まではしないと思いますが、
狩〇〇なるステッカーを貼っておいたがために、嫌がらせを受けたというお話も小耳に挟みました。
真偽のほどは不明ですが・・・、被害はあったようです。
大きな山で獲物が豊富なら、他の方が狩猟に入っているかもしれませんので注意が必要です。
積雪時に足跡を付ける猟だと、同じ獲物を別方向から追っていたという事もあったりします。
獲物を追っていると、ついつい足が伸びてしまいがちです。これも注意点です。
地元の山なら事情もよく分かって、安心なんですが、山のない地形や獲物が少ない山もありますので
良い猟場選びは、いろいろと難しい面がありますね。
でも、開拓しないと道は開けませんし、スキルも上がらないのでぜひ挑戦してください。
kanaya 拝
大平原で猟ができると理想なんですが・・・・・、日本では限られますしね。

12848(2019/07/13 11:33)不審者 from 山ハゲ
狩猟と言っても、そこまで詳細に考えないと難しいのですね。
漠然とした質問になってしまい、すみません。
県外ナンバーで林道に停めてると地元民に不審がられますかね?
また、道路の林沿いに止めてそこから山に入って行く場合など。
林道と言っても農作業?をやる本当に地元の人しか入ってきませんし。

12847(2019/07/13 05:02)お答えは、難しい from kanaya
大物(シカ・イノシシ)を銃で捕獲するとなると、ある程度の大きさが
ある山へ出掛けることになるでしょう?
自宅から、目的とする獲物が居る場所までどれほどの距離があるか?
移動手段はなにになるのか???獲物の運搬が出来る仕様(車両)があるのか???
目的とする猟場は一カ所(ひと山)なのか?連なる山々になるのか?
獲物の数や濃さはどの程度の山なのか?
猟場の地形は?高低差や山姿?植生?
猟場の道路事情はどうなのか?道の有る無し?通行の可否?
などから絞られてくるのかな?と思います。
いずれにせよ、目的とする獲物がいる場所までは行かなくては猟はできないので
場所が決まれば、それに合わせて行動せざるを得ないと思います。
銃の使用できる時間は限られますが、日の出前・日没後でも作業はできます。
猟場近くでの前日泊とか車中泊ですと夜明けから動けます。
獲物の回収についても、単独猟ならば装備が必要でしょう。
車両に近い場所での捕獲なら、回収に時間を取られないかもしれませんが、
山深くで獲物を倒すと運び出しが大変になりますので、準備は必要になります。
解体して運ぶのなら、残滓を埋設するための道具を持って動かなければなりません。
最近はこの事でのトラブルが散見され、指導・取り締まりが厳しいです。
残滓の回収施設などがあれば、楽ですがほとんどの場合自身で処理しなければなりません。
大物でまるごと運び出す場合は、日没も想定してライト等の装備も必要になりそうです。
山中で暗がりでの行動は、不振に思われ、通報される可能性が否定できませんが・・・・
狩猟者の体力や装備も考慮に入れなければ成らないでしょうし・・・
大きくて厳しい山ですと、ロープ類や救急用品もいりそうです。最低限の飲料水や食料もあれば安心
携帯の電波が届かない場合は、万一に備えると無線機などの連絡手段の準備もいるでしょう。
小生も、裏山から装備一式揃えて、背負子を担いで山入したことがありました。
背負子のフレームに、無線のアンテナを取りつけて、組み立て式のスコップやらロープ類
手にはピッケルで歩いたな・・・・、足下には簡易アイゼンを付けて・・・
周囲には軍〇か??、戦〇でもするのかい???と揶揄されました。
しばらくして、あまりの重装備にへこたれて暫時、見直しました。
経験とともに装備品は随分と変わっていきました。
思い出とともに、何点か書いてみましたが、お答えにはなりそうもありません。
kanaya 拝

12846(2019/07/13 01:56)失礼します from 山ハゲ
単独猟(大物)をやるとして、自宅から猟場までの距離ってどれぐらいが許容範囲でしょうか?
日帰り限定、週末毎だと仮定します。

12845(2019/06/20 05:25)翻弄されます。 from kanaya
さんぞくさま
まさに、揺れ動く見解に翻弄されますね。
特に銃を所持する者にとっては、寝耳に水のことや現実と整合性のない事
に惑わされます。
とくに御指摘の「社会通念上・・・」とは相手側にとっては随分便利なようです。
自身を律しながら、静観したいと思っております。

12844(2019/06/19 21:04)法律を忘れてはなりませんね from さんぞく
まさしく法律は中立を貫いたのでしょう。
所持許可を取りたては法に忠実で、法を中心に行動していました。
しかし先輩と行動し、経験を積んでいくと違うスタンダードがあることに気づきます。
そのギャップについて問いかけると、そういうものだと言われて、そのうちそれを疑いもしなくなる。
その行動でも社会のバランスが取れていると、いつの間にか間違ってないと思い込んでしまいますね。

初心に帰ることは非常に難しいですね。
私も自分を省みる機会になりました。

Kanaya様の仰るように処分の形が擦り付けのようであり非常に冷たい処分ですね。そしてこの処分に疑問を持つのは銃所持者のみではなく、一般市民の中にもいらっしゃるようです。
ご存じのように銃刀法に限らず法律は規制と緩和を繰り返し、時代のバランスに合った形に変わって来ています。
時間はかかるかもしれませんが、社会通念上支障の無い形になっていくと良いですね。

12843(2019/06/18 17:42)お互いに・・・ from HIRO
目の前で人が猛獣に齧られれていようと、齧られてる人の家族にどんなにすがり付かれようと、居合わせている放送局のテレビクルーに何と罵られようと、公安委員会発効の自分の名前が書かれた発砲許可証の原本を受け取るまでは、絶対に撃たないように気をつけましょうね(-_-;)

12842(2019/06/18 16:11)「そうゆうものなのです。」 from kana
猟銃の所持許可を得るようになって一番納得できる言葉
「そうゆうものなのです。」

「民」で理不尽だと思っていても「官」では法を犯したら裁かれる。
こんな状況で「そうゆうものなのです。」と言われたら、もう何も言えない。

久しぶりに「そうゆうものなのです。」を実感する出来事でした。
気をつけましょうね。

12841(2019/06/18 05:04)拝見しました。 from kanaya
さんぞくさま
ご明察、小生もチラット映り込んだ映像で不利益処分の内容と思われる文書を拝見いたしました。
上位団体には、行政機関との整理を付けて欲しいと強く望みます。有力議員もおられると聞きます。
ご指摘いただいたように、捕殺によって住民の方の安心安全を確保するための行為者が後々罰せられるとは
しかも、不起訴処分の後で、返納か取り消し処分とは想定を超える処分です。
指示を受けて、捕殺を実行したハンターだけがペナルテイを受けたように感じていたしかたありません。
この一件の取り扱いは、一刻も早く整理をして貰わないと現に出没クマへの対応に待機している
メンバーは不安で動きかねます。
このニュースが流れた時、あまりの理不尽に耳を疑い、一瞬怒りさえ覚えました。
kanaya 拝
有害鳥獣への対応は、地域の方々へのお返しが出来ればと取り組んできました。
場合によっては、難題を持ち込まれる場合がありますが、法規を超えてまで
駆除することはできない。
と、被害を目の前にしながらお断りせざるを得ないときが一番辛い時です。

12840(2019/06/18 00:38)有益な有害鳥獣捕獲とはいったい... from さんぞく
kanaya様も砂川支部長と同じように長年にわたり善意から有害鳥獣捕獲に協力してこられたことと存じます。お気持ちを察します。

ニュースでは公聴会の資料らしきものが映っておりましたが、開催に至る背景についてなにか利害関係が潜んでいるのかもと思うのは疑いすぎでしょうか。
不起訴の内容が起訴猶予の場合、何らかの後発の事案がトリガーとなることもあるかもしれませんね。

12839(2019/06/17 12:11)後出しジャンケンか??? from kanaya
さんぞくさん
実際のところそんな運びがあったのかもしれません。
指示に従った方は、発砲の事実を取り消す事もできませんし、書類を確認する事も叶わないでしょうし
勝手にまき直されたのでは、たまったものではありませんね。
不起訴で一安心しているところへ、取り消し処分とは理不尽につきますね。

12838(2019/06/17 09:22)困った問題。 from 12号線
砂川猟友会員ではないのですが、昨日、浦臼射撃場に遊びに行って
砂川の支部長が銃を取上げに成った話を初めて聞きました。
3月に不起訴になった話を聞いていたのですがね。

12837(2019/06/17 00:07)いくら何でも人命優先だと思いたいですが… from さんぞく
HIRO様の仰るように、そのようですね。
その日は危険を回避できたことに全員が安堵してお帰りになりますが、
のちに警察官が出動した事案の調書を作る過程において、時系列の適法性や整合性がとれなくなると「これ、違反だよね」と騒ぎ出します。
彼らにとって書類の正確さが一番であり、最も恐れるものの一つにその書類が決裁されないということです。

古代でも現代でも、生贄によって「カミ」を鎮め、後世に安泰を願うものであることに変わりがないのが非常に罪深く心苦しいと感じます。

12836(2019/06/16 22:51)今回の件が from HIRO
初めてのケースでは無いとなると、益々、自分の目の前で何人もの方々が羆に齧られようと、公安委員会の発砲許可証が正式に発効されて、その書面を受け取るまでは、絶対に発砲してはいけないということになりますね(-_-;)(-_-;)(-_-;)

12835(2019/06/16 21:21)住宅地での有害鳥獣駆除 from さんぞく
当方の地区においても数年前に住宅地にイノシシの成獣が出没し、警察署の警官と市役所の鳥獣被害対策課の職員の要請により対応に当たった猟友会員が、
警察官の立ち合い及びその警察官の許可の元においてイノシシに発砲し捕獲したことがありました。
しかし、その後当時の鳥獣保護法により今回の北海道の件と同様に所持許可の返納を迫られる事になりました。 

違反の理由はその発砲について公安委員会の許可を受けていなかったことが根拠となっております。
公安委員会と警察官の違いを教えられた事件でした。

都道府県によって公安の権限行使の基準は異なると思われますが、警察官から発砲をお願いされたら、
公安委員会からの命令書を提示してもらう必要がありそうですね。

12834(2019/06/14 10:27)ほんとうに from HIRO
困った前例を作られたものですね。

このお話は、日本中に伝わるんでしょうから、今後、動物園の猛獣が脱走したりした時には、警察はどうするつもりなんでしょうかね???

そんな稀なことは絶対に起きないと想定したとしても、非猟期に山で羆に喰われた登山者が出ても、解禁日までは、猟友会は出動不可になりますよね(-_-;)

12833(2019/06/14 08:17)これじゃ駆除出動など怖くてできませんね from ぴょんた
2018年北海道砂川市で市や警察の立会いのもとクマを駆除したハンターが、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、ライフル銃の所持許可を取り消されたようです。
警察官立会いでも、同様のケースで立件、許可取り消しがされてしまうと言うことですね。
しかし、大日本猟友会は会として事実確認や抗議などしないのでしょうか。
何のために高額な会費払ってるんだか。
https://uhb.jp/news/8634/

12832(2019/04/28 22:21)にわかミュージシャンです。 from kanaya
許認可の担当者もこの通達を鵜呑みにされると困ったことになりかねない。
と危惧されておられるとの声も耳に入っております。
久々に「法をつくる時はいかようにも解釈できるようにつくる・・」という迷言を思い出しました。
にわかミュージシャンになるべく、ベースギター用のケースを手に入れてみました。
背負えるタイプを買ったので、ギターの持ち運び以外にも活用できそうです。
kanaya拝

12831(2019/04/28 18:33)Re:ト○○プ from HIRO
言われてみれば確かに、通達には「猟銃等を携帯することが原則」と明記して有りますが、実際に鉄砲を担いだ集団が、コンビニ店内をウロウロしてて、一般人が怖くなってパトカーでも呼んだら、カバーを掛けているとは言え、ただでは済まなくなりそうですよね(-_-;)

その点、コンビニウロウロする時に、ギターケースに入れとくのは、一番良い手かも?ですねv(^_^)

12830(2019/04/26 15:28)難解です。 from kanaya
結局は・・・・
個別具体的な状況に応じて判断されるもので、一律に法に違反しないと解されるものではない。
とのオチもついていて・・・
・・・・・・益々、難解です。
よく出来た、ト○○プじゃないのか??????
お話は変わって、背負えるギター用ソフトケースを注文しちゃいました。

12829(2019/04/26 14:03)なかなか難解ですが・・・ from HIRO
とりあえず、コンビニで急いでトイレしてお弁当買うくらいの極く短い時間なら、弾とボルトだけ携帯して、何か有れば防犯装置が警鳴して直ぐに戻れるようにしておけば、銃本体だけ車に置いて離れても、ギリギリセーフになったってことですかね?

逆に、カバー掛けた鉄砲担いでコンビニの店内をウロウロすることは、基本的には推奨されることになって、目的外携帯にはあたらなくなったってこと??

あと、泊り掛けで出猟する時には、鍵の掛かるハードケースの持参が必須に???

12828(2019/04/26 12:30)ご参考までに from kanaya
ご参考までに
http://www.npa.go.jp/laws/notification/seian/hoan/hoan20190326-56.pdf

12827(2019/04/19 08:09)了解いたしました。 from kanaya
手持ちに、1.5−4.5仕様のリュウポと廃業会社S社(ライト○○)がありますので3倍固定と使い分けます。
ブッシュの3−9は、射場で使うことにしたいと思います。
いろいろありがとうございました。
kanaya 拝

12826(2019/04/18 12:43)現実的な落としどころは from HIRO
一丁に絞るならば、ご自分の主な猟のし方に合わせた重量・前後バランス・射距離に適する倍率・・・それが比較的一定ならば、迷わず固定倍・ある程度の範囲が有るなら、その範囲に丁度適する範囲のズームタイプですかね。

そう考えても、必要なズームの範囲は、せいぜい×3〜4程度、、、ズーム範囲が×10などというスコープには、カタログ数値こそ至上&実用性は二の次という向き以外には、本来の出る幕は無さそうです。。。

12825(2019/04/15 18:54)なるほど from kanaya
近距離用に○丁、遠距離用に○丁等と目的ごとに所持許可受けられると解決するでしょうが・・・・
財布も持たないいだろうし・・・、わが国においては、まさに夢物語ですね。
銃の世界は、夢の中を迷いながら歩き続ける事なのかもしれませんね。
銃を置くその時までは・・・・・そうすると、小生も未だ道半ばでしょうか・・・
kanaya 拝

12824(2019/04/15 17:03)スコープだけが遠近いけても・・・ from HIRO
ライフル銃本体の方は、遠距離向きと近距離向きとでは、全重量とか前後バランスとか、全く違うから、普通には1丁で遠近はいけないんですけどね、、、
まぁ、機関部や口径選びから良く考えて設計すれば、使用範囲の広いライフル銃も、作れないことはないですが、それでも近〜中用とか中〜遠用辺りが限界で、近〜遠を撃てる万能ライフルは夢物語の域になるですがね・・・

12823(2019/04/14 15:39)広めようとしておりますが・・ from kanaya
固定倍率のスコープの布教者を自負して四囲に奨めておりますが、銃砲店ではより高価な
ズームスコープを奨められて購入される方がほとんどです。
小生が問い合わせた数件の銃砲店でも、固定倍率の引き合いはないし、販売した実績もない。
ズームが便利でよいではないか、遠近いけるよ。固定倍率だと用途が限られるよ。etc
まさに小生の主張など入り込める余地がありません。
加えて、手に取って覗いてもらえる現品がないと説得力にかけてしまいます。
銃砲店の営業トークには、小生ではしょせん張り合えませんしね〜
へたすれば、営業妨害と言われかねません。
教祖にはなれそうもありません。信者もいないしね・・・・?
しかし、1.5×20は、販売店もそれなりの評価のようで価格が下がりません。
下がったら、買い求めるつもりで毎日のように価格をモニターしております。
果たして、その日は訪れるのか・・・・・
kanaya 拝

12822(2019/04/14 13:06)軽い他にも from HIRO
固定倍率のスコープは、同メーカー&同グレードのズームと比べると、より安いのにコントラストが高く鮮明でより頑丈という特徴も持ちます。
ズームよりも、レンズ枚数と可動部分が少ないということが、この特徴の全ての根源ですから、どのメーカーのどのグレードからも、固定倍率を選べるくらいに、もっと流行って欲しいものです。

12821(2019/04/13 07:28)当座は3倍固定で from kanaya
ブランド品の固定倍率のスコープ探しは難航しておりまして、当座は新たに買い求めた
廃業されたH社の3倍固定倍率(3x32,1”)が見つかったので早速乗せて見ました。
1.5x20と2.5x32は予算が合わず購入を断念。
3x32は、N社の固定倍率スコープや手持ちのズームと比べると随分軽くて驚いたしだいです。
7のベースは、米のEGWというメーカーに、三つ穴ベースがあるようですが、入手できるか??
小生が銃を持つことなった2×年前とは、銃を取り巻く環境も見る目も随分と変化しました。
今回も大きな損切りとなりました。
kanaya拝

12820(2019/03/28 13:23)教訓にします。 from kanaya
いずれにしろ、現在のビスケのベースでは短くて素人加工ができそうにありませんでした。
それで、1ピースや2ピースのベースをゲタ履かせてみたり、オフセットリングを試しましたが、
結果どの組み合わせも小生の思惑とは全くかけ離れた仕様となってしまいました。
ベースも予備に数個買い入れて、ACリューターも買い入れて素人加工ともくろみましたが断念。
海外には、対応のベースが見当たりましたが、入手が難しそうでこれも断念いたしました。
今回は、固定倍率に拘って先走った結果、ご報告のような恥ずかしい結果となりました。
国内の中古市場にも、固定倍率4倍以下の品は見当たりませんでした。
固定倍率のスコープの輸入はハードルが高そうな情報でした。現品も見当たらず。
H社の数年前のカタログには製品としてあるのですが、販売店も固定倍率の引き合いは皆無
で在庫限り(X4.X6)とのことで、中古品も含めて国内在庫は希では?との解答でした。
今回の事は恥を忍んで書き込みました。
自動銃だったら良かったのに・・・、ボルトでしかも7なんて持つから天罰さ・・・
返す言葉が「使ってあげるよ・・・。」とは自動銃持ちの猟友からのキツイ一言でした。
追記
寸法を指定して、レールを一品物で誂えたほうが安上がりでしたよ。
注文取り次ぎしましょうか〜、との情報が寄せられました。早く聞かせてよ〜
*M700のベース穴と7のベース穴が同寸でないとは思いがよりませんでした。

12819(2019/03/28 11:16)Re: 手元を離れます。 from HIRO
カタログ写真を見たかぎりでは、三つ穴ベースに、何本か横方向の溝を、縦フライス盤で増設してやれば、載りそうに見えたのですが・・・

4倍固定だと、倍率が高過ぎて、スナップショットには向かないかも?です。

これからは、ベースとスコープの往復の送料だけは掛かるけど、実物をプロに見て貰うという手も、活用されることをお勧めします。

12818(2019/03/28 10:22)手元を離れます。 from kanaya
件の、ニ○○製スコープは、結局小生の手元を離れて嫁ぎます。
小生のrem7は、旧タイプでベースホールが3穴仕様でしたので国内にショートスコープの
取りつけができるレールを見つけられませんでした。海外でもレアなようです。
4穴タイプのレールは各社見受けられましたが・・・・・・
ゲタ履かせて、載せては見たものの高くなりすぎて、サイティングに問題が・・・
付録に、付け外しの課程で予備のリュウポのマウントのネジは無くしてしまうし・・・・
お仲間のAボルトに載せられそうですので手元を離れていきます。
心配したとおり安物買いに終わってしまいました。
残されたのは、Wheelerスコープマウントキットとボッシュのリューターと削ったベースの残骸数個
そして、代引きの伝票を眺めてため息をついております。
しかたなく、別途倒産メーカーH社の4倍固定スコープを不具合と修理不能を承知で買い入れました。
今回も高い勉強代となりました。それなりの価格のモノにはそれなりの価値がありました。
波阿弥陀仏・・・・無念・・・・・
kanaya拝

12817(2019/03/12 13:55)最終は・・・ from kanaya
最終は、ホムセンバージョンになりそうです。
早々に一回り細くて長いネジとナットを探しにでかけてきます。
とりあえず、保険としてrem7用マウントベースを手配しました。
ついでに、TSXの弾頭を2箱買ってしまったのは予定外でした。
在庫は、後4箱と言われ・・続けて・・在庫が切れると・・入荷は・・・
ついでに、お値段のほうも・・と悪魔の囁きが耳元に・・・
6.5mmなんて持っているとなにかと、資材難です。
資金ができる都度少量買いの昨今です。
はたして、前記の方法でいけるか?ホムセンへ駆け込みか・・・・
今週中に仕上げないと、駆除に持ち出せません。
想定外の出費にATM通いです。
                           kanaya拝

12816(2019/03/12 10:56)一回り細くて長いネジとナットを from HIRO
ホムセンで買って来て、マウントの反対側からネジを突き出してナットで止めるので、良いのでは(?_?)

或いは、その特殊リングマウントはやめて、普通のウエーバーのリングを使うとか・・・

12815(2019/03/12 09:58)問題発生 from kanaya
レンズが、明るいのは想定内でしたが・・・・いざ取りつけようとすると・・
現行のベース(ビースケ)に取りつける際に問題が発生しました。
どうも小生のrem7に取りつけ済みのレールには、ポン付けできませんでした。
ニ○○のオフセットマウントのベース取り付け部が不可動仕様で、セットはベースに
はめ込みの上で、ボルト止め仕様ですがこのボルトがレールの溝よりもわずかに太いのです。
マウントはレールには嵌まるものの、ネジ止めが出来ないという事にあいなりました。
ネジの太さまで調べてないよ・・・・・
レールの溝は、リュウポや他のスコープに載せ替えることもあるので触りたくないし・・・
マウントのほうが高くついておりますので・・・・すると
ネジの加工しかないのかな・・・、ベースを触わらないとなると・・・
脱落防止ネジなるものとヘリサートに救いを求めて取り寄せてみます。
本体の修理は見込めないし(海外製造品)、ポン付けは出来ないし・・・・
またもや、銭失い・・・・なのか・・・・
                            kanaya拝

12814(2019/03/11 19:04)3x32は from HIRO
とっても明るそうですねv(^_^)

12813(2019/03/10 08:00)ニ○○スコープ from kanaya
固定低倍率スコープの導入が、資金難から出来ずに今日までまいりましたが・・・・・
現行の低倍率ズームスコープが、経年で痛んで(雨・砂塵)レンズにキズや
コーティングの傷みが見受けられるようなので、代替え品を探しておりましたが、
おりからの資金難なかなか手が出ずにおりましたが、いよいよ背に腹は代えがたく
修理不能を覚悟で、ニ○ンの3倍固定スコープを買い入れてみました。
手持ちのマウントでいける・・・、と思ったところが取り付かない事態に・・・
オフセットしないと・・・レールに乗らない・・・これは想定外でした。
はたして、うまく使えますかどうか・・・・・・
数年で入れ替える覚悟はしていたものの・・・、またまた物欲に負けて買ってしまいました。
何事にも、下調べは大事ですね。・・・・反省
                              kanaya拝

12812(2019/03/01 13:44)他所でもあったようです。 from kanaya
ご紹介の件は、山○県の事案ですが、少し前に宮○県でも摘発があったようです。
こちらは、確認がとれておりませんが、違法品が掲載されていたお店のHPから
山○県の摘発の直後その商品が削除されました。・・・・
電波法違反だと刑罰は
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金、また、公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、
5年以下の懲役又は250万円以下の罰金の対象となるようです。
加えて、銃の許可にも影響がでるとなると、とても高くつくものになりそうです。

12811(2019/03/01 11:42)電波法違反でも from HIRO
前科が付くと、銃砲の更新も難しくなりますから、ほんとうに要注意ですよね。

使った本人は自己責任のつもりでも、責任が、その日に参加の猟隊全員に及ぶ可能性も高いですから、参加する猟隊を選ぶ必要が有りそうです。

12810(2019/03/01 06:45)違法マーカー摘発 from kanaya
一昨日、海外製品のドックマーカーの販売修理をされておられた方の自宅へ
電波法違反容疑で家宅捜索がなされたようです。
通信局が修理中に発射された違法電波を補足した後、家宅捜索がなされたとの事です。
結果、廃業の告知がなされているようです。
電波法は使用者(発射)が罰せられますのでご留意下さい。
銃器にまつわる事故が続くなかなにかと厳しい目が向いているようです。
                            kanaya拝

12809(2019/01/01 00:43)本年もよろしくお願いいたします。 from kanaya
諸兄、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

12808(2018/10/29 14:41)そのロードは from HIRO
危険では無く、初速が早い側の良く当たる薬量に近くなるかと思いますが、薬莢の寿命は短くなる薬量かと思います。

威力と精度優先でしたら、その辺りの前後から、当たるところを探すと良いかと思いますが、薬莢を大事にされたい場合には、もう一段薬量を控えたところで、当たる薬量を探るほうが幸せかも知れません。

通常、308のスイートスポットは、マックスロード近辺と、それよりかなり控えめな薬量の2箇所に有るとされていますので・・・

それから、発情期の雄鹿は、泥に自分の匂いを着けるのが大好きという有力説が有るようで、発情期の雄鹿は泥だらけのことが多いそうです。

以上、ご参考にされて下さい。

12807(2018/10/22 19:53)シカの寝床 from kimio
昨日、駆除名目でシカ笛猟に行ってきましたが、寝ている3段シカを発見して捕獲
しました。寝ていたところが泥のヌタ場でした。冬の猟期ではヌタ場の寝床は見た事がありませんでしたので、新発見でした。先週もシカ笛で寄ってきた3段シカを捕獲しました。今月中は時間が有ればシカ笛で寄せてみたいとがんばります。
余談ですが、ニッコー栃木射場の150mで先日工場装弾とハンドロードで射撃をしたところ、工場装弾での20発のグルーピングが9cmでした。ハンドロードは
10発7cmでしたので、まだまだ改良せねばと思いました。銃はブローニング
のXボルトハンター・308、シエラ2125、150gr、IMR4064、46gr、工場装弾はフェデラル150grです。諸兄による指摘事項があれば参考にしたいと投稿しました。 

12806(2018/09/19 12:24)新入りのワンちゃん from HIRO
頑張って訓練されてください。

12805(2018/09/18 19:09)ありがとうございます。 from kanaya
ケガや事故がないことが、何よりだと思っておりまして、慎重に事を進めます。
ところが、猟犬の譲り受けができそうとのお話がありまして、いろいろと調整が必要となってまいりました。
家族の理解はなんとかなりそうですが、先住犬(四国)のご機嫌を図りかねております。
犬語は話せないし、理解もできないし・・・・・
ここ数年は、雄ばかりで代替わり時に大ゲンカする事があったので今回も心配であります。
犬の訓練も5〜6年ぶりなので、足下が弱ってしまっているでしょうから、こちらも慎重にやります。
kanaya拝

12804(2018/09/18 15:07)kanayaさんへ from HIRO
そちらはたいへんな災害続きですが、どうか足場の安全を最優先にされて下さい。

12803(2018/09/15 05:44)準備不足です。 from kanaya
一昨年の台風被害に続き今年に入っての低気圧の来襲・台風の通過と自然の驚異に翻弄されておりまして、
猟期目前なのに、人間・犬ともども準備不足です。
圃場や河川、道路崩壊・崩落の復旧工事も着工しつつあるものの、悪天候で遅れがちです。
雨続きで稲刈りも中断を余儀なくされて、空を仰ぐ毎日です。
犬のほうは、いつの間にか毛がふさふさとしてきて秋から冬への準備が出来てきている様子です。
猟場の下見も、道路崩落や崩壊がいたるところで起きていて行き着けないところが多くあります。
連続する災害でアスファルト一枚の林道入り口や、崩落で軽1台やっとまで山肌崩落で
狭くなってしまったとの情報も数寄せられております。
なにかと経験した事の無い環境のなかで、今年の猟期を迎えようとしております。
kanaya拝

12802(2018/09/13 09:26)散弾銃のチョークについて from ヒヨドリ
HIROさんkanayaさんありがとうございます。早速、ターキーチョークを注文します。友達とヒヨドリをジュウジュウ焼いて一杯やるのが楽しみです。

12801(2018/09/13 07:16)ひよどり from kanaya
懐かしいですね。鳥撃ちから始めましたので・・・
柿の木に群がるヒヨドリは探さなくても待っていれば付くので、姿を双眼鏡で確認してから出掛けたものです。
群がるヒヨドリに撃ちかけても、なかなか穫れませんでした。ヘタクソ
装弾の有効パターン内に入っていなかったと推察して接近戦に持ち込んでみたものの、さほど効果なし。
しばらくしてからは、もっぱら柿の木に飛んでくるヒヨドリを撃つことにしました。
パターンからコロンで仕留める・・・との理屈をこねて、しかしながら猟果にはつながらず。理屈だおれとなりました。
猟果は、焼き鳥やつくねにして食したのも懐かしい思い出です。香ばしい。
他には、タシギも追いかけ回しました。コジュケイも・・・・犬なしの小物狙いで。
細かい装弾を求めて近隣の銃砲店を回ったことも懐かしく思いだしました。
                          kanaya拝

12800(2018/09/12 14:19)止まっている鳥に対してなら from HIRO
ターキーチョークは、ある程度有効かと思います。

ただし、40mと50mとでは、上下の狙点が変わりますから、何時も同じ木を同じ場所から撃つのでない場合には、距離計を用意して距離を正確に計測して、実射時の葉が飛び散る位置と距離との関係を、しっかりと掴んでおいて、距離に応じて上下の狙点を加減する必要が有るかと思います。

12799(2018/09/12 14:19)散弾銃のチョークについて from ヒヨドリ
いつもホームページの更新を楽しみにしています。
私は、毎年ヒヨドリが木の実につきだすと、ヒヨドリ撃ちをやってたのしんでいます。
銃はベレッタ390-12番の26インチと30インチMCチョークです。遠いヒヨドリは全絞りを使っても半分ぐらい半矢になってしまいます。(40から50mぐらいかな?)外国のサイトでターキーチョークがありますが、ヒヨドリ撃ちにはどうでしょうか?使っている装弾は9.5号28グラムと7.5号28グラムを使っています。猟法は木の実を食べに来た鳥が実に飛びついた瞬間を狙って撃つ猟法です。よろしくお願い致します。

12798(2018/01/01 21:45)頌春 from kanaya
今年もよろしくお願いいたします。

12797(2017/10/01 19:18)FLIR-i3 from yasu
FLIR-i3 を5万円で売りたいと思います。
大切に使用していたのでとてもきれいだと思います。
ハードケースやその他備品も全てそろっています。

12796(2017/06/13 21:18)皆様有難うございました from matagi
今回の件でいろいろ勉強させて頂きました。有難うございました。
当分はメイン銃の300WSMで駆除することとし、サボット銃は折を見て新装弾を射場で試射してみたいと思います。
当地のシカも夏毛に変わり、緑の山肌に鮮やかに見えるようになりました。

12795(2017/06/13 20:25)違うロットか異なるメーカー from kanaya
サボット弾は高くつくと思いますが・・・
お気に入りのメーカーなら、違うロットの同メーカー品の装弾を使用してみるか・・?
お店を換えて同メーカーの装弾を購入してみる・・・・・
メーカーに拘らないのなら、異なるメーカーのサボット弾を使用しても同じ症状が現れるか・・・?
実際に撃ってみないと、生じないであろう事象のへの対応は難しいですね。頻度も含めて・・
安全を担保しつつ要素を一つ一つ潰していくしか、原因にたどり着かないのかも・・・?
いつか、大先輩が「臆病なほど良い鉄砲撃ちになれるよ・・・」と言っていたのを思い出しております。
その先輩は、言葉少ないが何か心に残るアドバイスを時折してくれました。
腕も確かで、待ちに掛かれば必ず倒しました。自慢することもなく飄々と・・
猟場での身の処し方も聞けなくなって久しいです。      合掌

12794(2017/06/13 16:53)ガスの抜け道は from HIRO
撃針部だけとは限りませんが、撃針部が抜け道となっていた場合には、ご指摘のとおり、ボルトの分解掃除は必要です。

しかし、掃除さえすればOKという事は無く、繰り返すと、撃針先端が痩せ細るとともに、撃針の入る穴が拡大し、そうなると今度は、正常な装弾でもガスが抜けるようになって、加速度的に症状が悪化して、ボルト交換&ヘッドスペース調整という大修理が必要になります。

蛇足ですが、銃が破壊されずにガスが抜けて来る経路は、包底面の周囲にも有ります。
こちらも、繰り返すと、上記同様の大修理となります。

これらを体験したら、再発防止策は必須です。

12793(2017/06/13 16:16)ボルトアクションのガスの抜け道は撃針部経由から from kana
ということでよろしいのでしょうか。
だとするとボルトの分解掃除が必要になるのでは。

12792(2017/06/13 11:11)簡単な原理では有りますが・・・ from HIRO
ガスが抜けて来るほどに、ボルトの閉鎖が不完全ですと、撃針が雷管に決して届かない仕組みが、私の知る限りの全てのボルトアクション銃に、組み込まれています。

このため、不完全閉鎖によって、撃針が少ししか出ずに遅発になる可能性は有っても、ガスが抜けて来ることは有りません。

しかし日本には、装弾の廃棄について、厳しい法律が有って、相当のコストが掛かるため、消費期限切れの装弾が格安で売りに出されることは、普通に有ります。
通常よりも格安で売られている装弾の使用には、それなりのリスクが有ることを、購入の際には良く検討しましょう。

捨てても惜しくない銃に使うとか、高性能のシューティンググラスや厚手の手袋を装着するなど、ハンドロードでMAX薬量を探る時と同様の注意は要るでしょう。

12791(2017/06/13 09:01)ありがとうございました from matagi
HIRO様、kanaya様有難うございました。
少し質問が舌足らずのようでした。ボルトの完全閉鎖に問題があったのか、古い実包に問題があったのか、知識の浅い私には判断ができずの質問でした。
HIROさんからのニュアンスでは、古い実包は危険ということなのでしょうね。そうであればこのような危険な装弾を売りつける銃砲店に少し怒りを感じます。
40年以上の狩猟歴で初めて経験した「遅発」でした。

12790(2017/06/13 06:19)注意喚起しておきます。 from kanaya
matagiさま、Aボルトでの事象参考にさせていただきます。
後進のもので、初心者ながらAボルトで加入した後進がおりますので、念のため注意喚起しておきます。
所持している方からは、そのような事象の発現は聞いておりませんが、注意喚起しておきます。
ボルト式ライフルを所持してまもなく10年になりますが、小生も未経験ですので注意します。
ボルト式は随分丈夫で安心と思い込んでおりましたし、ガスが目に向かって吹き抜ける現象は怖いことです。
ひどいと失明しかねませんね・・・・・、猟場だとシューティンググラスをしてないし???
実包の廃棄は、以外に費用がかかったそうですし、火薬に至ってはもうひとつ手間がかかるそうです。

12789(2017/06/12 20:59)銃本体の価格と from HIRO
ご自身の右目のお値段を、装弾の価格と天秤に掛けてみれば、答えは明らかかと思いますが・・・

12788(2017/06/12 12:05)遅発 from matagi
昨秋、ライフル銃一丁を廃銃にし、Aボルト12番のサボット新銃を手にしました。同時にフェデラル装弾が安価だったので50発ほど購入しましたが、箱を開けてみると真鍮部分が黒く変色(錆?)した、見るからに古そうな装弾でした。
その装弾を狩猟に半分ほど使いましたが特に異常はありませんでした。しかし、昨日の駆除で獲物に向けて引き金を引いたところ「カチッ」と撃針の音が聞こえ、不発だと思った瞬間に弾が発射され、薬室からのガスで右目に違和感を感じましたが、大事には至らず、銃にも異常がないようでした。
まだこの装弾が半分ほど残っており、これを今後使用すべきかどうか迷っています。どなたかアドバイスを頂ければ幸いです。ちなみに銃砲店からは古い装弾であるなどの説明は一切ありませんでした。

12787(2017/05/13 16:35)シカ・イノシシに限りの狩猟期間 from かりうど
都道府県によりまちまちですが、静岡県では今年から、銃猟・ワナ猟とも「シカ・イノシシに限り」11月1日から翌年3月15日までとなりました。その他の狩猟は11月15日から翌年2月15日までです。
ややこしいですがおまちがえの無いよう楽しんでください。

12786(2017/02/19 17:20)ありがとうございます。 from kanaya
HIROさん、ありがとうございます。
獣医師にいわすと、皮だけ切られてして出血もしていないし、筋肉も切れていないので、自然治癒するとの見立てでした。
とりあえず、予約しておいた7種のワクチンを打って、褒美にガムをいただいて帰ってまいりました。
昨年も、今頃大物イノシシに前足の付け根を切られて動物病院で縫ってもらいました。筋肉も切れて゜いました。
シカとのファイトだとケガしませんが、イノシシとクマには相性が悪いようです。
今日一日は、犬小屋で待機です。午後からは小生が犬の代わりを務めてまいりました。
メスシカを追い立ててタツに一頭撃たせたので、犬のまねごとはできたかな?

12785(2017/02/19 12:29)勇敢なワンちゃん from HIRO
どうぞお大事にされて下さい==>kanayaさんへ、

2/15で終猟の方々には、お疲れ様でした。
また来期目指して、ご愛銃の調整などなど、励みましょう\(^o^)

12784(2017/02/19 09:03)後1ヶ月あります。 from kanaya
小生の登録府県は、イノシシ・シカに限り3月15日まで可猟です。
昨日の駆除で犬が左側の皮一枚をイノシシに切られてしまったので、11種のワクチン摂取も兼ねて動物病院へ出向きます。
昨日は、イノシシ2頭を起こしたのでその時に争ったのでしよう。
雪が少なくなっていて、一気に走り去ったので撃ち掛けられませんでした。
タツにも掛からずに逃げられました。そのイノシシを追っていく過程で大きな子連れのイノシシも起こした
のですが、これもタツを抜けて山へ帰りました。獲物が駆除馴れしているのか?
動きを読まれているようで、成果がいまひとつの状況です。

12783(2017/02/18 22:06)終猟 from kana
私をはじめ猪鹿鳥ともケガも無く終猟となりました。
ささやかなこの人生に乾杯(完敗)!

0イン100mのせいではありませんが、来期は150mで臨みます。

12782(2017/02/17 12:58)Point-blank rangeの広さこそが from HIRO
ライフル銃がスラッグ銃に比べて、大きく勝る点なのですから、せっかく満10年辛抱して、狩猟用ライフル銃を手にされたのならば、この利点は大いに活かしましょう。

12781(2017/02/17 07:02)山での距離感 from kanaya
小生、山中での猟において、獲物との距離を掴む方法を会得しておりませんが、
どうしても、二度無い射撃となりやすいので、都度勝負となってしまうところです。
射撃の位置や獲物のサイズによって、射撃距離の推測にはいつも惑わされるところです。
獲物近くの木々や岩など、比較対象物の大きさや距離も測ることもできませんし・・・
いきおいスコープで捕らえた、大きさを基に推測するぐらいしかすべをもちません。
しかも近年は勢子が多いもので、飛び出て走る獲物を撃つ必要にも迫られております。
これなど、距離を計算する間もない射撃になりやすいので、撃てるかどうかの判断が最優先されます。
撃てるとしても、一瞬のチヤンスに、急所に正確に撃ち込めるか?で引き金を引けないことが多々あります。
 小生は、射撃の技量の未熟さを、銃身交換やトリガー交換、口径変更で補っております。
歩猟やタツだと、勢子の時に比べると射撃までの時間に余裕があるのですが、かえって迷いが出てしまいます。
山鳥撃ちなど、相手の距場所は犬の位置で大体把握できるものの飛び出すタイミングや飛翔のスピードなど
考えている暇なく撃ちかけないと落とせませんでした。赤い大きな十字架は・・・
山猟での距離計測は機械なしでは難しいというのは同感です。
山鳥は増えたかな・・・・?、鳥犬がいなくなって久しく長い間山鳥猟に出ておりません。
鳥を撃たなくなって久しいので、120%中らないでしょうね。
 そういえば、90才を迎えてまだ現役の先達が・・・
・努力は裏切らない・・・
・失敗の全てがムダとは限らない・・・
など、猟場のポイントや鳥撃ちのタイミング、タツの位置などいろいろとアドバイスしてくれます。

12780(2017/02/16 19:00)特殊詐欺 from kimio
という表現がどういう意味かわかりませんが、ズバリ狙いで外れたときはまたの出会いを期待して、3時間から4時間の山歩きをしています。でも、外れてもその後の出会いも結構ありますので、銃声の響きで逃げるのは近い場所にいる個体かも知れません。いずれにしても、鉄砲かついでの山歩きは楽しいものと感じます。

12779(2017/02/16 17:44)「Point-blank range」でググれば from HIRO
眉唾ではなく、大昔に既に確立されたテクニックであることは、解るかと思います。

ただし、あまり欲張り過ぎて、上下の許容差をプラマイ13cmとかに取ってしまうと、ズバリ狙いが計算上は3倍にも増すのですが、この上下13cmに自身の腕前による誤差が加算されると、100mでも外すようになっちゃうので、要注意です。

私の経験ですと、プラマイ5cmくらいが、無難な線のようです。
(そもそも至近距離ですと、銃口とスコープの距離である4〜5cmだけ、着弾は下に行くものですし・・・)

[ 現在のページに戻る ] [ 大昔のログへ ] [ 全ログ検索 ]